« 書評--ハイヒールアセンション(続き) | トップページ | 書評--嫌われる勇気 »

2014年4月27日 (日)

書評--ほんとうの幸せ

ほんとうの幸せ
岡本 マサヨシ (著)
¥1566 現代書林

amazonの中古が¥1-

古代から門外不出で続けられてきたヒーリングに「古珀術」というのがあるらしい。

著者はそれを伝授された人で(50万人に一人らしい)美容師をやる傍らヒーリングを行なっている。

この本は物語形式でヒーリングが積み重ねられている。実話だという。

登場する著者もヒーリーも”壮絶”とまではいかないまでも、それなりに”重い”体験をしてきたようだ。

ストーリーの中にそれぞれの生い立ちが、かなり詳しく描かれている。

帯には”号泣してしまいました””涙が溢れて止まりませんでした”なんて書かれているけれど、それなりに色々な体験を送ってきた僕からすれば、それほどでもないかな?(僕の話はいずれ機会があれば)

肝心のヒーリングの内容が書かれていないので「古珀術」については全く不明。

ということで、内容が不明なので、書かれていることだけを判断すると

お勧め度★★★☆☆程度でしょう。

途中で「善と偽善」というのが出てきた。
検索したらマザー・テレサの言葉がひっかかった。
http://anond.hatelabo.jp/20080529154536

ついでに「やらない善よりやる偽善」というのもひっかかったけど。

あと詳しくは、著者の関連サイトで見てね。

http://www.sakura-sendo.com/modules/eguide/
http://www.sakura-sendo.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=17

著者のヒーリングのティーチャー(岡村しげる)
http://www.shigeruokamura.com/

« 書評--ハイヒールアセンション(続き) | トップページ | 書評--嫌われる勇気 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59536575

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ほんとうの幸せ :

« 書評--ハイヒールアセンション(続き) | トップページ | 書評--嫌われる勇気 »