« 書評--波動を使って最強の人生を手に入れる | トップページ | 書評--この世のすべては波動でわかる »

2015年4月 3日 (金)

書評--「世間」の捨て方

「世間」の捨て方
ひろ さちや (著)
¥1333 青春出版社

著者の名前はよく目にするのですが、ほとんど仏教系なので、どこかの僧侶か何かだと思っていました。
大学教授なのですね。

で、この本が書かれたのが民主党が政権をとった直後ですね。
自民党を批判しています。
そういう人だとは知らなかった。(僕も元日教組=反自民です)

で、タイトルの、「世間を捨てよう」という事ですが、世間の価値観で生きると身動きができないから自分の価値観で生きよう、と言うことです。

婚姻届についても出てきますが、「どうして二人のことなのに国家権力に届出をせねばならないのか」
とこのあたりは僕もまったく同感。

ただ、歴史認識が僕とはちょっと異なる部分もありますが、最後まで自民党や権力を批判しているので良しとしましょう。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--波動を使って最強の人生を手に入れる | トップページ | 書評--この世のすべては波動でわかる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/61380870

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--「世間」の捨て方 :

« 書評--波動を使って最強の人生を手に入れる | トップページ | 書評--この世のすべては波動でわかる »