« 書評--光と影の法則 | トップページ | 書評--光まんだら »

2014年10月19日 (日)

質問への回答(52)

質問への回答

>ネガティブに心配したことはすべて逆になり私にとって幸せな状態になることが多いです。

最悪を想定する方の場合は「最悪の場合も対応できるようにしておいたほうが、最終的には結果が良くなる」という前提ですので、信じたとおり、”結果が良くなる”のです。

>ポジティブに考えるようにはしていますがなに一つ叶いません。
「**が欲しい」
「**になれば」
という思いはしっかり宇宙に伝わっています。
だから宇宙は
「**が欲しい」
「**になれば」
という状態を十分に継続してくれているでしょう?

受験の場合、
「合格したい」という願望があればあるほど、宇宙は「合格したい」状態=入学できない、状態を作ってくれます。

「合格したい」ではなくて、合格して当然という状態まで勉強することです。
宇宙はあなたの願望のとおりに動くのでなく、あなたが信じたとおりに動くのです。

   

============

Q、引き寄せの法則を実行しているがうまくいかない

A、「法則」でしょう?

あなたは万有引力の法則を「実行」しますか?
電気におけるオームの法則に「成功」とか「失敗」はありますか?

「体験談」というのは、信じるとか信じないとかいう世界ではないのですか?

引き寄せの法則は、あなたが信じたとおりのことが実現する、ということです。

あなたは「体験談がないと信じられない」と言っていることになります。

ですので、引き寄せの法則どおり、疑いの質問をここで発しているので、疑ったとおりの結果=願いが叶わない となっています。

見事にあなたが発した波動が実現しているでしょう?

============
Q、イヤなやつとめったに行かない東京で出くわすのは何故?

A、要するに、意外な場所で嫌いなヤツと遭遇した、ということですよね?
会話せねばならないなら(会話の必要はありませんが)
「奇遇だな。先を急ぐので、これで!」
といえば済む話です。

どうして遭遇するか?
あなたは「会いたくないヤツのリスト」を(心の中で)持ち歩いているようです。
**と会いたくない、と思っていると会います(これが引き寄せの法則)

僕の場合は嫌いなヤツのことは家で考えません。
そうでしょう?
嫌いなヤツを家に招待したくないので、「お前なんかウチに連れて行ってやんないよ~」という感じでヤツのことは考えません。家はくつろぎの場なのだから。

どうしてリストを持ち歩いたりイヤなヤツへの思いを持ちながら東京へ出かけるのか?
東京を楽しみましょう。

万が一、出くわしてもその瞬間だけで忘れるのです。

« 書評--光と影の法則 | トップページ | 書評--光まんだら »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60512544

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(52):

« 書評--光と影の法則 | トップページ | 書評--光まんだら »