« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

奥様は霊能者(38)

低周波被害
本日、奥様と「低周波音」についての集会に参加しました
(低周波音で検索)
家の近くにエコ・キュートが設置され、低周波に被害を受けているようです。
(僕は感じない)
しかし、波動に敏感な奥様は感じているようです。
引っ越し?
しかしながら470万件が現在、エコキュートにしているならどこに転居しても同じだよね、って。
(続きは明日以降書きます)

2015年11月28日 (土)

書評--「なりたい未来」を引き寄せる方法

「なりたい未来」を引き寄せる方法
石原加受子 (著)
¥1500 サンマーク出版
この著者の本は前にも読んだことがあるのだが、amazonのレビューでも書かれているとおり、これまでとはちょっと違う。
基本的には宇宙はホログラム構造となっていて、意思の力で人生を変えることができる、というスタンスです。
しかし、類書にない発想もいろいろ書かれており、1時間、願いをイメージングやアファーメーションしても、残りの23時間をネガティブに過ごしていたら、そちらの方の結果がやってくる、とか、
「引き寄せの法則で“良いことを引き寄せることができる”という力が自分にあるというならば”悪いことを引き寄せている”のも自分であるといえるはずです。にもかかわらず、たいていの人は悪いことが起こったら、これは自分が引き寄せたのではなく「運が悪い」と考えたり、なかには「人が悪い」と相手のせいにしたがる人もいます。」(P96)
お勧め度:★★★☆☆(★4に近いかも)

2015年11月27日 (金)

書評--あなたが生まれてきた意味は?

あなたが生まれてきた意味は?
ローラント キュープラー (著), 賀勢 映里子 (翻訳)
\1000 花風社
中古が¥1-
amazonの解説に「哲学寓話集」とあるとおり、4つの寓話で構成されている。
(著者も3人)
3番目の「夢の泉」なんて、ミヒャエル・エンデが書いたと言われても全く疑わない。
というのも、著者はドイツ人ですから、同じ感覚なのでしょうね。
後ろの解説にも「ミヒャエル・エンデと並ぶ」と書かれています。
「生まれてきた意味」そのものの答えにはなっていないけれど、それなりに読む価値があるメルヘンです。
お勧め度★★★☆☆

2015年11月25日 (水)

書評--ゾクチェンの教え

ゾクチェンの教え―チベットが伝承した覚醒の道
ナムカイノルブ  (著), Namkhai Norbu (原著), 永沢 哲 (翻訳)
地湧社 \1800
ゾクチェンとはチベット仏教の1派。
顕教とも違うし、密教とも違う。
顕教は放棄の道。煩悩や欲望を捨てるために、厳しい就業を繰り返す。
密教は変化の道。地・水・火・風・空の5大元素のエネルギーが現れる、としている。
ゾクチェンはそのどちらでもない。
私たちは、すでに悟っているのだから、それを思い出すだけ、という。
だから修業などは必要ない、という。
仏教への新たなアプローチです。
まとめとして、著者は次の言葉で締めくくっている。
「直接に境地に導き入れよ。
疑いがない境地にとどまれ。
自己解脱の深遠なる悟りの中にとどまり続けるのだ。」P168
お勧め度★★★★☆

2015年11月24日 (火)

書評--人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密

人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密
米山公啓 (著)
祥伝社 \1300
amazonの中古が¥1-
著者は医学博士。
人生には感動が必要ということを、脳科学の立場で書いている。
感動する人は頑張れる。
感動する人はボケない。
自分で行程を決めた旅行のほうがツアーよりも感動する。
ただ、言葉は違うけど「脳にいいことだけやりなさい」マーシー・シャイモフなどの類書とあまり変わらないかも。
類書を読んでいない人には役立ちそう。
お勧め度★★★☆☆

2015年11月16日 (月)

書評--投影された宇宙(3)

書評--投影された宇宙(3)
投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待 
マイケル タルボット著, 川瀬 勝 訳
春秋社 ¥2940
このブログで紹介したのが2009年11月。
久々に読み返しました。
つい先日、フィールド響き合う生命/リン・マックダガートを読み返したので、その続きとしてです。
実際には「フィールド」の方が出版が後。彼女も当然にこの本を読んだことでしょう。
読み返すと、改めて新しき学びが盛り沢山。
物質を超えた存在や、人生の可能性が格段に広がります。
ホログラフを中心に、オーラ・臨死体験・UFO・超能力など、もっともっと人生には可能性があります。
お勧め度★★★★★

2015年11月13日 (金)

フリーエネルギー

これまで、何度も発明され、そのたびに世界の支配者に高額でその特許の「買い取り」を持ちかけられ、拒否すると抹殺されてきた、という噂の「フリーエネルギー」。

宇宙には無尽蔵のエネルギーがある(たとえばダークマター)のだから、そこから取り出すのは難しくはないらしい。
しかし、実用化を阻むものが、権力者だった。
フリーエネルギーが実用化されれば、世界のエネルギー事情や経済が根底から覆されることになる。
原発は要らない。石油も要らない。それらによって富や権力を得てきた一部の(しかしその一部が世界の富の90%を握っている)「裕福層」に富が集中しなくなる。
情報ソース
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1113.html
本当にこういう時代がきたのだろうか?
それともまた何か邪魔が入るのだろうか?

