« 書評--イメージは物質化する | トップページ | 書評--「引き寄せの法則」を生かす鍵 »

2016年1月22日 (金)

書評--1日1分ではてしなく幸せになる本

1日1分ではてしなく幸せになる本
あおぞら きりん  (著)
¥1200 ぶんか社
絶版だがamazonの中古が¥1-
1日1分の意味は、一つの文章が1分で読めるくらいの分量だというところか。
半分は、成功者の書いた本を少しずつ紹介している。
(約30冊)
残りの半分は感謝しろとか掃除をしろとか。
要するに著者が読んだ本の感想の寄せ集めといったところ。
逆に、成功本・幸運本とかの類で、どれを読もうかと迷っているひとには指針になるかもしれません。
お勧め度★★☆☆☆

« 書評--イメージは物質化する | トップページ | 書評--「引き寄せの法則」を生かす鍵 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63102400

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--1日1分ではてしなく幸せになる本:

« 書評--イメージは物質化する | トップページ | 書評--「引き寄せの法則」を生かす鍵 »