« スピリチュアルに生きる(149-2) | トップページ | スピリチュアルに生きる(149-3) »

2014年10月 2日 (木)

書評--シャンバラからの超レッスン

地球アストラル次元 シャンバラからの超レッスン 目から銀河も飛び出す超巨大宇宙情報 (超☆はぴはぴ) 単行本 – 2012/12/10
byペガサス (著)
\1600 ヒカルランド

これは最初から最後まで二人の女性の会話のやりとり形式だから非常に読みづらい。

会話そのものだから
「あはは」
とか
「へぇ~」
なんていたるところで出てくるから無駄な部分が多い。

おまけに会話以外の部分でも「とても笑える」なんて書き方をしているから、そっちが気になって、内容が頭に入らない。

過去に生まれ変わる話や5次元の話をもうちょっと丁寧に普通の文章で説明してくれれば良かったのだが・・・

どうして会話調にする必要があったのか?

内容としてではなく、書き方として不合格です。

お勧め度★★☆☆☆

« スピリチュアルに生きる(149-2) | トップページ | スピリチュアルに生きる(149-3) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60407799

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--シャンバラからの超レッスン:

« スピリチュアルに生きる(149-2) | トップページ | スピリチュアルに生きる(149-3) »