« 書評--人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密 | トップページ | 書評--あなたが生まれてきた意味は? »

2015年11月25日 (水)

書評--ゾクチェンの教え

ゾクチェンの教え―チベットが伝承した覚醒の道
ナムカイノルブ  (著), Namkhai Norbu (原著), 永沢 哲 (翻訳)
地湧社 \1800
ゾクチェンとはチベット仏教の1派。
顕教とも違うし、密教とも違う。
顕教は放棄の道。煩悩や欲望を捨てるために、厳しい就業を繰り返す。
密教は変化の道。地・水・火・風・空の5大元素のエネルギーが現れる、としている。
ゾクチェンはそのどちらでもない。
私たちは、すでに悟っているのだから、それを思い出すだけ、という。
だから修業などは必要ない、という。
仏教への新たなアプローチです。
まとめとして、著者は次の言葉で締めくくっている。
「直接に境地に導き入れよ。
疑いがない境地にとどまれ。
自己解脱の深遠なる悟りの中にとどまり続けるのだ。」P168
お勧め度★★★★☆

« 書評--人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密 | トップページ | 書評--あなたが生まれてきた意味は? »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62747986

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ゾクチェンの教え:

« 書評--人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密 | トップページ | 書評--あなたが生まれてきた意味は? »