« 書評--人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? | トップページ | 書評--自分が変われば世界が変わる »

2014年11月12日 (水)

書評--ワンネスの青写真

ワンネスの青写真―私は聖ジャーメインなるものである
アシェイマリ マクナマラ (著), 片岡 佳子 (翻訳)
太陽出版 ¥1500

チャネリング本。

覚醒とか悟りというより、目覚めとか気づきでしょうね。

あなたは愛で満たされており、すべてが味方です。のようなことなのですが、余計な説明をすると先入観をあたえてしまうので、やめておきます。

人によっては人生を変える本です。

ただしスピリチュアル系を理解できない人は、この本は最初のページで閉じてしまうでしょう。
(つまり本が人を選ぶ)

元の発音は「サンジェルマン/Saint-Germain」ですので、それで検索すれば人物が分ります。

お勧め度★★★★☆(間違いなく★4以上)

« 書評--人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? | トップページ | 書評--自分が変われば世界が変わる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60640230

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ワンネスの青写真:

« 書評--人はなぜ「死んだ馬」に乗り続けるのか? | トップページ | 書評--自分が変われば世界が変わる »