« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

スピリチュアルに生きる(149-2)

Q3、次の2つからあなたの人生を選びなさい
○自分の好きなように生きる
○他人に気に入られるように生きる

他人の価値観に踊らされていませんか?
他人の意見に左右されていませんか?
他人に気を使いすぎて、躊躇してしまうことはありませんか?

Q4、次の2つからあなたの人生を選びなさい
○自分の幸せは他からもたらされる。
○自分の幸せは他のものや人に左右されない。

その時の出来事で幸せを感じたり不幸を感じたり・・・右往左往したいですか?

Q5,次の2つからあなたの人生を選びなさい
○お金がたくさんないと幸せになれない。
○最低限の衣食住を満たされるお金があれば幸せになれる。

書評--地球人よ、ひとつになって宇宙へ目を向けなさい!

地球人よ、ひとつになって宇宙へ目を向けなさい!
ジョージ・アダムスキー (著), 益子 祐司 (翻訳)
\1800 徳間書店

アダムスキーの名前はみなさんご存知だろう。
僕は、これまで日本で出版された本を、(おそらく)全部読んでいる。

だがこの本はこれまでに訳されていなかった。
当時、受け入れられないのでフィクションとして出版され、発行部数もごくわずかだったとのこと。

火星や月に”人”が住んでいるのがフィクションだとすれば、これまでの彼の著作は全部フィクション。

フィクションだから読まない?
だったら小説はほとんどフィクションである。

内容は、その後のアダムスキーの著作と非常に近い。
そして火星人や金星人はこの時代から原子力を使うことの危険性を警告しているのだ。

地球にはまだ争いがある。
太陽系でもっとも進歩が遅れている。
それでは進歩した惑星ではどうか?

さあ、アダムスキーと一緒に火星や金星に行こう!

お勧め度:★★★★☆

訳者ブログ
http://venus8.info/banana/
因みにこの訳者は「私はアセンションした惑星から来た」/オムネク・オネクも訳しています。

2014年9月29日 (月)

スピリチュアルに生きる(149-1)

スピリチュアルに生きる(149-1)

本のタイトルに惹かれて「こんなタイトルの文章を書きたい」と思いました。

本というのは
「次の2つから生きたい人生を選びなさい ― ハーバードの人生を変える授業II」
です。先入観を避けるため、僕はその本を読んでいません。

では僕の文章です。

Q1、次の2つからあなたの人生を選びなさい
○あるものに感謝する。
○無いものに不平不満を言う。

コップに水が半分入っていて・・・半分しかない、まだ半分ある、っていうのは有名ですね。

あなたの周囲にあるもの、服飾や本、音楽CDやら調度品にしても、その時点でBESTと思い、あなたがチョイスしたものです。
購入したらそれで満足して次の「ほしいもの」に目移りするのですが、それでもあなたはその時に選択したBESTのものに囲まれて生活しているのですよね?
それに感謝できませんか?
それとも「まだ・・が足りない」といい続けますか?

Q2、次の2つからあなたの人生を選びなさい
>○あなたが願い、望んでいるように物事が運んだときだけあなたを幸せにさせる。
>○何があろうとあなたを幸せにさせる。どちらを選ぶ?

これは僕のオリジナルではありません。
前にこのブログで紹介した(2011年5月)

ほんとうのあなたに出会う物語
コリン ターナー (著),  早野 依子 (翻訳)
のP36からです。

もうちょっと引用です。
>「どちらを選ぶ?」
>「2つめのほうだ」
>「だが驚いたことに、大半の人は1つめの方を選ぶのだ」

あなたはどちらでしょう?

書評--プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界

プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界
エベン アレグザンダー (著), 白川貴子訳,
¥1836 早川書房

この本の存在は約1年前に出版された当時から知ってはいた。
1年もして、中古が安くなれば買おう、と思っていたが、一向に安くならない。
だから、退蔵して手放さない良い本なのだろう、と余計気になって新本で購入。

読んでみたが・・・・・
どうしてこの本がアメリカのベストセラー200万部突破なのか分らない。

臨死体験の本ならば レイモンド・ムーディー/かいま見た死後の世界 から始まっていくらでもある。
著者の脳神経外科医が死後の世界を信じていなかった、という記述が説得力を持ったのか?
それとも日本で最近の矢作という医師が(ここのブログでも「人は死なない」という本を紹介している)書いた本が人気のようだが
僕にしてみれば「そんなの当たり前じゃん」という感覚。

1つだけ他の本と異なるのは、”あの世”に行って、懐かしい人に会わなかったということである。
(著者は”あの世”で物質世界にいた当時の記憶はないような書き方だ)

お勧め度:★★★☆☆
(臨死体験なら他の本を読むべし)

