« 書評--意思のサイエンス | トップページ | 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである »

2014年9月 8日 (月)

書評--チャネリング・ガイド

チャネリング・ガイド―光の使者からのメッセージ
ソニア・ショケット (著), 奥野 節子 (翻訳)
\1800 ダイヤモンド社

絶版だが中古が¥257

元タイトルは「Soul Lessons and Soul Purpose」だからチャネリングの本ではない!

強いて言えば著者が「光の使者」とチャネリングし、22の「魂の課題と魂の目的」を説明したもの。

各課題に対して4つのレベルがあり、僕はせいぜいまだ第3のレベル。

「光の使者」の言葉が明朝体で著者自身の言葉がゴシック・・・ってこれは逆が良かったな~。

著者は自分が不満に思ったことや不機嫌になったことについて、ごまかそうとせず人間的に正直な書き方をしている。

しかし、さいごにまとめると「魂のレッスン」だというところに落ち着く。

人生の目的は魂の向上であり、輪廻転生を通じて、つねに課題が与えられる、としている。

タイトルと異なり、チャネリングそのものを学ぶことはできないが、ハイヤーセルフとの繋がり方は丁寧に説明されている。

お勧め度★★★★☆

« 書評--意思のサイエンス | トップページ | 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60279343

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--チャネリング・ガイド:

« 書評--意思のサイエンス | トップページ | 書評--この本に真実は何もない しかし、それがまさに現実なのである »