« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

受験シリーズ(3)

受験しただけの報告をして、その結果を書かないわけにはいきませんね。

本日、「2級食生活アドバイザー」の「不合格通知」が来ました。

不合格の結果に、何の言い訳もしません。
ただ、昔、「ライセンスフォーラム」のスタッフだった頃は、次に受験する人のために、「どうして不合格になったのか」を説明していたので、リクエストがあれば、受験分析結果をここに書きます。
さあ、次は明後日の「ビジネスコンプライアンス」試験です。

2015年7月27日 (月)

書評--光のラブソング

光のラブソング
メアリー スパロウダンサー  (著),, 藤田 なほみ (翻訳)
明窓出版 \2376
amazonの中古が¥1-。買いです!
amazonのレビューで
>「聖なる予言」「ダヴィンチ・コード」を思わせるテイスト
と書いてあるがそんなものじゃないだろう?
「聖なる予言」ってただの作り話。
でもこの本は真実。
たとえるなら
ジャームズ・トワイマンの「光の使者」
ブランドン・ベイズの「癒しへの旅」
あたりの真実の体験の方が近いと思います。
僕としては、ゲーリー・レナードの「神の使者」や、昔に読んだアダムスキーのUFO体験談などに近いものを感じました。
さて、本の内容ですが、著者が体験する、奇跡の数々、といったところでしょう。
マスターから「宇宙の真実=愛がすべて」も教わります。
最初はスローテンポですが、数十ページを読み進めると、止まらなくなります。
今日午後だけで全450ページ読んでしまいました。
お勧め度★★★★☆
著者のHP(英語のみ)
http://sparrowdancer.com/

2015年7月24日 (金)

受験シリーズ(2)

受けてきました。
「ビジネスマネージャー」(商工会議所主催)
これは、第1回目の試験ということで、問題集などは存在しません。
あるのは「ビジネスマネージャー検定試験」というタイトルの本だけ。
仕方なく、amazonで購入しました。
で、出題。
通常は
「次の中から正しいもの(間違っているもの)を選べという選択肢です。
ところがこの試験は違う。
ア、・・・・
イ、・・・・・・・・
ウ、・・・・・・・
エ、・・・・・・・・・
という記述があって
正しいのはどれか?
A、アとイ
B、アとウ
C、アとイとウ
C、アとエ
なんていう選択肢。
要するに、全部を理解していないと回答できないのでした。
しかも、テキストのいろいろなところから10~20行ばかり引用されていて、ところどころが穴埋めみたいな選択肢。
こりゃ、テキストをくまなく読んで、しかも覚えていないと回答できませんね。
ということで、感覚的には合否のボーダーライン上です。
結果待ちですね。

2015年7月15日 (水)

書評--『奇跡のコース』を生きる実践書

『奇跡のコース』を生きる実践書―奇跡を目撃し合い、喜びを分かち合う生き方
香咲弥須子 (著)
ナチュラるスピリット ¥1500
この方はシリーズでACIMの解説書を書いていますね。
僕は、初めて著者の本を読みました。
これは著者が初めて?東京で公演したときの記録のまとめです。
amazonの評価は、ACIM支持者が全く2つに分かれています。
僕の評価としては、ACIMのように暗くならない。辛くならない。
ACIMの一番の問題は「この世は幻想だから意味がない」として、幸せを追っていることさえ意味がないようにたたみかけていることです。
(まあ、物質世界が幻想、という前提ですから、その世界で幸福を求めるのは否定されるのでしょう)
というのに対して、この著者は「ホーリー・スピリット」にお願いすれば、幻想の世界の苦しみから抜け出して、そのあとには喜びが広がっている、と言います。
「他人は存在しない」と言い切って、だから他人から言われたことなど、気にしない、というか、そもそも存在しないのよ、と。
P214からは講演記録でなく、著者のオリジナル文章のようです。
結構、説得力あるかも。
お勧め度★★★★☆

2015年7月13日 (月)

