« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

書評--魂のロゴス

魂のロゴス―宇宙と叡智をめぐる対話
菅原 浩  (著)
\2000 アルテ
「先生」と生徒二人の対話形式で書かれている。
哲学者、ハイデッガーや西田幾多郎やプラトン、
退行催眠、ブライアンワイス、キューブラー・ロス
宗教、唯識、神話などがいきなり出てくるので、馴染みのない人には読みづらいかも知れない。
最初は宗教哲学中心かな?と思って読んでいたが、「悟り」が出てきて、最後には、物質世界を超えたものの案内となっている。
しっかり読めば、かなり良い線を言っている本である。
お勧め度:★★★★☆
===============
2015年も閲覧いただきありがとうございました。

2015年12月25日 (金)

奥様は霊能者(38)の7

昨日は日野市で今年最終の不燃ごみの収集日。

前に書いたライティングディスク付属のガラス板などを捨てました。
また、奥様が「きれいだ」と購入した、すでに枯れてしまった植物の植木鉢を40個ほど捨てました。--って奥様は捨てられないタイプ。
TVドラマ「仁」の世界のように、「(宇宙に対して)もう(清掃しないのは)”わかったから、”あとはどうすれば良い?」という現状なのですよね。
今日は、家の裏の枯れた植物を取りました。(枯れた枝類は今日の「燃えるゴミ」の収集ですから)
あと、何をしようか、と今日は10年間使った時計の分解をしました。
(次に「燃えないゴミ」の収集車が来るのは2週間後なのだが)

2015年12月23日 (水)

書評--世界の大富豪2000人に学んだ 幸せに成功する方法

世界の大富豪2000人に学んだ 幸せに成功する方法
トニー 野中  (著)
\1300 総合法令
これ、類書よりは学ぶことが多いです。
この本で紹介しているのは、普通の「お金持ち」でなく、お金があり、時間もあり、幸せに生きている3%の本当の大富豪のことです。
「見返りは断る」P120
なぜかと言えば、直接相手から見返りを受け取るとその後に受け取るべき「見返り」がなくなるから。
「明るくしているとよいことが起こる」P144
これは原因と結果の逆転の発想ですね。
僕もこれは宇宙の法則に照らし合わせても正しいと思います。
お金持ちは黄色い財布は持たない。P56
うわさの黄色い財布はウソだったようです。
お金持ちは人の悪口などは言わない。
なぜかは意識していなくても、ネガティブな言葉は運を悪くする、と知っているようです。
また、小林正観などと共通なのは、トイレのふたを閉める。
これだけは、だれでも実行できますね。
お勧め度★★★★☆
著者のサイト
http://www.detailsite.com/www.tonynonaka.com

2015年12月21日 (月)

奥様は霊能者(38)の6

我が家の庭の鉢植えは奥様がすべて購入したもの。

すでに枯れてしまったもの多数。--しかしそのまま。
先週の木曜日(燃えないゴミは週1回木曜日)にそんなビニールやらプラスチックの鉢の残骸を数十を収集に出しました。
なぜか、低周波が軽減したようです。
(これが何か、が解明されるところまでは行っていません。植木鉢の整理で音の反響がすこしは減ったのか、本当に風水のせいなのか?宇宙にはフリーエネルギーのような、現代物理学で解明されていないエネルギーがあるから)
しかし、それではまだまだ足りない、ということで、また数日、数十個のプラスチック植木鉢を集めたので、今度の収集日の木曜日に出すべく庭を整理しています。
庭の隅には吹きだまりとなった場所に風で運ばれてきたビニールなど多数。
今日は一所懸命に集めました。
風水(掃除力)だとすれば、分かったことが少しあります。
僕の不要なものを整理してもあまり効果ないが--すでにいくつかやりました--、低周波で苦しんでいる本人-奥様が集めた(今となっては)ゴミを整理するほうが効果がある。
もちろん、理論的なことも考えました。(理工学部出身なので)
植木鉢などの遮蔽物を少しでも取り除いた結果、音波が緩和したのか?など。
ともあれ、工夫してみるしかありません。
いろいろ行動してみて分かったこと。
○10年間使わなかったものは捨てる。
 もったいない、という概念は大切だが、「使うかもしれない」といってとっておいたものは90%使わない。本当に必要ならまた買えばよいでしょう。
○ゴミの吹きだまりになっていた方向からの低周波がひどいです。
 これ、今日、片づけたのでどうなるか?
 ゴミにはネガティブなものを引き寄せる力があるのか?
===========
明日は低周波から逃れるために、「旅行」というより、奥様の安眠のためにどこかに宿泊。
ということで調べました。
湯河原とか、石和とか、街中に宿がある、ということは、すぐ隣に民家がある(つまりエコ・キュートがある可能性がある)ということで、候補外。
海沿い(片側が海ならば民家の可能性の半分が消える)で、そこそこの規模(小さい宿であるなら隣に民家がある--つまりエコ・キュートの可能性があり)ということで、伊豆の海沿いの、そこそこの規模の宿に泊まってきます。
空調機にも低周波があるので、航空写真をみて、「屋上にクーリングタワー(冷却塔)がない」まで確認して、宿を予約しました。
奥様に「安眠」が提供できれば良いのですが・・・
===========
実際に低周波被害の人はこうやって1週間に1度は低周波から逃れるべくそうしているようです。宿泊代なんていうより、安眠が最重要ですから。
僕は加えて「マイナスの風水」を実践しているだけです。
どこまで片付けをせねばならないのだろう?
(年末年始はゴミ収集がお休みになるので、片づけも中断となります)

2015年12月17日 (木)

書評--成功を加速する「そうじ力」

成功を加速する「そうじ力」
舛田 光洋  (著)
\1404 ソフトバンククリエイティブ
amazonの中古が¥1-
著者の本もこれで3冊目。
奥様の”低周波被害”のために、何でもできることはやる、というコンセプトで庭の掃除をしている。
(庭のものは全部、奥様が購入したもの)
「清掃」と「そうじ力」は違う、と著者はいう。
僕なりにつきつめていけば、「掃除をすると運が良くなる」と信じていれば、そうなる、というだけのことなのだが・・・
家の散らかり具合は心を反映している、という。
まあ、それはそうでしょう。
とりあえず、使わなくなった植木鉢(って、プラスチック製の安物)などを、今日は「燃えないゴミ」の日なので4つの大袋に入れて出しました。
(4つの袋のゴミを集めるのに何日かかかった)
昨日は少しは眠れたようだ。
僕は、毎日、何かしら掃除している。
しかし、年末年始はゴミの収集もお休み。
ゴミ収集のタイミングとの兼ね合いだ。
電動のこぎりも買う必要があるかも。(粗大ゴミは処理費用が高いので、細かくカットして燃えるゴミで出す)
お勧め度:
もう「そうじ力」は3番煎じ。1冊目は画期的であったが、掃除関係の本が増えているので、特に評価しない。
近藤何とかはTVのCMにも出ているし。

2015年12月15日 (火)

奥様は霊能者(38)の5

デジタル耳栓ですが、奥様には役立たなかったようです。

低周波だから骨振動で直接きこえてしまうようです。(4000円もしたのに・・・(泣)
ネットでいろいろ検索すると、ヘッドフォンなら低周波カットのソニーとかBOSEのものが、少しは役立つようです。
つまり拾った音の波形と逆の波形を出して、低周波をキャンセルする、という原理。
(耳栓もそういう原理なのだが・・・ヘッドフォンはさすがに高価(¥3万もする)なので、試しに買う勇気がない))
また、同じ悩みの人がブログで書いていたのが、オルゴール(人工音でなくて、実際のオルゴールを録音したもの)で、マスキング効果があった、というもの。
これも奥様に知らせたのですが、ただうるさいだけで寝られない、と・・・。
さて、どうしたものか。
PS
今日も庭の片づけを続けました。
今の僕にできるのはこれくらいだから。

書評--わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?

わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?
井内 由佳 (著)
\1400 総合法令
神様が言ったとはほとんど書いていないような・・・?
書いてあることは、人のためにお金を使うとお金に好かれる、とか、
感謝すると、お金が手に入りやすくなるとか、
どれも小林正観あたりで出てくる内容と同じです。
お勧め度★★☆☆☆

2015年12月12日 (土)

奥様は霊能者(38)の4

話題にしてきた「低周波音」ですが、
僕は何を対応すれば良いのだろう?
ということで、マイナスの風水(すでに以下の本は、このブログで紹介しています)を実践すべく
たとえば
>ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
>カレン・キングストン  (著), 田村 明子 (翻訳)
>ガラクタ捨てれば未来がひらける
>カレン・キングストン  (著), 田村 明子 (翻訳)
>人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
>舛田 光洋  (著)
などを根拠に整理を始めています。
いや、本当に引っ越しするかもしれませんが、470万台という設置件数のエコ・キュートだと、どこへ引っ越ししてもNGかも。
引っ越しした当時はOKでも、給湯器が壊れた家庭がその際ににエコキュートにしたら意味ありません。
ということで、僕ができることは?
今日は庭にある、ゴミを3時間かけて片付けました。(まだまだ、今日整理した2倍ほど残っています)
「整理をすると運が良くなる」?の証明になる?
(僕はいつも「生じることに偶然はない」と言っていますので、これが後にどんな結果になるか?)
いや、それだけではありません。
「デジタル耳栓」というのも注文しました。(これを検索したのも偶然ではない?)
amazon>キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト
低周波を逆の位相でキャンセルする装置だそうです。
これでどういう結果になるか?
また報告します。

2015年12月11日 (金)

