« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

受験シリーズ(4)の3

本日、心理学検定の結果通知が到着しました。
検定概要
http://www.jupaken.jp/preface/summary.html
より
「試験は、心理学の10科目(A領域5、B領域5)について行われ、
A領域の5科目、B領域の5科目の10科目すべてに合格すると「特1級」が、
A領域の4科目を含む合計6科目に合格すると「心理学検定1級」が、
A領域の2科目を含む合計3科目に合格すると「心理学検定2級」が取得できます。
A領域:原理・研究法・歴史 / 学習・認知・知覚 / 発達・教育 / 社会・感情・性格 / 臨床・障害
B領域:神経・生理 / 統計・測定・評価 / 産業・組織 / 健康・福祉 / 犯罪・非行」
ということで、医学や生理学を含む6科目目と大学レベルの統計学を含む科目7は受験せず。
のこり8科目(受験できる科目の上限)を受けました。
結果:A領域2科目(科目1、2)B領域(科目8、9)が合格し、無事に「心理学検定2級」の合格証が届きました。
不思議なのは、偏差値48と表示されているもののうち、1科目が合格、2科目が不合格だったことです。
ともあれ、「キーワード」を2回と問題集を流し読みしただけで、2級に合格できたのはラッキーでした。

2015年9月25日 (金)

受験シリーズ(8)

本日、自衛消防技術認定試験を受けてきました。

これは東京都の条例で、一定以上の建物に置くことが義務化されている資格です。
これまで「消防設備士全種類持っているのに、どうしてさらに消防資格が必要なのだ?
天下り消防官僚を養うための資格か?」と受験しないできましたが、失業保険が切れるまでの最後の期間、ちょうど適当な他の資格試験がなかったので受験。
午前中の「学科」は、まったく勉強しなくてもOK。
午後の「実技」は予想外の泡消火設備その他が出題されたので、結果不明。
さて、来週の公害防止管理者で、今回のシリーズは最後となります。

2015年9月24日 (木)

書評--夢の捨て方

夢の捨て方
夢捨て応援委員会 (著)
泰文堂 \1200
amazonの中古が¥1-
これは「夢をあきらめろ」という本ではありません。
本当の自分の夢なら良いのだけれど、世間の価値観に合わせて、出世や金儲けになるような夢は捨てた方が、生きるのがずっと楽になる、という内容です。
38の見出しがありますが、3つほど紹介しましょう。
03 「目標は高く!」はウソ
08 成功者を見習うな
18 やりたくないことは、やらなくていい
ということで、興味がある方は読んでみてください。
お勧め度★★★☆☆

2015年9月23日 (水)

書評--僕が僕に還る旅

僕が僕に還る旅
森津 純子 (著)
\1700 アートヴィレッジ
amazonの中古が¥49-
輪廻転生を物語風にしたもの。
生まれてくる前にあちらの世界で次の人生の課題を決めてくる。
というストーリー。
普通の輪廻転生と異なるのは著者がホスピス医であるということで、ホスピスの話も出てきます。
この関係の本を読んできた僕には特に新しい情報はなかった。
なぜなら、参考文献が
「リビング・ウィズ・ジョイ」
「神との対話」
マイケル・ニュートン
アラン・コーエン
など十数冊。
ほとんど僕が読んでいるものと重なっている。
しかし、関係本を読んでいなければ相当に参考になると思います。
ということで、関係本を読んでいない方ですと
お勧め度★★★★☆

2015年9月22日 (火)

