« 書評--個人的現実の本質(3) | トップページ | 書評--本当にあった嘘のような話 »

2015年6月13日 (土)

書評--あなたは「時空飛行士」になる

最先端のタイムトラベル理論を身につけて あなたは「時空飛行士」になる
マリー・D・ジョーンズ&ラリー・フラクスマン (著), 竹内薫+東川恭子 (翻訳)
ヒカルランド ¥1851
ただのタイムトラベルの紹介であるなら、スピリチュアルの分野ではないだろう。
だが、この本はかなりスピリチュアルの色が濃い。
「我々には「今」しかないのか?」P37
「我々は6次元世界にいる?」P114
超常現象の研究者でもある著者コンビは、降霊会や異時空を経験した人についても(昔は僕はこういうオカルト本も良く読んだのだが、かなり久し振り)
言及し、時空を超える可能性に言及している。
極め付きは
P295~P323
のスターファイア・トールへのインタビュー
スターファイア・トールというのは超常統一場理論を発見したとされる。
キーワードは「コア・マトリックス」「タイムシフト」「共存するタイムライン」。
(パラレル・ワールドは完全に肯定している)
タイムラインは無数にある。
脳がどこに焦点を当てているか、が問題だそうだ。
タイムシフトは磁場と関係があるらしい。
検索したが、日本語の本はまだ出版されていない。
彼女は9・11、日本の3・11大震災も事前に警告している・・・・
らしいが、詳しくはWEBでという。
英語を読める方はぜひ!
http://www.starfiretor.com/
お勧め度★★★★☆

« 書評--個人的現実の本質(3) | トップページ | 書評--本当にあった嘘のような話 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/61738733

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--あなたは「時空飛行士」になる:

« 書評--個人的現実の本質(3) | トップページ | 書評--本当にあった嘘のような話 »