« 受験シリーズ(4)の2 | トップページ | 書評--夢の捨て方 »

2015年9月23日 (水)

書評--僕が僕に還る旅

僕が僕に還る旅
森津 純子 (著)
\1700 アートヴィレッジ
amazonの中古が¥49-
輪廻転生を物語風にしたもの。
生まれてくる前にあちらの世界で次の人生の課題を決めてくる。
というストーリー。
普通の輪廻転生と異なるのは著者がホスピス医であるということで、ホスピスの話も出てきます。
この関係の本を読んできた僕には特に新しい情報はなかった。
なぜなら、参考文献が
「リビング・ウィズ・ジョイ」
「神との対話」
マイケル・ニュートン
アラン・コーエン
など十数冊。
ほとんど僕が読んでいるものと重なっている。
しかし、関係本を読んでいなければ相当に参考になると思います。
ということで、関係本を読んでいない方ですと
お勧め度★★★★☆

« 受験シリーズ(4)の2 | トップページ | 書評--夢の捨て方 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62335995

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--僕が僕に還る旅 :

« 受験シリーズ(4)の2 | トップページ | 書評--夢の捨て方 »