« 書評-- 持たない贅沢 | トップページ | 書評--「ツキ」の科学 »

2014年10月23日 (木)

書評--人生を癒すゆるしのワーク

人生を癒すゆるしのワーク
コリン・C. ティッピング (著), ジェームズ ハートランド (監修)
太陽出版 ¥2600

これ、えらくスピリチュアルな本ですな。

物理的な出来事はすべて自分が引き寄せたもの。

だから、自分を傷つけたり、困らせたりする人物理的な出来事は、自分の今の心の状態を見せてくれている、というもの。

そういう相手を恨んだり怒ったりするのは、間違い。

せっかく自分の内面を見せてくれたネガティブなことは、それを修正しなさい、という教示。

というわけで、この本はヒットラーさえ許せる、と書いてあります。

相手を許したときに、それを告げる必要はありません。
自分の内面が変容したら、外での出来事も変わりますから、相手も変わるのですから。

と言われても・・・悪徳政治家が許せるか?
許せないうちは政治も変わらない。・・・というのがこの本の趣旨だと思うのです。
結構ハードルが高いです。

お勧め度★★★★☆

関連HP
アウェイク・ネイチャー

« 書評-- 持たない贅沢 | トップページ | 書評--「ツキ」の科学 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60531906

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生を癒すゆるしのワーク :

« 書評-- 持たない贅沢 | トップページ | 書評--「ツキ」の科学 »