« 書評--共同の創造 (アナスタシア・リンギングシダー) | トップページ | 書評--死の体験―臨死現象の探究 »

2015年1月15日 (木)

書評--ゲームの法則

 ゲームの法則
フローレンス・スコーヴェル シン (著),  金子 尚美 (翻訳)
\1339 経済界

絶版だがamazonの中古が¥48-
訳が異なるが「人生を開く心の法則」と同じ。
・・って知らなかったから買ってしまった。

まあ、しばらく読んでないからいいか。

1925年発行。
つまり古典。
原題は
The Game of Life and How to Play It
だから、こっちのタイトルの方が、原題に近いか。

人生というゲームの勝ち方というような感じ。

著者が女性というのは珍しいのでは?

内容は、他の本ではあまり見ることがない、いろいろな実例も紹介されていて読むに値します。

お勧め度:★★★☆☆

« 書評--共同の創造 (アナスタシア・リンギングシダー) | トップページ | 書評--死の体験―臨死現象の探究 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/60978599

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ゲームの法則 :

« 書評--共同の創造 (アナスタシア・リンギングシダー) | トップページ | 書評--死の体験―臨死現象の探究 »