書評--スーパーセルフ

スーパーセルフ―知られざる内なる力 (ポイエーシス叢書) 単行本 – 1994/2
イアン ウィルソン  (著), Ian Wilson (原著), 池上 良正 (翻訳), 池上 冨美子 (翻訳)
\3024 未来社
--amazonの中古が¥209-
タイトルは、スピリチュアルな世界でいうハイアーセルフ、心理学でいうところの潜在意識であろう。
この本は輪廻転生を肯定してはいない。
が、観点は別のところにある。
催眠法で過去世を語ったように見えるクライエントが、実は昔読んだ本の内容を、「スーパーセルフ」が詳しく覚えていて、それを再生している、とする。
いくつもの転生を語っても、記憶の隅にもない被験者が、じつは歴史書をパラパラとめくっただけなのだが、それを「スーパーセルフ」が、刻銘に覚えている、という視点である。
つまり、その「スーパーセルフ」の素晴らしさを説明しようとしている本がこの本の内容。
魚鱗癬(皮膚が魚のうろこのようになってしまう病気)患者が、催眠術の視覚化治療を行った後に、
数日できれいになおってしまう、という説明もある。
自閉症患者が、ちょっとみただけの建物を、後になって正確に絵にするとか、一度聞いただけのピアノ曲を、全く間違わずに弾く。
何年何月何日は何曜日、と即座に数百年を答えられる、という例もある。
数学の天才の例。
7歳のとき、同じ数どうしを掛け合わせて998001になるのは?
答えは4秒後、「999」と答えた。
8歳のとき、106929の平方根を聞かれて、即座に327と答えた(P87)
同じような天才の例。
365365365365365365×365365365365365365
を1分以内で正確に答えた。
著者自身の体験としては、ダウジングを肯定するという文章もある。
ようするに、人間が持つ潜在能力、これを解放すれば、可能性は無限である、ということである。
お勧め度★★★★☆

2015年7月12日 (日)

受験シリーズ

カテゴリー改め、タイトルを受験シリーズにしました。

(ブログの更新をさぼっているのでなく、試験を受験している、ということで)
本日、「食生活アドバイザー2級」を受験してきました。
前のファイナンシャルプランナーは問題集の数も多かったのですが、
この試験は最新の問題集がなく、10年前のもの3冊ほどで勉強するしかありませんでした。
結果:やはり10年前より難しくなっています。
公式テキストだけは最新のものを購入したのですが、その重箱の隅をつつくような問題が出て(3年前に感じたメンタルヘルス2級のような感覚--要するに問題集があまりないので問題練習ができないのです--僕の勉強法はテキストをひととおり読んだら、問題を数こなすことですから)、初めてみた問題も相当の割合で出題されており、・・・うーん、結果待ちですね。

2015年7月 6日 (月)

奥様は霊能者(37)の4

先月受験した、「サービス接遇検定2級」

本日、試験結果と一緒に、合格証が送られてきました。

ということで、我が家は「サービス・接遇」も大丈夫です。
・・・って、だんだん「奥様は霊能者」というタイトルとは違う話題になっているが・・・・
まあ、僕のブログですので、何を書いてもよろしいでしょう?
次の受験は7月12日の「食生活アドバイザー」です。
これで食生活についてもアドバイスできる?

2015年7月 3日 (金)

奥様は霊能者(37)の3

本日、試験結果と一緒に、3級FP技能士の免状が送られてきました。

学科:60点中53点正解
実技(個人資産相談業務):50点中43点。
結果:合格
ということで、今日から僕は「ファイナンシャル・プランニング技能士」です。
お金の相談(借金の相談ではない!--お金の使い方ね)もOKです。
スピリチュアル以外も相談に乗れることが増えました。
次は9月の2級を受けます。
その前に来週に「食生活アドバイザー」の受験があるが。
by 3級FP技能士(法律で、技能検定に受かっていないものは”技能士”を名乗れない)

2015年7月 2日 (木)

書評--シンクロニシティ

シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅
フランク ジョセフ  (著), 宇佐 和通 (翻訳)
\1994ベストセラーズ
amazonの中古が¥50-。買いです!
このところ「奇跡」なんていう本を続けて読んでいますが、
これも良いですね。
”まさかの出来事”の紹介ばかりで1冊のできあがり。
本当にシンクロニシティってあるのだ、と確認できます。
お勧め度★★★★☆

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »