« 書評--死の体験―臨死現象の探究 | トップページ | 書評--迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ »

2015年11月 3日 (火)

書評--内宇宙・外宇宙への旅

内宇宙・外宇宙への旅―元NASA科学者兼飛行士の魂の記録
ブライアン オレアリー  (著), 南山 宏 (翻訳)
廣済堂出版
絶版だが、amazonの中古が¥500ほど。
著者は元天文学者でNASA宇宙飛行士。
その「科学」の世界を疑問視して、「新物理」「新現実」に目を向けようとしてきた自伝的な内容。
キーワードは
至高体験
UFO
古代遺跡
体外離脱
シェルドレイクの仮説
クリーヴ・バクスターの「植物にも意思がある」
など。
たとえば、(これは本には書いていないが)
「サンバガエルの謎―異端の生物学者カンメラーの悲劇
アーサー・ケストラー  (著), 石田 敏子 (翻訳)」
のレポートにもあるように、ダーウィンの進化論を否定する実験をやったものは抹殺される。
歴史学者もアトランティス大陸の文明を否定する。
学者は権威をかさに、これまでの学説を手放そうとしない。
これでは進歩がない。
そう、まさにこれまでの「常識」を覆すときなのだ。
こういう霊的なことに疑問視する方は、著者も同じ立場だったから説得力があるだろう。
※「疑問視」という言葉にとどめているのは、このブログには「否定的」な人は訪れないだろうから。
お薦め度★★★☆☆
 

« 書評--死の体験―臨死現象の探究 | トップページ | 書評--迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62605837

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--内宇宙・外宇宙への旅:

« 書評--死の体験―臨死現象の探究 | トップページ | 書評--迫り来る地球大変容で <<レインボー・トライブ/虹の民>>に生まれ変わるあなたへ »