« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

書評--タロット(新装版)

タロット(新装版)
アルフレッド・ダグラス  (著), 栂 正行 (翻訳)
¥2900 河出書房
まだ最初の方(50ページ)までしか読んでいないのですが、この本はすごいです。
スピリチュアル的にもかなりのものです。
タロットはグノーシス派だったのですね。
そして22枚の大アルカナが1つの流れというか宇宙を読み解く哲学を持っていたのですね。
昔、簡単な解説書1冊と78枚のカードが一緒についている本で友達の運勢を占っていました。
そのカードというのはモノクロで、たしか「あなたにオリジナルのカードを作ってもらうために、色を塗れるように、色はつけていません」・・・って印刷費の節約なのが今は解ります。
昔、僕がやっていたタロットは何だったのだろう?
この本の知識の1/10もないで、解説書を見ながら友人の運勢を判断してしまったのだから。
(それでも結構、当たっていたりする)
この本は著者がオリジナルでカードをデザインした、と言うことで、そのカードの図柄が載っていて、ネットでは¥7000程度します。
さすがに、最初にはそんなには出せないので、レビューを検索していて、世界標準?らしい
「THE RIDER TAROT DECK」というのを、ここ、amazonで購入しました。(amazonが一番安い--それでもただのカードが¥2000--ただし簡単な解説書は英語)
ここでみなさんに疑問が沸くかもしれません。
本を1冊読んだだけでプロの占い師になれるか?
では他の資格で考えてみましょう。
「公害防止管理者」は通称”電話帳”と呼ばれている1冊の本で勉強するのが定番です。
「危険物取扱者」は、普通は200ページほどの問題集1冊だけだったりします。--それでガソリンスタンド経営する。
いやいや、それは国家資格の話であって、占いの世界は違うだろう?って。
では街角の占い師はどれだけ本を読んでいるかご存知ですか?
日々、研鑽?(それはピアニストの世界です。--練習しないと腕が落ちる)
僕はもう一冊、勉強する本を予定しています。
「ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン」
これは、昔、いい加減にやっていたのとは違う”何か”を感じる本です。
薄っぺらな「占いの手法」とはわけが違う。
ということで、僕の職業名が「カウンセラー」になった今はタロットもやります!
(これまで、客が一人もいないが(笑))
 
お勧め度:★★★★☆(読み終わっていないので今のところ★4にしておきます)

書評--スピリチュアルジャーニー~霊性への旅

 スピリチュアルジャーニー~霊性への旅

斎田智彦
¥1600 フォレスト出版
絶版だがamazonの中古が¥50-
これは著者が世界放浪の果てに、「本当に自分の探していたものはこれだったんだ」とP・R・サーカー(ラビ・バトラの師?)の教えと出あった体験記です。
前半は世界旅行の様子が出てきますが、後半はサーカーの教えの説明が中心です。
ですので、ラビ・バトラなどの本からサーカーの教えに興味を持った方は是非読んでみてください。
お勧め度:★★★☆☆

2015年3月30日 (月)

書評--ハイヒールアセンションpart2

ハイヒールアセンションpart2
末松知子
アクエリアスナビ 
定価¥1800なのだが、amazonで著者名を入れて検索しても、宮崎なぎさの本が出てきてしまう。

約11ヶ月前の2014年4月下旬、part1はここに紹介した。
しかしpart2が--上に書いたように--amazonでも買えない。
通常は、絶版でも中古ならamazonで購入できるというのに。
一色(宮崎)とamazonとの間にどんな取引があった?

ともあれ、ようやくpart2をネットオークションで購入することができた。
内容は、宮崎なぎさと著者との対話形式。
実際には宮崎なぎさがTAW理論を手に入れるまでの記録(ブログ)を物語形式にして紹介した、と著者のあとがきにある。

TAW理論では自分の心のすべてが宇宙に映し出されている、というもの。
すべては自分が創っている。
だから環境を変えたければ自分の心の持ち方を変えれば良い。
例外はない。
戦争も大災害も自分が創りだしている。

そこに行き着くまでに途中から非常に怪しげな宗教団体?の研修所?に通っている。
検索したが著書の中に出てくる[アースユニティ]ではそれらしいものが見つからない。--たぶん名称を変えている)

と言うわけで、気になっていたpart2を読めた、というだけのことで、TAWに、はまった人以外には大した内容ではない。
「脱TAW」などで検索すると面白い反論が読めます。

2015年3月26日 (木)

書評--成功する人のシンプルな法則

成功する人のシンプルな法則
ホアキム・デ・ポサダ (著), 幾島 幸子 (翻訳)
\1200 アスペクト

マシュマロ実験
4歳の子どもの前に1つのマシュマロを置く。
そして15分我慢できたらもう1つあげよう。
と、実験者は部屋の外に出て、15分間、こども一人で置かれる。

当然、我慢できる子どもと我慢できなくて食べてしまう子どもに分かれる。
(この実験そのものは実際に行われたものである)

実は後の成功者は、我慢できた方の子どもに多い。

======
というエピソードから始まって、物語形式で話が進んでいく。

一言で言えば、目の前の欲に惑わされずに、我慢して将来のために努力しなさい、というところか。

お勧め度:★★★☆☆

2015年3月25日 (水)

蔵書整理中

新しい生活に向けての準備、ということでまずは本の整理から始めようとしましたが・・・

数年前に前の会社を退職したときには、yahooオークションで少しは売れたのですが、今回は80冊出品して、まだ3人しか落札者がいない。
そういえば電車の中の人々の行動もだいぶ様変わりしました。
以前は本を読んでいる人もチラホラ見かけたのですが、今は2人に一人はスマホをずっと見ている。
本を読まなくなったのですね。
そういえば我が家の周辺のbookoffも、日野市・あきるの市・多摩市など次々に閉店、我が家の近くにあったブックセンター(多摩地区の古本屋チェーン)も数ヶ月前に閉店してしまいました。

さて、オークションですが、もう、1冊ずつ出品するのは時間のムダなので、まとめて50冊で¥5000なんて出品していますが、まだ落札者がいない。
こんな出品です。(ヤフオクのID・・・hass375で出品しています)

=====出品説明=======

蔵書整理のための出品です。

これまでにスピリチュアル・成功哲学・ヒーリング・超常現象・自己啓発などの本を集めてきましたが、本棚から溢れているので、かなりの数をしばらく出品します。

というわけで、ここ数日で80冊ほど出品しましたが、入札数から見て、相当に売れ残りが生じる見込みです。

あと200冊ほど出品予定でしたが、出品を繰り返しても、時間のムダになることが多いので、ここで50冊まとめて(福袋的に)買ってくださる方がいれば、と思い、このような形で出品しています。

○当方の読書傾向は、現在の他の出品、および当方の評価欄から過去の出品を見て判断してください。

○お送りする50冊は基本的には当方で決めさせていただきます。
ただし、自己啓発系とスピリチュアル系、あるいは宇宙系、ヒーリング系など希望がある場合には落札後にご連絡いただければ、そちらの関係の本を多くするつもりです。
また、これまで出品したものについて、入札者のいない700円以下のものについては5冊まで希望をお聞きすることが出来ます。(ただし、希望どおりになるかどうかは、保障できません)

○「50冊」としていますが、ダンボールに入るだけ入れますので、実際には50冊より多くなります。

○着払いの宅配便にて発送予定です。

======引用終わり=======

現在、出品中の本、あるいは、このブログで書評を書いた、お勧め度★3以下のもの(まだ手元にあれば/★4以上は蔵書入りです))
このブログの読者に限り、¥100~冊で(¥100以上で自由に値段をつけてください)お分けします。
送料はご負担ください。
(蔵書整理なので、本当は無料でも構わないのですが、タダで手に入れた本というのは大切にされないので、一応有料としました)
興味がある方はメールhass(アット)nifty.com まで。
先着順優先。
参考までに、現在出品中で入札者がいない本のリストをつけておきます。
(リストがあまりに見づらいので次の記事へ移動)
先ほど書いたように、このリスト以外に処分したい本が200冊ほどあります。

2015年3月19日 (木)

書評--「ゾーン」の法則

「ゾーン」の法則
志岐幸子
¥1400 祥伝社

スポーツの有名選手やその道で一流の人が良い成績を出したとき、「ゾーン」に入っている。
光を見たり、声が聞こえたり、という体験をたくさん紹介しています。

って、これチクセントミハイの「フロー」とどう違う?

お勧め度★★★☆☆

書評--ホームには誰もいない

ホームには誰もいない―信念から明晰さへ(覚醒ブックス)
ヤン・ケルスショット (著), 村上 りえこ (翻訳)
ナチュラル・スピリット ¥1944

これまで読んだ「気づき」「覚醒」などの関係でダントツに説明がうまい。

==超要約==

私たちは「覚醒したい」と思って覚醒することはない。
なぜならその”思い"というのはエゴが主体だから。
エゴが消滅したときに、気づきが訪れる。

特別な修行をしたり、宗教に入る必要もない。
なぜなら私たちが気づきそのものだから。

悟ることもないだろう。
だって既に悟っているのだから。
すでに大人になっている人は大人に「なる」ことはできない。
すでにホームにいる人がホームに「行く」ことはできない。

未来に気づきが訪れることもない。
時間というのは概念であって、”永遠の今”があるだけだから。

そして”それ”に気づくこともないかも知れない。
波が海に気づかないように。
世界や宇宙を見ることのできる目でも、自分の目だけは見ることができないように。
(途中でダグラス・ハーディングの実験も出てきます。以下、その参考実験)
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/99_blank022.html

あなたは何も失うことはない。
あなたが宇宙なのだから。

お勧め度:★★★★★
(久々の★5.覚醒系の他の本はもう処分しようか検討しているくらい)

無理に悟ろうとするのはエゴのなせることなのでNG。
今のままでOK、という文章で気持ちが楽になります。

まだ出版されたばかりなので新本しか存在しません。

2015年3月10日 (火)

宇宙の真実セミナーメモ(65)

正式には今日の日付でこれまでの会社を退職です。

昨日、就職活動がうまくいかなかったことを書いた際に「引き寄せの法則」は後で書くとしました。

さて、なぜかとっくに忘れていたREIKIの中の願い事。
就職の前に書いていました。(偶然、昨日、奥様が見つけて、僕に渡した--って偶然ではないでしょうね。シンクロニシティ)

「私の守護天使・大天使・守護霊・その他私に関わるすべてのガイド様」に対する要望書です。
これはレイキ以外の本を参考に書いたものです。
お願いをしっかり書かないと、あるいは自分の判断で条件を決めてしまうと、それ以上にはならないので文章を工夫して。

こんな感じ
================

「私が満足できる仕事に就けるよう、あなたが直接手を差し伸べてくれるか、または必要な人材・情報をもたらしてくれるか、あるいはその両方をしてくれることを希望します。

1)1ヶ月の給料は**以上
2)基本的な福利厚生(健康保険・年金)がある職場
3)同僚がいる職場なら、私を嫌いな人が部署に一人もいない職場
4)略
5)ドアtoドアで通勤90分以内
6)私の資格または持っている能力を生かせる
7)略
8)直接または間接的に、社会に貢献する仕事
9)略
10)略
11)月に最低1回は土日連続の休みがあること
12)勤務開始時間は朝は8:30以降
13)略
14)略

以上の条件です。
これは私の限られた視野での望みなので、もっと良い結果が得られるなら、それをもたらしてください」

====================

って事で、全部の条件とまではいかないにしても、今までの職場は概ね満たされているのですよね。
たとえば
6)なんて、
前の病院より多く僕の資格を役立てたし
11)にしても、
前の病院は1日目朝~2日目朝勤務、3日目休みの繰り返しだったから旅行に行きづらかったのですが、
今度は1日目朝~2日目朝勤務、3日目休み、で4日目は日勤と休みが1回のサイクルおき、だから連続で休めました。
5)は通勤時間自転車で15分
12)勤務開始は9:00なのです。

逆に書いておかねばならない条件を書かなかったために、たとえば夜の仮眠時間が非常に短かったり、(前の病院は6時間しっかり寝られた)
職場が非常に狭かったり(座る場所さえないことがしばしば)・・・ですので、宇宙にお願いするには出来る限りたくさん、細かく書かねばならない例をまた作ってしまいました。

さて、その前に他の会社に面接に行ったときに、「この会社は合格してもこちらから断ろう」と思うくらい非常にネガティブな印象を受ける会社もありました。
また、下水処理場まで応募して、(書類審査だけで落とされたのですが、)あとから考えれば、24時間稼動している施設なんて仮眠すらなく、8~20時勤務4回、休み2日、20~8時勤務、休み2日なんて勤務シフトですから非常に身体がきつい。
書類だけで落とされたのは、やはり天使がガイドが守ってくれたのかも知れない、と思いました。

以上が「引き寄せの法則」を否定しない理由の半分。

さらに書いておかねばならないのは、BASHARのいう「ワクワク」(英語でエキサイティング)という波動がなかったこと。
退職後、ゆっくり仕事を探せばいいや、と構えていたのですが、半年後まで仕事が決まらず失業保険が切れると、さすがに無収入になるので、焦りが少しずつ出てきます。
何とか仕事を見つけなければ、と”守り”の態勢になり、勤務条件に妥協を増やしていくと、理想を手放してしまっています。
そして条件の悪い仕事でもしがみつこうとする。
その時に発している波動はネガティブな傾向になっていますから、ネガティブな結果が出て当たり前。
それが1年以上にわたり、仕事が決まらなかった理由です。
(って、説明は出来ても、ネガティブな波動を修正することができないので僕もまだまだ、というのが正直なところです)

さらに、これは「宇宙の真実セミナー」の(55)を併せて読んでいただければ判りやすいのですが、教員を辞めても生計を立てられるように、設備管理関係を中心にずっと資格試験の勉強に集中してきたことです。意識のそこから、そんな資格を役立てるように、と思っていたのですから実現しないはずはない。そういう波動を宇宙は10年にわたり実現してくれようとしたのです。(資格の勉強を集中したのも10年ほど)

しかし、今回のケースは違います。
前回の病院退職後は住宅ローンも10年以上残っていたこともあって焦っていたのですが、昨年、繰上げ返済をして完了しました。--イザという時の貯金なんか大事に持っているとイザという時がやってくる--これも波動の法則--ということに気づいたので、貯金を全部下ろしてローンに充てました。だから焦りはありません。
そして、これから”再就職”でなくて、前に書いたように、好きな仕事をやっていく、ということで、ワクワク感があります。
さあ、明日から自営業。(一応、職業名はカウンセラー?)
これからどうなるか?

ずっと家にいると運動不足になってしまいますので、週1~2回は設備管理・他のアルバイトをするかも知れませんが、僕のこれからの仕事は半分は出張も可能(交通費はご負担いただきます)ですので、そちらで忙しくなればそんな必要もないのです。よろしくお願いします。

2015年3月 9日 (月)

書評--夢をかなえる七つの法則

夢をかなえる七つの法則
ベティ ベサーズ (著), 穴原 美智子 (翻訳)
\1300 中央アート出版

amazonの中古が¥190。買いです!

著者は超能力者・神秘家・ヒーラー。

ということで、単なる引き寄せ本でなく、高次の生き方も同時に語っています。

「怒りの感情が起こったときは、自分に次のように問いかけるチャンスです。
[なぜ怒りを感じたのだろう。なぜこの状況を引き寄せたのだろうか]」P40

「豊かな人生を望み、成功と幸せと自由を望むのは、ごく当たり前の権利」P68

スピリチュアルレベルの高い引き寄せ本です。
逆に物質的豊かさだけを追っている人には読みづらいかも知れません。

お勧め度:★★★★☆

奥様は霊能者(35)

会社を辞める今、振り返ります。

前回(5年前--2009年10月)「会社を辞めるには時期が悪い。」と、奥様は言いました。
この根拠は宿曜(東洋占星術)です。
正直、僕はそんな占いなんて信じていなかった。(占い全般を信じていないわけではありません。西洋占星術は少し勉強しましたし、タロットなどもやります。手相も少しばかり・・・)
しかし、病院の設備(約5年勤務)はもう辞めたい、ということでハローワークに登録。
ところが、設備管理のほとんどをカバーできる資格を持っていても、就職先が決まらない。
(自慢するわけではないですが、僕の資格の数ならどこでも歓迎されると思っていた)
ハローワークで30社ほど応募しました。
面接にこぎつけるのが10社程度。
10社は書類だけで門前払い。
残り10社はハローワークの窓口職員がTELで問い合わせをした段階で年齢などの条件でNG。(こちらが断った条件の悪い会社もあったが)
設備管理の仕事だけではありません。児童館の指導員とかNPO法人とか可能性のあるものにかなり応募しました。

ハローワークだけでなく、ネットの求人サイトにも登録しました。
返事が返ってきたのはタクシー運転手などだけ・・・こっちは設備管理で登録しているというのに。

そしてやっと決まったのが2011年2月。(つまり1年あまり経過)
某事務所ビルのビル管理。これがパワハラの上司で、3ヶ月で辞めました。
(このブログにも当時の経緯を少し書いています)