2015年11月11日 (水)

書評--求めるよりも、目覚めなさい

求めるよりも、目覚めなさい
アラン・コーエン  (著)
ダイヤモンド社 ¥1900
前書きによれば「エッセイ集」だという。
たしかにあまりまとまりのない文章だ。
アラン・コーエンの他の本はまあまあなのだが、これは・・・
と、内容を読み進めていくと情報が古そうだ。
最初の発行が1981年とある。
著者のデビュー作のようです。
著者のファンであるならともかく、そうでもなければ
アラン・コーエンは他の書籍の方が良いでしょう。
お勧め度★★★☆☆

2015年11月 9日 (月)

書評--スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳)
\1600 大和書房
amazonのレビューが240件も書かれているので、余計な説明はしません。
心理学や脳科学などの実験データを屈指して
「意思の力」を説明しています。
禁煙したい、アルコールをやめたい、ダイエットしたい、など、止めたい習慣が1つでもある人には参考になると思います。
お勧め度★★★☆☆

2015年11月 7日 (土)

書評--地球からの招待状

【魂のゆりかご】 地球インナーソウルからの招待状 小さな天使たちと共に巡るソウルリーディングの旅 単行本(ソフトカバー) – 2015/5/25
朝陽 櫻 (Text by Asahi Sakura) (著), 長谷川 里佳(Art by Hasegawa Rika) (著)
\1667 ヒカルランド
これ、amazonの評価が高かったので購入しましたが、
「あなたは愛そのものなのです」
「あなたは光なのです」
なんていう散文が続いていて、新しい情報が何もない。
こんな文章なら僕にも書ける。
著者名に入っている長谷川理佳のイラストは--きれいなのだが--全く意味がない。
このイラストを除けば、実質のページは半分。
買って損しました。
お勧め度★★☆☆☆
スピリチュアル的には★3なのだが、僕には新しい学びがなかった。
こういう散文が好きな人には★2だろう。

2015年11月 6日 (金)

書評--ワンネスの青写真(2)

ワンネスの青写真―私は聖ジャーメインなるものである
アシェイマリ マクナマラ (著), 片岡 佳子 (翻訳)
約、1年前にここで紹介した本を読み直しています。
(昨年の11月参照のこと)
この本の最後に
「約束として、これが現実でしかも本当である証拠をあなたに示そう。3日以内に疑いの余地のない体験をつくる」
とありました。
1年前は「体験」はありませんでした。
今回は、本の指示にしたがって、「ここで本をおいて、ゆっくり呼吸しよう」なんていう説明に従ってそのとおりにしました。
すると・・・
奇跡とまでは言いませんが、簡単には生じにくい「体験」がたしかに3日以内にありました。しかも1つではなく。
お勧め度★★★★☆(1年前も同じ)

2015年11月 4日 (水)

書評--迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ

迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ 叡智の伝承者<<ウィズダム・キーパー>>が伝えるマザーアース超深層メッセージ
キーシャ・クローサー、 サアラ (E・Tソウル/宇宙連合メンバー)
ヒカルランド ¥1600
著者は地球に12人しかいないウィズダム・キーパー(叡智の伝承者)だという。
小さい時から、動植物と話をできたり、見えないものが見えたりしたらしい。
基本は「愛」。
すべては愛と感謝。
ということを、新たな視点から書いている。
あなたも地球を守る一員。
あなたが地球の未来を変えられる、と。
第三部は地球の未来。
この本の原著が書かれたのが2011年。
アセンションをほのめかしているのか?
ポールシフトが起こるのか?
いずれにしても、母なるガイアへの愛が大切だと。
前書きで訳者サアラは、大きなシフトをした、と書いている。
エネルギーの流れが大きくかわったそうな。
お勧め度★★★★☆
一部を紹介しているURL
本人動画
http://www.reservestock.jp/events/34800
一部引用URL
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/15447652.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/15451052.html
訳者ブログ
http://ameblo.jp/saarahat/

2015年11月 3日 (火)

書評--内宇宙・外宇宙への旅

内宇宙・外宇宙への旅―元NASA科学者兼飛行士の魂の記録
ブライアン オレアリー  (著), 南山 宏 (翻訳)
廣済堂出版
絶版だが、amazonの中古が¥500ほど。
著者は元天文学者でNASA宇宙飛行士。
その「科学」の世界を疑問視して、「新物理」「新現実」に目を向けようとしてきた自伝的な内容。
キーワードは
至高体験
UFO
古代遺跡
体外離脱
シェルドレイクの仮説
クリーヴ・バクスターの「植物にも意思がある」
など。
たとえば、(これは本には書いていないが)
「サンバガエルの謎―異端の生物学者カンメラーの悲劇
アーサー・ケストラー  (著), 石田 敏子 (翻訳)」
のレポートにもあるように、ダーウィンの進化論を否定する実験をやったものは抹殺される。
歴史学者もアトランティス大陸の文明を否定する。
学者は権威をかさに、これまでの学説を手放そうとしない。
これでは進歩がない。
そう、まさにこれまでの「常識」を覆すときなのだ。
こういう霊的なことに疑問視する方は、著者も同じ立場だったから説得力があるだろう。
※「疑問視」という言葉にとどめているのは、このブログには「否定的」な人は訪れないだろうから。
お薦め度★★★☆☆
 

2015年11月 1日 (日)

書評--死の体験―臨死現象の探究

死の体験―臨死現象の探究
カール ベッカー (著),
\1200 法蔵館
臨死体験の紹介本かと思って購入したら、
古今東西の死生観・浄土観・超常現象などの研究発表だった。
これらを多角的に少しずつ知識を得たい人には良書かも知れない。
お勧め度★★☆☆☆

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »