« 書評--絶望を超えたとき、人生は羽ばたく | トップページ | 書評--斎藤一人大宇宙エネルギー療法 »

2014年11月17日 (月)

書評--人生の落し穴

人生の落し穴―第三の心が人生を決める
小笠原 誓志 (著)
¥1300 河合出版

絶版だがamazonの中古が¥1-。

ベースにあるのは著者の仏教哲学。

○自分が変われば世界が変わる。
(国家でさえ変わる、と書いてある)

○大切なのは欲を満たすことでなくて感謝の心。
「幸福とは感謝の別名」P138

○人と自分を比べない

なんて書くと当たり前のことばかりですが、それがとてもうまく説明されています。例えば

○自分を成長させてくれるのは嫌いな人・気の合わない人。
じっくり考えてみればそうなのですね。
人間が成長するのは、新たな考えや状況に遭遇したときです。
気の合う人とは仲良くはなれるけれども、成長はあまりなさそう。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--絶望を超えたとき、人生は羽ばたく | トップページ | 書評--斎藤一人大宇宙エネルギー療法 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60668197

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生の落し穴:

« 書評--絶望を超えたとき、人生は羽ばたく | トップページ | 書評--斎藤一人大宇宙エネルギー療法 »