« 書評--啼かなくていいホトトギス | トップページ | 書評--幸せの宇宙構造 »

2014年7月 2日 (水)

書評--宇宙とシンクロする生き方

宇宙とシンクロする生き方 毎日が嬉しくて楽しくて仕方がなくなる暮らし
あさりみちこ (著), 牧野内 大史 (著)
ヒカルランド ¥1500

著者は
世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え エックハルト トール、
「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 アーノルド・パテント、
などの訳者

4年ほど前にここで紹介した
「幸せになる宇宙が味方のアセンション 」
快東 みちこ著 --ペンネームが違うが同一人物

というところで、前著と半分くらは重なっているので新しい情報は少ない。

ただ、カルマや魂のレベルの話では参考になる。
たとえば、良くないこと(実際には人が決めているだけだが)が起こってしまうのは、カルマの清算なので良いこととも言える、とか
宇宙はフラクタクルなので人は神そのもの、とか。

最後の牧野内 大史との対談では、著者が過去世を見る能力があることが出てくる。

お勧め度★★★☆☆(3,5くらい)
(表紙で山川こうや氏が★5つだと推薦しているがどんなに頑張っても★4だろう)

« 書評--啼かなくていいホトトギス | トップページ | 書評--幸せの宇宙構造 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59916337

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙とシンクロする生き方:

« 書評--啼かなくていいホトトギス | トップページ | 書評--幸せの宇宙構造 »