書評--読むだけで「見えない世界」とつながる本

読むだけで「見えない世界」とつながる本
K (著)
サンマーク出版 ¥1500
著者名は「K」だけ。
年齢や住所などのプロフィールは全く書かれていない。
ただ、ヘビメタ好きで大学は外国語学部、ちょっと霊能力があるらしい。
内容は本のタイトルと異なり、読むだけで「見えない世界」とはつながれません。
ただし、守護霊・天使・異星人・妖精などの存在は実体験も含めて説明されているので、そういう見えないものの存在を信じていない人には情報としては参考になる。
また、シンクロニシティについても、やはり著者の実例を中心に書かれているので、これもご存じない方には参考になるでしょう。
僕にとって、新しい情報は天使や守護霊は知っているので「異星人」くらいか。
著者のブログ
http://kanazawax.exblog.jp/
お勧め度★★★☆☆

2015年12月10日 (木)

書評--悩みゼロの教え

不完全なまましあわせになろう! なんでも仙人流《悩みゼロの教え》
みやがわみちこ (著)
¥1667 ヒカルランド
2月にここで紹介した
>あなたのよろず悩み事 魂レベルでスッキリ解決 さあ《なんでも仙人》にど~んと聞いてみよう
>みやがわみちこ
の続編。
要するに、この人はチャネラー。
悩みをみんな笑って解決してくれる「なんでも仙人」がついている。
つらい時も、悲しい時も、仙人に考え方の変え方を聞けば、笑って過ごす方法を教えてくれる。
この本の中で、僕が中心だと思うのは、不登校の親の悩み。
「なんでも仙人」は、20年早く地球に生まれてきたこどもたち、という。
ほかの本では、インディゴ・チルドレンとかレインボー・チルドレンとかいう言葉を使っているが、この本では全く使っていない。(だから受け売りではないと思う)
不登校の子どもで悩む保護者には必読?
「現実は一つではないんじゃよ。無数の並行現実が存在しているんじゃよ」(P114)
--って、これは前回の本にも書いてあるが、波動を変えれば、別の”現実”に移行できます。
お勧め度★★★★☆
なんでも仙人HPとブログ
https://www.thd-web.jp/site/nandemosennin/
http://blog.goo.ne.jp/nandemosennin

2015年12月 7日 (月)

奥様は霊能者(38)の3

低周波被害によって引っ越すかどうかはまだ不明ですが、10年間使わなかったものを処分しはじめています。

まずは、オーディオラック。(安物なので、簡単に分解できた--と言っても2時間かかった)
次に、コタツ板とライティング・ディスク。電動のこぎりを借りたので1時間で分解できた。
なんていうことをやっていたので、このブログはあまり書きめませんでした。
でも「マイナスの風水」(家を散らかしたままでは運気が下がるというもの)を少しずつ実践しているせいか、奥様も音があまり聞こえない日も出てきました。
風水のせいか、どうかは不明ですが・・・
もう少し、家を整理したいと思います。
次は電気こたつ。電動ミシン(卓上)。
を処分したいのですが、欲しい方はいらっしゃいませんか?
壁紙新品(家を建てたときの余り)4本くらい。
取りに来ていただける方に無料で差し上げます。
近いうちに、処分するもので・・・

2015年12月 3日 (木)

書評--なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?

なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?
ジョー・ヴィターレ (著), プレシ南日子 (翻訳)
きこ書房 ¥1600
「宇宙スイッチ」「ハワイの秘法」などの著者で、「ザ・シークレット」に登場する著者。
(このブログでも前に紹介しています)
これは、これまでの集大成のような本です。
逆にいえばあまり新しい情報はない。
「許し」「感謝」は奇跡を起こす。
ホ・オポノポノも活用しよう。
などで、著者の本を読んで成功した人の実例なども多数。
著者の本を一度も読んでいなければこれ1冊で良いかも知れません。
お勧め度★★★☆☆
(amazonの中古が安い)

2015年12月 2日 (水)

奥様は霊能者(38)の2

奥様は普通の人には聞こえない声が聞こえて、天使とか守護霊とか会話できるのですが、物質的な、「普通の人」には聞こえない音も聞こえるようです。

「低周波音」
これで検索してください。
被害がたくさんあるようです。
ただし、普通の人には聞こえないので政府はおろか、日弁連さえも相手にしないという、集会での話でした。
エコキュート・風力発電の風車の低周波・工場・空調などの低周波、交差点でのアイドリングなどたくさんあるようです。
これ、どうする?
奥様は逃げだしたいというので、僕は今の家は「終(つい)の棲家」だと思っていたのですが、「引っ越ししても良い」と結論しました。
奥様が苦しむ姿を見たくないから。
しかしながら、エコキュートの普及率は470万世帯。
計算すると、マンションなどの集合住宅を除くと5~6件に1件は、すでにエコキュートなのです。
だから、どこにでも「低周波」はある。
エコキュートがない、イナカに風力発電があったりする。
「普通の人」は聞こえないのでそういう被害は相手にしない。
どうする?という状況です。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »