« 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである | トップページ | 書評--あなたは、あなたであるから素晴らしい »

2014年9月11日 (木)

書評--はじめての「超意識」覚醒

はじめての「超意識」覚醒
鈴木啓介 (著)
\1600 徳間書店

○この本の中でよく使われているキーワード

オーラ
カルマ
直感
高次元
ブロック
エゴ

これらについて数冊本を読んだ方ならほとんどご存知の内容。
(逆にご存知なければ良書かも)

あとは著者のセミナーだかワークだかの宣伝か?

(古本で購入したのでCDは付属していなかった)


お勧め度★★☆☆☆

« 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである | トップページ | 書評--あなたは、あなたであるから素晴らしい »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60300401

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--はじめての「超意識」覚醒 :

« 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである | トップページ | 書評--あなたは、あなたであるから素晴らしい »