しかしP209の詩はいい。

「明日が来て、そこに私がいなかったら」

検索したら↓このブログに紹介されているのだが、著作権法に触れているかも?

http://ameblo.jp/kemihiryma/entry-11895660444.html

2014年9月24日 (水)

書評-- 聖書に秘められた 成功と幸運の法則

聖書に秘められた 成功と幸運の法則
マリア・ルチア・アベ (著)
\1300 WAVE出版

○求めなさい。そうすれば与えられる。
--ルカ11-9

○祈り求めるものは既に与えられたと信じなさい。
--マルコ11-24

なんていうのは有名だけど

○狭い門から入りなさい
--マタイ7-13

あたりを千利休の茶の湯の精神と同じだとしたり、こじつけが多いというか、著者の主張を聖書で無理に裏づけしようとしている印象を受ける。

お勧め度★★☆☆☆

もっと良さそうな本もあるだろう、と検索したら
「聖書に隠された成功法則」/ 松島 修
が気になった。
そのうち読んでみよう。

2014年9月22日 (月)

書評--神霊の世界に覚醒して

神霊の世界に覚醒して
サンドラ・インガーマン (著), ハンク・ウエスルマン  (著), 高島 康司 (翻訳),
\1800 道出版
amazonの中古が¥150-。買いです!
「神霊」という言葉が使われていますが、スピリチュアリズムのことだと受け取っておけば良いかも知れません。
そもそもタイトルの訳が悪い!
原題は「AWAKENING TO THE SPIRIT WORLD」
(「スピリットの世界に目覚めよう」という感じですね・・)
シャーマニズムを中心に述べられていますが、全く宗教の臭いはせず、客観的な記述です。
各界の学者の文書を集めたものなので、それそこ格調高い文章。
著者の1人であるウェルスマンの最初の「ジンとの対話」が文章量が少ないながら圧巻です。
ブログに語られていますが、日本語のブログでも読めます。(著作権の問題はおいといて)
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-164.html
さて神霊の世界に繋がるには「感謝」「見る」「祝福の祈り」がツールだとのこと。
(この場合、「見る」というのはもちろん、見えない世界を「見る」ということです)
神霊の世界には守護霊や守護動物がいて、私たちの人生(=夢)を応援してくれる。
(物質的な人生はすべて「夢」)
精霊の力を借りて、天気を変えた例(P102)
ナバホ族のことわざに「美の中を歩きたまえ」というのがある。これは私たちはみんな口にする言葉を選ぶことができ、愛のある美しい言葉を選べばそれは他者にとってはヒーリングになる、という意味です。・・(中略)・・・
みなさんは「アブラカタブラ」という・・意味はご存知でしょうか?この言葉はアラム語のことばで、直訳すると「私の口に出したとおりになる」という意味です。(P165)
口に出した言葉は戻ってくる、ということです。
その他、自然と繋がる方法、夢について、死後の世界について、など伝統的な、見えない世界と繋がる方法がひととおり書かれています。
お勧め度★★★★☆
精霊とつながるという意味では「聖なる癒し/ミッシェル・スモール ライト (著), 穴口 恵子 (翻訳)」を思い出しました。
こちらもお勧めです。

2014年9月16日 (火)

書評--生命は「与える」と強くなる

生命は「与える」と強くなる
新原 豊 (著)
サンマーク出版 ¥1600

amazonの中古が¥5-。


著者はドクター。

医学の説明を通じて、「生命は幸せになるようにできている」とか本のタイトルどおり、「生命は”与える”と強くなる」などを説明している。

村上和雄氏の「生命の暗号」も読んでいるのだろう、同じように”サムシング・グレート”が出てくる。

そして、病気になるにも意味がある、というのは小林正観にも共通するが、文章からはおそらく小林正観は読んでいない。にもかかわらず感謝が大切だとか、同じような結論なのですね。

生命は最初からは”精神的強さ”は与えない。必要な人は病気を乗り越えてこそ強くなる、とか。
医学的な部分は著者の研究課題である「鎌形赤血球症」が頻繁に出てくるが、なぜかこの病気の人はマラリアにはかからない、とか。

ということで、医学を通じての人生論です。

お勧め度★★★☆☆

2014年9月12日 (金)

書評--あなたは、あなたであるから素晴らしい

あなたは、あなたであるから素晴らしい―自分を絶対、否定するな!
ウィンディ ドライデン (著), 杉田 七重 (翻訳)
\1300 PHP研究所

絶版だがamazonの中古が¥1-

これはスピリチュアル系というよりセラピーとかカウンセリングに近いです。

「論理療法」というのは初めてです。
アルバート・エリスと言う人が創始者のようです。(このあたりをキーワードに検索してみてください。

自分をどうしても否定してしまう人、
ネガティブに考えがちの人、
過去の失敗を悔やんでしまう人
なかなか立ち直れない人

など、是非この本をお読みください。

元のタイトルは
「HOW TO ACCEPT YOURSELF」
ですので、自分自身で改善していけるでしょう。

まずは「・・・ねばならない」という壁を越えることです。

最終的には「一切の条件なしに、どんな自分でも受け入れていく」まで持っていってくれるでしょう。

お勧め度★★★★☆

こういう本は視野の広がりの可能性を持っているのですよね。
こんどは「論理療法による3分間セラピー」というのを読んでみようか・・・

2014年9月11日 (木)

書評--はじめての「超意識」覚醒

はじめての「超意識」覚醒
鈴木啓介 (著)
\1600 徳間書店

○この本の中でよく使われているキーワード

オーラ
カルマ
直感
高次元
ブロック
エゴ

これらについて数冊本を読んだ方ならほとんどご存知の内容。
(逆にご存知なければ良書かも)

あとは著者のセミナーだかワークだかの宣伝か?

(古本で購入したのでCDは付属していなかった)


お勧め度★★☆☆☆

2014年9月 9日 (火)

書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである

この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである
ボブ・フリゼール (著), 紫上 はとる (翻訳)
ナチュラル・スピリット ¥2500

絶版だがamazonの中古が¥304-

基本的にはドランヴァロ・メルキゼデク(フラワー・オブ・ライフの著者)の教えが下敷きになっています。

しかし、その神聖幾何学にしても星形正4面体の意味など斬新です。

それから
○レムリアやアトランティスの歴史、

○トートが最近まで地球にいた話・・・トートとはヘルメス・トリスメギストス(エメラルドタブレットの作者?)

○ドランヴァロ・メルキゼデクがウォーク・インで地球にやってきた話

○古代火星の話(火星の写真を検索すれば人工構造物がたくさんあることがわかります)
 金星の話も出てきますが、こちらは「ハトホル」ですね。

○フィラデルフィア実験(大型船が次元の彼方に消す実験です。検索すればたくさん出てきます・・・・検索すると、半年前に消えたマレーシア航空機が何と月面にいる写真まで・・・)

○グレイとシリウス人の話

など非常に興味深い話題がたくさんです。
これらの関係の本をたくさん読んできた僕も知らないことがたくさんありました。

アセンションが近づいており、人類の中の15億人が次元上昇できるようになったとか。

タイトルの「この本に真実は何もない」というのは、科学的根拠とか唱える人に向かって言っている言葉でしょうね。

お勧め度★★★★☆
(特に、スピリチュアル系というよりオカルト系の方にお勧め)

2014年9月 8日 (月)

書評--チャネリング・ガイド

チャネリング・ガイド―光の使者からのメッセージ
ソニア・ショケット (著), 奥野 節子 (翻訳)
\1800 ダイヤモンド社

絶版だが中古が¥257

元タイトルは「Soul Lessons and Soul Purpose」だからチャネリングの本ではない!

強いて言えば著者が「光の使者」とチャネリングし、22の「魂の課題と魂の目的」を説明したもの。

各課題に対して4つのレベルがあり、僕はせいぜいまだ第3のレベル。

「光の使者」の言葉が明朝体で著者自身の言葉がゴシック・・・ってこれは逆が良かったな~。

著者は自分が不満に思ったことや不機嫌になったことについて、ごまかそうとせず人間的に正直な書き方をしている。

しかし、さいごにまとめると「魂のレッスン」だというところに落ち着く。

人生の目的は魂の向上であり、輪廻転生を通じて、つねに課題が与えられる、としている。

タイトルと異なり、チャネリングそのものを学ぶことはできないが、ハイヤーセルフとの繋がり方は丁寧に説明されている。

お勧め度★★★★☆

2014年9月 1日 (月)

書評--意思のサイエンス

意思のサイエンス
リン・マクタガート (著), 早野 依子 (翻訳)
\1500 PHP研究所

絶版でamazonの中古が¥2000以上・・・だけど、どこかで古本がを見かけたら買うべし。

著者は医療系ジャーナリスト。
タイトルどおり、「意思」がどれだけ物質界に影響を及ぼすか、様々な”科学的”実験を紹介している。

ヒーリング能力が”物理的”にどれだけ証明されているのか?

レイキしかり、TM瞑想しかり。

最先端の量子物理学を引用しながら説明している。

逆にマイナスの思考の影響も受けるだろう。それを考慮し、他人のネガティブな想念から身を守るために「バリア」をしよう。

圧巻は思考によって「過去」も変えられるという第9章。

過去の出来事に影響を及ぼすことができる、ということは因果律が破られてしまう。

つまり過去-現在-未来という直線的な時間の流れの概念は実は間違っているのかも知れない、と著者は説く。

お勧め度★★★★☆(間違いなく4以上。ヒーラーは必読、唯心論者も必読)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »