« 書評--チャンスの扉 | トップページ | 書評--人生の落し穴 »

2014年11月17日 (月)

書評--絶望を超えたとき、人生は羽ばたく

絶望を超えたとき、人生は羽ばたく
エリザベス レッサー著、 吉田利子訳
¥1800 サンマーク出版

絶版だがamazonの中古が¥1-。

訳者は「神との対話」の吉田さん。

人生の壁を乗り越えた人たちのレポートと著者の体験談。

良い話もあるが、この文章は冗長?かと思うものもある。

が、おしなべて良書。

「絶望」はおもいがけずにやってくるが、誰でも乗り越えることができる。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--チャンスの扉 | トップページ | 書評--人生の落し穴 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60668187

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--絶望を超えたとき、人生は羽ばたく:

« 書評--チャンスの扉 | トップページ | 書評--人生の落し穴 »