« 書評--ドリームランド<<地球>>へ行こう | トップページ | 書評--神さまとのおしゃべり »

2015年4月15日 (水)

書評--旅のうんちく講座1

旅のうんちく講座1
小林正観
¥1500 イーコンテンツ
小林正観は旅行作家でもある。
JTBのHPに連載されれいたものをまとめたもの。
もちろん、著者のことなので、単なる旅行情報でなくて、生き方にかかわる文章もかなり含まれている。
一番おもしろいのはP21~のキリストの墓のこと。
イエス・キリストは戸来村(へらいむら)--ヘブライが語源か?--に50歳でやってきて、子どもを3人つくった。
青森に一戸~八戸があるのは同じ語源?
竹内文書も同じようなことが書かれており、竹内巨麿(たけのうちきよまろ)氏や山根キク(検索すればでてきます)と調べて探し当てたということ。
現在は新郷村。で、これが何と、「超巨大宇宙文明の真相」ミシェル・デマルケ著のカテゴリー9の最高レベルの宇宙人からの説明(P246)にも書かれている。
日本人ならともかく、オーストラリア人ではこんな地名は思いつきでは出てこないだろう。
偶然の一致の確率はまずない。ということで、どうやら本当のようです。
「イエスキリストの墓」「青森」なんかで検索すればたくさん出てきます。
さて、旅の本P107~モーゼの墓も日本にある、とやはり山根キクあたりの調査でわかったようです。
「モーゼパーク」で検索すれば出てきます。
ということで、本来の書評から離れたので、お勧め度は省きます。

« 書評--ドリームランド<<地球>>へ行こう | トップページ | 書評--神さまとのおしゃべり »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/61443320

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--旅のうんちく講座1:

« 書評--ドリームランド<<地球>>へ行こう | トップページ | 書評--神さまとのおしゃべり »