そして病院の勤務がイヤで前の会社を辞めたというのに、あまりにも仕事が決まらないので病院の募集も応募してみるしかなく、今回の会社に入りました。
(え?引き寄せの法則はうまくいかなかったの?説明しているくせに。というツッコミがあるかと思います。それは、別の日に書きます。)

ちなみに宿曜占星術では2009年~2011年は僕の場合(ネットで27宿は調べられます)最悪という結果です。
つまりこの時期にはじめた事柄(この場合は入った会社)もNGのようなのです。その通り、NGでしたがこれまで3年半、勤めました。

面白いのは同じ時期にこれまでの会社に入社した、僕と同じ”底宿”の人もほとんど同じ運の流れで、前の会社を辞め、1年以上仕事が決まらず、仕方なく同じ会社に入ったのですが、結局、1年前に辞めたのです。

これは宿曜を無視するわけにはいかないな、と思いました。

思うに、宿曜が絶対なのでなく、人それぞれ影響を強く受ける占いがあるのだと思います。
西洋占星術かも知れないし、六星占星術かも知れない。
手相とか観相学かも知れない。

星の動きで運命が決められてたまるか、ではなく、生まれてくる時期を選んで--つまりそういう星のもとに--生まれてきたとも言えるでしょう。

ちなみに奥様は、宿曜において僕が奥様と相性の良い星なので僕を選びました。
出会いの時期も、行動を起こすのにBESTな時期を待ったとのことです。

先に2009年~2011年は新たな行動を起こしてはいけない時期と書きました。(本来はひたすらじっと耐えるべき時期だった)
2012年~2014年は少し上向き。
2015年~2017年は絶好期。
そういうことで、前回の反省をもとに、この年を待って退職届を提出しました。

ついでに言えば、2009年に退職した時期は10月なので、寒くなる一方。
せっかく時間があるのに、出かける気にならない。

今回はじっと辛抱し、3月10日付け退社。
桜も咲きはじめるし、絶好の行楽シーズンが始まります。

2015年3月 8日 (日)

スピリチュアルに生きる(151)--スピリチュアルでないものを放棄する(2)

ダメな職場にしがみついていたらダメな人生になるに決まっていますよね?
(ダメな友人やら配偶者も同じ)
そういうことで、僕は昨日、会社を辞めてきました。
理想の人生に向かわなければ理想の人生にならないのは当たり前ですよね?
世の中に自分を合わせて生きるのでなく、自分の目標に生き方を合わせなければ・・・・、「世の中」は自分に合わせてくれませんから。
「幸福になるのはあなたの権利です。あなたは幸せになって良いのです」、とこれまで言って来ました。
でも間違えました。
幸福になるのは権利でなくて義務なのです。
私たちは、幸せになるために生まれてきたのです。
それなのに、幸せになれないのは
妥協にしがみついているせいなのか、理想を追っていないのか、不明だけれど。
「明日が今日よりも幸せになる」ためにあなたはどんな行動をとっておられるのでしょう?
(繰り返しますが、僕の場合は「幸せになる]ために、先週、会社を辞めました)

書評--すでに目覚めている

すでに目覚めている(覚醒ブックス)
ネイサン・ギル (著), 古閑 博丈 (翻訳)
\2052 ナチュラルスピリット
私たちは既に目覚めています。
だから、目覚めようとしても無理なのです。
例えて言うなら、大人になった私たちが「大人になろう」としてもできません。
この本はQ&A形式。
目覚めとはどんなことか、同じことがずっと繰り返し語られています。
単なる3次元スクリーンに映された映像。
「私」は幻想。
見えるものも幻想。
時間は存在しない。
存在するのは「今」だけ。
永遠の「今」の前で”出来事”は起こっている
「私」が存在しないのだから、存在しない「私」が覚醒しようとしても無意味。
人生に意味はなく、ただ、現象が起こっているだけ。
・・・・・というようなことをずっと語ってくれています。
あなたが見ているこの文章もただの現象であり、何の意味もありません。
未来とか過去とか、それはイメージや記憶の世界。
悟りたい?
それは幻想の「あなた」が悟ろうとしてもできません。
起こることは自然に起こります。
お勧め度:★★★★☆
悟りの状態は解った。
でも幻想である僕が「悟ろう」としても無意味。
だから何も出来ない。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »