« 書評--今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる | トップページ | 書評--感涙食堂 »

2015年8月10日 (月)

書評--タオ心理学

タオ心理学―ユングの共時性と自己性
ジーン・シノダ・ボーレン著
春秋社 ¥1450
絶版:amazonの中古で¥1000-
あと2週間後に「心理学検定」を受けますので、その関連というわけで・・・
ちょっと前に紹介した「シンクロニシティ」と同じ系列なのだが、
これはタイトルのとおり「タオ」=道(道教)などの東洋的な考え方も入っている。
おまけに著者名からわかるとおり、日系アメリカ人。
で、ユング派の心理学者です。
ということで、単に共時性の説明にとどまらず、ESPや易などに言及しています。
そういう意味では類書はあまりないでしょう。
宇宙と自分がつながっている、というのも心理学の中では一番スピリチュアルですね。
お勧め度★★★★☆

« 書評--今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる | トップページ | 書評--感涙食堂 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62056012

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--タオ心理学:

« 書評--今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる | トップページ | 書評--感涙食堂 »