« 書評--瞬間ヒーリングの秘密(2) | トップページ | 守護天使はいない? »

2015年6月20日 (土)

書評--マトリックス・リインプリンティング

マトリックス・リインプリンティング―過去を書き換え、未来を変容させる
カール・ドーソン (著), サーシャ・アレンビー (著), 佐瀬也寸子 (翻訳)
\2700 ナチュラルスピリット
量子的手法で人生を書き換えるのはOK。
途中で、この宇宙は量子物理学の説明もある。
その他の説明もOK。
だけど、「タッピングする」P123
って、何?
その説明がないのです。
(これは本文が悪いのか訳者が悪いのか不明)
タッピングは、僕はブレンダ著「すべての望みを引きよせる・・」で知っているけど、
本にはタッピングの説明がない。
これに合う人もいるでしょう。
発想は悪くない。
でも僕には・・・・
お勧め度★★★☆☆

« 書評--瞬間ヒーリングの秘密(2) | トップページ | 守護天使はいない? »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/61770887

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--マトリックス・リインプリンティング:

« 書評--瞬間ヒーリングの秘密(2) | トップページ | 守護天使はいない? »