« 書評--こうして、思考は現実になる | トップページ | 書評--神との対話(DVD) »

2014年5月21日 (水)

書評--ブッダの瞑想術で人生が変わる!

ブッダの瞑想術で人生が変わる!―集中力と心の強度を簡単にアップさせる秘訣
サミート・M・クマール博士 (著), 大沢 章子 (翻訳)
\1620 主婦の友社
良書。
仏教の視点から瞑想を説明していますが、わかりやすいです。
仏教の教えは「人生に苦はつきものである」(P58)ということ。
しかしこれは「生きることは苦しむこと」(P59)ではない。
「苦しみに代わるものとして幸福を見つけるのでなく、苦しみの最中に幸福を見つけるのだ」(P60)
苦しみに視点を持っていくのでなく、苦しみはつきものなのだから、それはそのまま受け入れる。
その上で幸福な部分があるだろう、ということ。
「無駄にできる時間などない。苦しみや不幸、苦難は、わざわざ探さなくても向こうからやってくる。あなたが探す努力をしなければならないのは、幸福の方なのだ。」(P143)
「幸福になるために、苦しみが消えうせるのを待つ必要はないのである。」(P208)
ところがどうしてもネガティブに考えてしまいますよね?
だから瞑想が必要なのです。脳は一定期間の瞑想によって変わり考え方も変わると言います。
ではどのように?苦しみの中にも意味を見出したヴィクトール・フランクル(「夜と霧」の著者)の例を最後の方で紹介して、まとめています。
お勧め度★★★★☆
引き寄せの法則本などでは得られない考え方に触れることができます。

« 書評--こうして、思考は現実になる | トップページ | 書評--神との対話(DVD) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59678880

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ブッダの瞑想術で人生が変わる!:

« 書評--こうして、思考は現実になる | トップページ | 書評--神との対話(DVD) »