« 受験シリーズ(7) | トップページ | 書評--こんなふうに生きればよかったのか »

2015年9月21日 (月)

書評--津留さんが、心から伝えたかったこと。

津留さんが、心から伝えたかったこと。
津留 晃一 (著), 清積 恵 (編集), 松浦 英行 (監修)
英光社 ¥1429
amazonでは絶版扱い。
英光社のHPから注文可。
http://www.eikousha.com/tsuru/index.html
著者の講演などをまとめたような本です。(出版は著者の亡くなった後)
基本は
○「今、ここ」がベスト
○良いも悪いもない。
○何が起こってもOK。
○地球でのすべての体験を楽しもう。
○私たちの本質は神。
となると、小林正観と安部敏郎などの著者と重なる部分があるのだが、ちょっと違う。
(「神との対話」がお気に入りだそうです。)
このちょっとの違いが勉強になります。
興味をもたれた方は以下のHPで著者のメッセージをまずは読んでみてください。
前にも紹介した著者のHPのメッセージ(本1冊分あり)
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub3.htm
お勧め度★★★★☆

« 受験シリーズ(7) | トップページ | 書評--こんなふうに生きればよかったのか »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62323466

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--津留さんが、心から伝えたかったこと。:

« 受験シリーズ(7) | トップページ | 書評--こんなふうに生きればよかったのか »