« 書評--「世間」の捨て方 | トップページ | 書評--聖なる量子力学9つの旅 »

2015年4月 3日 (金)

書評--この世のすべては波動でわかる

この世のすべては波動でわかる 量子力学と古代の叡智のシンクロニティ
ジュード・カリヴァン (著), 井上 実 (翻訳)
¥1800 徳間書店

最先端の科学を織り込んで、様々な現象が波動であることを説明しています。

○数字とその意味・・・黄金分割比率や六ぼう星

○ボーデの法則(太陽系の星の並び方の法則です)

○遠隔ヒーリングの科学的実験

○ガイア

○チャクラ

○ホログラフック・ユニバース(物質世界はホログラフ)

なんていう感じ。
僕も知らないことがたくさん書かれていたので参考にはなったのですが、
チャクラなんていうのは既に著者が1冊かけて説明しているので、重複しています。
そして終盤まで羅列してきた説明のまとまりが弱いという感じはあります。

ですが、こういう科学的な説明がはじめての人には、お勧めです。

お勧め度★★★☆☆(はじめての人には★4)

« 書評--「世間」の捨て方 | トップページ | 書評--聖なる量子力学9つの旅 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/61380873

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--この世のすべては波動でわかる:

« 書評--「世間」の捨て方 | トップページ | 書評--聖なる量子力学9つの旅 »