« 奥様は霊能者(38) | トップページ | 書評--なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか? »

2015年12月 2日 (水)

奥様は霊能者(38)の2

奥様は普通の人には聞こえない声が聞こえて、天使とか守護霊とか会話できるのですが、物質的な、「普通の人」には聞こえない音も聞こえるようです。

「低周波音」
これで検索してください。
被害がたくさんあるようです。
ただし、普通の人には聞こえないので政府はおろか、日弁連さえも相手にしないという、集会での話でした。
エコキュート・風力発電の風車の低周波・工場・空調などの低周波、交差点でのアイドリングなどたくさんあるようです。
これ、どうする?
奥様は逃げだしたいというので、僕は今の家は「終(つい)の棲家」だと思っていたのですが、「引っ越ししても良い」と結論しました。
奥様が苦しむ姿を見たくないから。
しかしながら、エコキュートの普及率は470万世帯。
計算すると、マンションなどの集合住宅を除くと5~6件に1件は、すでにエコキュートなのです。
だから、どこにでも「低周波」はある。
エコキュートがない、イナカに風力発電があったりする。
「普通の人」は聞こえないのでそういう被害は相手にしない。
どうする?という状況です。

« 奥様は霊能者(38) | トップページ | 書評--なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか? »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62795521

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(38)の2:

« 奥様は霊能者(38) | トップページ | 書評--なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか? »