« 書評--あるヨギの自叙伝 (2) | トップページ | 書評--光の秘密―天国からのレッスン »

2014年12月10日 (水)

書評--とびっきりのお金の話をこれからしましょう。

とびっきりのお金の話をこれからしましょう。 (East Press Business)
ラッセル コンウェル (著),
イースト・プレス ¥952

ジャームズ・アレンと並ぶ100年前の古典。
あなたは金持ちになる義務がある。
と、牧師である著者が説く。

生徒は反論する。「お金はすべての悪のもと、と聖書に書いてる」(P33)
著者は言う。「聖書のどこに書いてあるのか?」
学生は探す。「ここです。」
著者「ではそこを読んでみてくれ」
学生「お金を愛することは、すべての悪の大もと」

そうなのですね~

「50セントしか持っていないあなたが、1億ドル持っている人を批判しているとしても、あなたにはしょせん50セントの価値しかなく、相手には1億ドルの価値があるのです。
そして、もしあなたが1億ドルを手にすれば、反対に非難されたり嘘や噂をばら撒かれたりするのです。
ですから、嘘や噂を言われるようになったら、自分が成功をおさめた証拠だと思えばいのです。」(P36)

ところで、こんな文章をどこかで読んだ覚えがあるな~と思っていたら、すでに持っている「ダイヤモンドを探せ」と原書は同じではないですか!

買う必要なかった・・・
でも、どちらも持っていない人は、読んでも良いでしょう。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--あるヨギの自叙伝 (2) | トップページ | 書評--光の秘密―天国からのレッスン »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60789546

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--とびっきりのお金の話をこれからしましょう。:

« 書評--あるヨギの自叙伝 (2) | トップページ | 書評--光の秘密―天国からのレッスン »