受験シリーズ(4)の2

受験シリーズ(4)の2
受験シリーズ(4)で受験のご報告をいたしましたが、心理学検定は役立たなくなったようです。
これは、これまで法制化されていなかった心理学系の資格が
「公認心理師」という資格になるという・・・・。
僕が受験した心理学検定の結果発表はまだですが、「心理学検定2級」を持っている、と言ってもどれほど説得力があるか・・。
wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%AA%8D%E5%BF%83%E7%90%86%E5%B8%AB
9月19日、第189回国会において、「公認心理師法」が参院本会議で可決、成立
関係URL
http://www.brush-up.jp/article/shikakuj/38/
ということで、大学の心理学科出身でなければ受験資格すらないようですから
無事に3科目くらい合格していて「心理学検定2級合格」といったところで、あまり役立たないのかも知れません。
僕は失業保険のための受験だから良いのですが、付き合いで受験した奥様に申し訳ないです。
ちなみに、先週、ハローワークの基本手当(一般にはこれを「失業保険」という--他にも手当はあります)の手続きに行ったときに
「心理学検定」
「家電製品アドバイザー」
「FP2級技能士」
を受けました(就職のための試験は就職活動になる)と、書いたら
「あなたは一体、何の仕事をやりたいのですか?」と聞かれました。
僕は「就職希望に書いたとおり、”教員・講師・相談員・アドバイザー”などをやりたいのです」と言ったらしぶしぶ納得してくれたようで、とりあえず今回の分はGETできそうです。
次回の指定日(10月9日)までに、自衛消防認定試験と公害防止管理者を受験します。
これは、文句を言われないでしょう。
このブログの読者に覚えておいてほしいのは、受験したらハローワークの窓口で受験票の提示が必要だ、ということです。
(1回目に受験票の提示が求められなかったのは待機期間だったから??--ハローワークによって異なるかも)
真面目に就職活動を行う方には関係ありません。
僕のように、「退職したら、半年間はしばらくのんびりしよう」という方は覚えておいてください。
間違えて採用されたらその後の手当はなし。(期間の1/3を残せば「就職支度金」(残りの日数の手当の60%)は出ます。)
「職業に関する受験は就職活動」とみなされ、基本手当の対象となります。
だとしたら、受験料が安い方が良いです。
特殊無線技士(2級以下)・危険物乙4・測量士補あたりが受験料は安いです。
(僕はこれらは既に取得済みなので、¥9000もする、「家電」とか「FP2級」とか受験しました)
「失業保険」の基本手当が日額¥5000程度なのに、それより高い受験料と交通費をかけて受験しにいくのですから、ハローワークも認めてくれるでしょうね。
次回のハローワークの窓口に行くまで間に合わない、という場合の荒業としては、には「ITパスポート」なんて、受験直前で受験申請できる、なんてあります。
(そういう場合を想定して参考書まで買ってしまった)
・・・・今回はスピリチュアルな話題ではありませんでした。

2015年9月21日 (月)

書評--こんなふうに生きればよかったのか

なんだ! こんなふうに生きればよかったのか わかってる人たちから学ぶ優しいさとりかた
山川 紘矢・亜希子 (著), 牧野内 大史  (著), あさり みちこ (著)
ヒカルランド ¥1444
amazonの中古が¥145
著者名が4人書かれていますが、4人の対談集ですね。
山川夫妻はスピリチュアル系の翻訳で、もう数十冊。
あさりみちこは「さとりをひらくと・・・」などの翻訳、意外と見えない力を感じる能力があるようです。
本の内容は、おおむねスピリチュアルな話ですが、闇の権力などもたくさん出てきます。
一つ、その闇の力が、現代の440HZの音階を作った、ということが気になりました。(P117)
グレゴリオ聖歌の時代の音階だと、人類が覚醒してしまう、ということで、
528HZが本当の音階だそうです。
どんな感じか興味がある方は聞いてみてください。
http://matome.naver.jp/odai/2134053740608056601
お勧め度★★★☆☆

書評--津留さんが、心から伝えたかったこと。

津留さんが、心から伝えたかったこと。
津留 晃一 (著), 清積 恵 (編集), 松浦 英行 (監修)
英光社 ¥1429
amazonでは絶版扱い。
英光社のHPから注文可。
http://www.eikousha.com/tsuru/index.html
著者の講演などをまとめたような本です。(出版は著者の亡くなった後)
基本は
○「今、ここ」がベスト
○良いも悪いもない。
○何が起こってもOK。
○地球でのすべての体験を楽しもう。
○私たちの本質は神。
となると、小林正観と安部敏郎などの著者と重なる部分があるのだが、ちょっと違う。
(「神との対話」がお気に入りだそうです。)
このちょっとの違いが勉強になります。
興味をもたれた方は以下のHPで著者のメッセージをまずは読んでみてください。
前にも紹介した著者のHPのメッセージ(本1冊分あり)
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub3.htm
お勧め度★★★★☆

2015年9月18日 (金)

受験シリーズ(7)

今週の日曜日、

FP2級試験を受験してきました。

さすがに3級よりはだいぶ難しくなっています。
当日の自己採点の結果、
学科:ぎりぎりセーフ?
実技:回答用紙を回収されて、○×問題の欄は回答を控えてこなかったので、採点できず、合格発表まで詳細不明。
いくつか勘違いして回答している問題がありました。
それでも他の問題ができていれば関係ないので、どういう結果でも実力が十分ではなかった、ということになります。
失業保険が切れるまで、あと受験予定は最後の2つ。

2015年9月10日 (木)

受験シリーズ(6)

9月6日。

家電製品アドバイザー試験を受験してきました。
試験場になった法政大学というのも初めていきました。
試験内容ですが・・・
電気製品の原理わかるものの、テキストも中古、問題集も購入していなかったので、最新の用語が含まれているには太刀打ちできませんでした。
結果は1か月後。
今は3日後のFP2級の勉強に忙しいので、簡単ですが、以上。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »