« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

書評--天使伝説

天使伝説
パオラ ジオベッティ (原著), 鏡 リュウジ (翻訳)
\2200 柏書房
この本の発行は20年ほど前だが、歴史的な天使伝説が中心なので、内容が古いというわけでもない。
聖書に記述されている天使の部分の引用・紹介から始まって、スウェーデンボルグ(って、死後の世界だけでなく、かなりの科学者だったのですね)、ユング、ルドルフ・シュタイナー、などの有名人から、一般の人が天使に助けられた奇跡や目撃例が紹介されている。
天使について、資料的な本。
ジャーナリストらしい格調高い文章。
お勧め度★★★☆☆
amazonの中古が¥27~

2016年1月28日 (木)

書評--NHKスペシャル 超常現象

NHKスペシャル 超常現象―科学者たちの挑戦
梅原 勇樹 (著), 苅田 章 (著)
\1728 NHK出版
これはNHKが2年ほど前に放映した番組を書籍化したものらしい。
(youtubeでも検索できる)
テレパシーや生まれ変わりを、頭から否定することなく、そういう研究者たちにインタビューしたりして、実証しようという、スペリチュアル派から見ても真面目な番組だったらしい。
お勧め度★★★★☆
(僕は文章で読んでしまったが、映像もお勧めのはず。最初の「幽霊」はオカルト的だが、第2章からはスピリチュアル的))

2016年1月27日 (水)

書評--奇跡はいつも起きている

奇跡はいつも起きている
相川 圭子 (著)
\1400 大和書房
この著者の本だけはよく目にするので、気になっていた。
とりあえず、タイトルに惹かれてこの1冊を購入。
カルマが中心に述べられている。
良いことをすれば良いカルマが生じ、逆もまた同じ。
途中からディクシャの宣伝になっている、と思うのは僕だけか?
現在、ヒマラヤ秘教でディクシャを行えるのは著者ともう一人だけ、という。
(ディクシャというのはカルマの解消の伝授のようなもの。)
・・・って、待てよ。デクシャで解消してしまえるなら、因果律はどうなの?
お金を払えば解消できるカルマって何?
それともその解消さえ、カルマの結果?
ところで、ディクシャの料金がどこにも書かれていないのはどうして?
著者のHP
http://www.science.ne.jp/
に限らず、ネット検索しても見つからないんだよね。
お勧め度★★☆☆☆

書評--魂が喜ぶ生き方

愛・感情・ソウルメイト 魂が喜ぶ生き方 宇宙の法則がわかれば、人生は劇的にうまくいく
佐藤友美 (著)
\1400 徳間書店
著者はチャネラーらしい。
この本は、ただの「宇宙の法則」本とは異なる。
人生に起こることは良いことも悪いことも、生まれる前に決めてきたのだから、魂の成長のための出来事、としている。
つまり良いことばかりでは魂は成長しないから、悪いことが起こるのも必然、と。
だから全部受け入れないとならないか、というと、そうでもなく、不快な気持ちは、魂が「そっちの方向ではないよ」というシグナルを出しているそうな。
興味がないことも、自分が生まれる前に決めたことだから、無理にやる必要はないし、逆に興味があること・好きなことは、自分の魂の成長のために必要だからそういう気持ちになったのだ。
ということで、最終的には「愛」が目的という結論でした。
お勧め度★★★☆☆
著者のHP
http://blockrelease.net/

2016年1月23日 (土)

書評--究極の旅

究極の旅: OSHO 禅の十牛図を語る
OSHO (著), スワミ・プレム・プラブッダ (翻訳)
\1944 河出書房新社
著者は本を書いていないらしい。
講話を文章になおしたようだ。
amazonのレビューの評価は高いのだが。
全体が散文的で、まとまった文章でない上に日本語ネイティブの訳でないので、非常に読みづらい。
ということで、数十ページまでで投げ出した。
お勧め度:なし・・・全部を読んでいないのでわからない。

書評--神さまに好かれる話

神さまに好かれる話 ―悩みを解消する法則
小林 正観  (著)
\1429 五月書房
絶版だがamazonの中古が¥151-
著者の本の中でも復刊のリクエストが多かったので刊行されたようです。
宇宙を味方につけるには、どんなことがあっても「ありがとう」という。
神様に任せる、と逆説だが良いことがおきます。
そう、宇宙は順序が逆なのです。
感謝すると感謝することが起きる。
ありがとうを1000万回いうと、必然的に「ありがとう」ということがおきる。
ある宿でのエピソード(P128)
「11時以降の入浴禁止」
「風呂は11時までに入ってください」
「風呂は11時までご利用いただけます。」
同じ内容なのだが、感謝の気持ちがあれば必然的に3番目になるだろう、と著者は言う。
次のページに蕎麦屋の話。
「ここは蕎麦屋であって喫茶店ではありません。食べ終わっての私語は禁止します。」
そりゃ100人いれば1人くらいはイヤな客がいるだろう。他の99人はこれを見たらどう思う?
と著者はいう。
僕もラーメン屋を食べ歩いていますから、100件に1件くらいは「私語禁止」なんて書かれている店があります。
二度とその店にはいきません。
美味しいだけでなく、楽しい場を提供するのがラーメン店だと思うから。
「このラーメン美味しいね」という言葉を聞きたくないようなラーメン店は行きません。
まあ、復刊リクエストが多かっただけあって、著者の考える宇宙の法則がよくまとまっているのではないでしょうか?
サブタイトルにあるように「悩み」を解消するヒントがたくさん。
お勧め度★★★★☆

書評--「引き寄せの法則」を生かす鍵

ジャック・キャンフィールドの「引き寄せの法則」を生かす鍵
ジャック・キャンフィールド (著), D.D.ワトキンス  (著), 菅 靖彦 (翻訳)
PHP ¥1500
絶版だがamazonの中古が¥170-
著者は、ザ・シークレットの出演者で「心のチキンスープ」シリーズの著者。
これ、帯にも書いてあるが「引き寄せの法則」入門書としている。
たしかに入門書だが、ひと通りのことは網羅しているので、読みやすい。
中に、否定的な思考習慣を改めるものとして次の3つが紹介されている
○バイロン・ケイティの「ワーク」
https://thework.com/sites/thework/downloads/little_book/Japanese_LB.pdf
(このPDFファイルはよくまとまっている)
○セドナ・メソッド
これは日本語で読める唯一の本が以下のもの。ネットで検索してもそこそこ出てくる。
新版 人生を変える一番シンプルな方法―セドナメソッド
ヘイル・ドゥオスキン  (著), 安藤 理 (監修), 乾 真由美 (翻訳)
○エモーシャル・フリーダム・テクニック(EFT)
EFTで検索すれば結構出てくる
お勧め度★★★☆☆
(入門用としては★4つ)

2016年1月22日 (金)

書評--1日1分ではてしなく幸せになる本

1日1分ではてしなく幸せになる本
あおぞら きりん  (著)
¥1200 ぶんか社
絶版だがamazonの中古が¥1-
1日1分の意味は、一つの文章が1分で読めるくらいの分量だというところか。
半分は、成功者の書いた本を少しずつ紹介している。
(約30冊)
残りの半分は感謝しろとか掃除をしろとか。
要するに著者が読んだ本の感想の寄せ集めといったところ。
逆に、成功本・幸運本とかの類で、どれを読もうかと迷っているひとには指針になるかもしれません。
お勧め度★★☆☆☆

書評--イメージは物質化する

イメージは物質化する 「富を無限に引き寄せる10法則」
ボブ・プロクター (著), 岩元 貴久 (翻訳)
\1500 きこ書房
ザ・シークレットの出演、著者のあたらしい本が出ている、と購入したら、
どうも読み覚えがある文章。
一番後ろに小さくこうある
「本書は「宇宙を見方にしてお金に愛される法則」を改題・再編集したものです」
amazonのレビューにも複数がそのことの批判を書いていた。
皆様は、間違えて重複して購入しないように。

2016年1月21日 (木)

書評--人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵  (著)
\1400 サンマーク出版
これ、タイトルではわからないけど、かなりスピリチュアル。
>人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
>舛田 光洋  (著)
の3倍は良い。
ただの清掃や片付けの本はいろいろあるが、それが幸運にかかわる、というのにまで言及しているからミリオンセラーになったのですね。
>ガラクタ捨てれば未来がひらける
>ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
>カレン・キングストン、 田村 明子
(以上3冊、amazonの中古で¥1-)
はBESTだけれど、日本人向けには今のところBESTか?
物にはエネルギーがあって、たとえば洋服は着られるのを待っている。
購入したけれど、一度も着ない服。
それらを処分するのはもったいない。
でも、それらは「自分には不要」と教えてくれたのです。
だから、もう役割終わり。
そして、そういう服は、着られなければ、処分されるのを待っている。
「いつか使うかもしれない」という「いつか」はやってきません。
著者によると、1件もないとか。
その時に必要なら、別のルートから手に入る。
そもそも、そういう発想は、必要な時に必要なものが宇宙から与えられない、ということです。
リサイクルできるものはリサイクルショップへ。
そうしたら、それが必要なところへ行って、物も喜びます。
○捨てるものを選ぶのでなく、残すものを選ぶのです。
○持ってみて、心がときめくものだけ残すのです。
○残すものはあなたを幸せにするものだから。
 逆に、ときめかないものは、不要です。
 すると、ときめくものだけに囲まれることになります。
うん、そうだよね。
○収納を工夫してはいけません。--ウチの奥さまがやっている--それは物の移動だけで、片付いたことにならない。
著者は若いですが、(2011年現在27歳とのこと)
小学生の時から「片付け」にこだわっているから経験は20年以上ということになります。
だから「片付けの順番」などまで理解しているのでしょう。
============
ということで、マイナスの風水ということで
○ライティング・ディスク
○奥様が「かわいい」と言って買ってきた(もう枯れている)植木鉢、約100個。
 (最近、低周波発生に関わらず眠れるようになったのは、関係するか?)
○我が家を建築の際に、業者の置いて行った余った壁紙(約10巻)--ここでも「もらってくれませんか?」と呼びかけしました。幸い、yahooオークションで¥1-スタートで出品したらもらってくれる人がいました
○植木の水やりホース(奥様が使いづらいというので)
などを処分しました。
ハンディタイプの電動ノコギリも買いました。
(約5000円)
これで、粗大ごみにせずに「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分解できます。
それで、小さな家具(ごみ袋の容量に入らないものも細かくできました)
もちろん、ぼくの蔵書約200冊も処分しました。(まだまだあるから--ここで呼びかけているけど--段ボール1箱もらってほしい。
これで、我が家の、僕の持ちものは、自転車と蔵書(本棚3つぶん)とギターとキーボードくらいになってしまいました。(音楽が好き、って、言わなかったかも)
ちなみに奥様は琴を持っています。
(だから時々、二人でカラオケ行けるんだね)
そして、今、オークションに¥1で出しているのが、もらった「ヒマラヤ岩塩(入浴用)」です。
あと2日残して、まだ、入札者が出ていないので、ご希望の連絡がオークションより早ければ差し上げます。(yahooオークション参照のこと)
卓上ミシン(これは奥様の持ちものだけど処分してかまわないという)も、どなたがいりませんか?

書評--目覚めのレッスン

奇跡を起こす目覚めのレッスン
ジョー・ヴィターレ  (著), 住友 進 (翻訳)
\2000 サンマーク出版
この著者の本はここで何度か紹介した。
この本はその延長の4つの「目覚めに至るステージ」
第1ステージ…犠牲者意識
自分がこのような生活や境遇なのは、職場のせい、社会体制のせい、政治のせい、人のせい・・・・・などと言っている段階がこれ。
つまり、自分は外部の「犠牲者」
第2ステージ…自覚
著者の「宇宙スイッチ」(このブログでも紹介している)の段階
人生におきることは、すべて自分の責任。
ここが、一般の「引きよせの法則」の段階。
だから、ちょっと前に、欲望を満たすだけでスピリチュアルではないのでは?と書いた。
その答えがこの本にあったか。
第3ステージ…ゆだねる
「ハワイの秘法」ホ・オポノポノ
4つの言葉の意味がはじめてわかりました。(って単に僕が忘れていただけ?)
こんな状況が自分の人生に現れて「ごめんなさい」
こんなことが起こってしまったことを「許してください。」
この問題を解決してくれて「ありがとう」
大いなる存在を「愛しています。」
これがクリーニングなのでした。
自分でやることは、イメージングなどでなく、クリーニング。
第4ステージ…目覚め
著者は、この段階を垣間見たので、あらためてこの本を書いたという。
ほかの「悟り」の本の一部程度の内容なのだが、この世に神の一部として生まれてきて、生きる経験ができることそのものに感謝、としている。
1本のペンにも感謝できる。
ペンがあればラブレターも、遺書も、小説も、数学の問題を解くのもできる。
お勧め度★★★☆☆(3以上)

2016年1月20日 (水)

書評--私たちは何者なのか

私たちは何者なのか (アナスタシア ロシアの響きわたるシベリア杉シリーズ)
ウラジーミル・メグレ (著), 岩砂 晶子 (監訳), にしやま やすよ (翻訳)
¥1800 直日
ここでも紹介したアナスタシアシリーズの第5巻です。(2か月前に出版された)
○平和を願う少女が爆弾の写真を見せられ、意識の力で・・・・
○ロシアにエコビレッジが創られる明るい未来を見せられた著者。
その未来はいつ?
「あなた次第」
未来を創造するのは、自分なのだから。
それからすぐに行動すべく、著者が、プーチン大統領に宛てた書簡も公開しています。
○それらの提案に対する質問への著者の回答。
○ロシアでも有名だった?哲学教授のアナスタシア哲学への最高の称賛。
などと続き、
○「アナスタシアは創作?いや、ウラジーミル・メグレそのものが存在するのか?」
というテープが届けられ、著者は・・・・?
◆「ウラジーミル、科学技術社会の生活の中では、人間の意識はこの世界の枠組みと社会通念にとらわれて奴隷と化してしまっている」(P124)
僕もまったく同感だ。
消費税に苦しむ人たちが消費税増税の政策を掲げる政党に、原発の被害に遭った人たちが、原発を推進してきた政党に投票してしまっていてほとんどの人が疑問に思わない。
小選挙区制導入を強行し、死票が沢山出て、民主的な考えが通らない。
多くの人が判断力をなくす教育をされてきたためもある。
教科書検定によって、民主的な記述は削除され、右翼的な社会科教科書がまかりとおる。
===============
私たち一人一人が宇宙を創造しているのです。
お勧め度★★★★☆
(相変わらずすごいです★5つでないのは、途中から公開書簡や質疑応答の文章になっていて、この部分がこんなに必要だかったかな?と思ったため))
http://www.vmegre.com/
著者はこれが唯一の公式HPだとしています。
(偽物が多いのであえて巻末に紹介している)
ただし、ロシア語です。(自動翻訳である程度わかります--英語の自動翻訳より判りやすいようです)

書評--「引き寄せスパイラル」の法則

自分を受け入れた瞬間、何かが起こる! 「引き寄せスパイラル」の法則
奥平亜美衣  (著)
\1512 大和出版
これ、この前に紹介した同じ著者の「引きよせの教科書」と、ほとんど同じ。
どこが違うの?という感じ。
amazonのレビューに「類書と同じ」という批判があったが、それは良いのです。
たとえば数学の教科書なんて、全部「類書と同じ」でしょう?
あとは如何にわかりやすいか?です。
そういう意味では1冊目の「・・・教科書」は判り易かった。
でも、同じ著者が、出版社を変えただけで(著者がこの本で自ら書いているように「1冊目を出したら2冊目のオファーが来た」とか)内容がほとんど同じというのはいただけない。
まあ、細部の語り口は異なるのだが、(しっかり読めば新しい情報もあるのだろうが--僕は途中で投げ出した)やはり、2番煎じ以下という印象が残る。
お勧め度:なし
(単独なら良いのだが、「引きよせの教科書」を読んだら必要なし)

2016年1月19日 (火)

書評--幸せの流れにのる方法

いいことが次から次へと集まってくる 幸せの流れにのる方法
矢野 惣一  (著)
徳間書店 ¥1300
amazonの中古が¥1-
紹介によれば「心理療法」と「成功法則」とを組み合わせたようで。
基本的に女性向き。
第一章は
「理想のパートナーに会うイメージ法」
第二章は
「幸せの流れにのるための4つのステップ」
これは「フロー」とかいていないけどチクセントミハイですね。
第三章は
「心の重荷を下ろす」
これはインナーチャイルドと書かれていないけど、その自分から自分への癒しですね。
で、ほとんどのページが実際のセラピーなどの順序に沿って、必要に応じて書き込みなどによって、セルフ・セラピーができるようになっています。
下手なセラピストのところに行くよりは、この本1冊でいけるかも知れません。
悩みのある方は(特に女性)読んでみると良いかも。
お勧め度★★★★☆
著者のHPとブログ
http://www.counseling-school.jp/
http://ameblo.jp/mentalconsultant/
ただし、本はお勧めですが、HPを見ると
「問題解決セラピスト養成講座・・6回で¥36万」なんてなっている。
1日¥3万ね。
通常のセミナー(90分参加)で¥7000するようです。
検討されるなら、とりあえず、本を読んでから。

書評--幸せはすぐそばにある

幸せはすぐそばにある
岩元 貴久  (著)
¥1400 サンマーク出版
amazonの中古が¥1-
著者も書いているとおり、通常の成功本とは、趣がことなる。
途中までは子どもたちとのエピソードを交えて解説。
冒頭に「面白くなかった映画のDVDを買いたいか?」というのがある」
もちろん、買わない。
だったら、面白くなかったことを思い出したいか?というのも同じことだろう、と。
引きよせの法則を子どもたちにどう伝えていくか、という教育部分もある。
後半は大人との対話からの学びや、著者が受けたコーチングから学んだことも書かれており、参考になる。
レストランで体験した不愉快なエピソードもある。(P160)
レストランの店員の対応の悪さなのだが、これは僕も個人的に何度か体験している。
いくらネットの評価で味が良くても、「いらっしゃいませ」もなく、こちらから呼ばないと注文を取りにこない店は2度といかない。
お勧め度★★★☆☆(★3、5)
(一度読めば、参考になる箇所はいくつかあると思います。)
amazonの中古が¥1-なので買いでしょうね。

書評--ユングは知っていた

ユングは知っていた―UFO・宇宙人・シンクロニシティの真相
コンノ ケンイチ (著)
¥1500 徳間書店
この著者の本は、これまで何冊か読んできた。
ビートたけし司会の番組で大槻とのやりとりも何度か見た。
死後の世界とかUFOとかオカルト的色彩が強い文章で、どこまで本当なのか?といったところだったが、この本は自分の主張を全面に出さず、ユングの引用を中心にしている(ただし途中まで)
僕自身はユングの本は読んだことがないので、大変参考になった。
ユングは「自伝」の中で「臨死体験」し、宇宙から地球を眺める(後のアポロ宇宙飛行士の見た地球とほぼ同じ)経験を書き、UFOも遺稿に書いている。
大数学者ライプニッツが易経の秘密を解き明かそうとしたのも紹介されている。
(ライプニッツは哲学者でもあり「単子論」(宇宙は一つにつながっている)を書いているし、
y’=dy/dxの微積分の記号の発明者でもある。)
ユングが編み出した言葉「シンクロニシティ」や、量子物理も紹介し、ビッグバン説には否定的である。
一貫性がなく、途中からユングはあまり紹介されないが、巻末の宇宙構造の説明は、なるほど、という一面もある。(証明されていないのだから、正しいかどうかは判らないが、僕も、個人の心と宇宙そのものはつながっていると思う。
P45の、ポーカーの引きの強さの説明は・・・
量子論的には、トランプの一番上のカードが何かは、決まっていない。
次に自分に配られて、表にしたときに、そのカードが何かは決まる。
(これ、「シュレーデンガーの猫」ですね)
引きの強い人が引くと、カードに働きかける力が作用し、有利なカードになる。
ということで、他の著書よりも、客観的に語ろうとしているので読み物としても面白い。
お勧め度★★★★☆
著者は2014年4月他界

書評--「願いをかなえる神様」と100%仲良くなる方法

「願いをかなえる神様」と100%仲良くなる方法
秦由佳 (著)
\1300 大和出版
著者は1990年2月生まれ。若い!
プロフィールによれば、
大失恋をきっかけに成功哲学や心理学を学んだ、という。
どうりで説明に心理学的というか、カウンセリング的なアプローチがあるはずだ。
ということで、通常の「引きよせの法則」と、ちょっと違う。
考え方の方に重点がいっています。
これも「なかみ検索」ができるので、興味がある方はamazonで確認してみてください。
お勧め度:★★★☆☆(うーん、まだ若いのでこれからに期待して★3)

書評--ラッキーな人の法則

ラッキーな人の法則
小杉 俊哉  (著)
\1400 中経出版
絶版だがamazonの中古が¥55-
これは一般的な成功論でなく、300人にアンケートを取った結果の「運のつかみかた」です。
一言でいえば、ラッキーな人は感謝できている、とか「フロー」(ご存じなければチクセントミハイで検索)に乗っているとか、「直観を使う、とかです。
著者は大学の先生なので、こういっDATAを元にしていますので、ある程度、信頼性があります。
そしていろいろな成功者が語る「格言」が随所に。
amazonの「なか見検索」で目次だけでも眺めてみてください。
お勧め度★★★☆☆

書評--招き猫カワヒラくんが教えてくれた幸運の流れに乗る生き方

招き猫カワヒラくんが教えてくれた幸運の流れに乗る生き方
阿部 敏郎  (著)
\1728 角川学芸出版
久々の阿部 敏郎さんの本です。
これは著者が有名になる前のネコとの出会いから、いろいろな人との出会いがあり、その後、有名になるまでの経過を綴ったものです。
ということで、これまでの本のように「いまここ」で悟る、という主張はあまりなく、「出会いはすべて必然」のような感じです。
疑われそうなので、あまり不思議なことを書くのはこれまで避けていた、という著者ですが、
今回は「だからといって事実を曲げるのは本末転倒」だから、これまでになかった不思議な体験もそこそこ盛り込まれています。
とくにネコが好きな方にはおもしろく読めるでしょう。
お勧め度★★★☆☆

2016年1月18日 (月)

書評--精神世界ゼロからのすごい覚醒

元メガバンク管理職が語る 精神世界ゼロからのすごい覚醒 ありがたき宇宙の10倍返し
畠山 晃 (著)
\1574 ヒカルランド
最初は29年間勤めた銀行員を辞めるにいたった自伝的なもの。
それから、タイトルのとおり「精神世界ゼロから」勉強したのだろう。
それらをまとめたようなもの。
カルマの法則・引きよせの法則・輪廻転生etc。
悪く言えば類書に書いてあることばかり。
「すごい覚醒」というのは意味不明。
お勧め度★★★☆☆
スピリチュアル系にあまり詳しくない方には、いろいろ網羅されているので良いかも知れません。
著者のHP
http://arigatou.no.coocan.jp/
ここのレイキよりウチの奥さまの方が安いです。
特に、サードとティチャーは半額以下です。

2016年1月16日 (土)

書評--あなたは、わたし。わたしは、あなた。

あなたは、わたし。わたしは、あなた。
中西 研二  (著)
\1944 VOICE
ところどころに不思議な話が出てきたり、エッセー風の体験談がでてきたり。
ともあれ、途中からヒーリング能力が目覚め、それから10年後には最終的にカルキ・バガヴァン(このブログで前に紹介した「ディクシャ」)にいきついたようです。
ワンネス・ディクシャというのをやっているらしい。
しかし、HPを見てもお値段が出てこない。
いやしの村 東京
http://joy-healing.jp/
と、探していたら、やっと価格表がありました
http://joy-healing.jp/contents/deeksha-ryoukin.html
これだけみるなら高くは感じないのだが・・・??
amazonの書評は少ないので、このHPをゆっくり読むのがわかりやすいでしょう。
お勧め度★★★☆☆

2016年1月15日 (金)

書評--大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言

大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言
西沢泰生 (著)
\1200 かんき出版
この関係ではこのブログでも紹介した
「レジ打ちの女性」
http://www.mobilkubota.com/manabi/236.html
「ひとであふれた駐車場」
https://www.youtube.com/watch?v=eJw-W2Ja1ho
なんてのをはじめ、実話のエピソードが33ですね。
いろいろな話がみんな実話なので、説得力があります。
各エピソードには著者が引用元とした文献の紹介が載っているので
本の案内書としても良いかも知れません。
お勧め度★★★★☆

書評--ザ・パワー・オブ・ザ・ハート

ザ・パワー・オブ・ザ・ハート 人生の本当の目的を探して
バプティスト・デ・パペ (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳)
¥2052 角川書店
「ザ・シークレット」の監督ということで、購入。
>「ハート」のパワーについて語る18人の指導者たち
と書かれていて、ぼくの知っている著者が半分もいれば内容を期待してしまう。
ディーパック・チョプラ
パウロ・コエーリョ
エックハルト・トール
マーシー・シャイモフ
マリアン・ウィリアムソン
ゲーリー・ズーカフ
ニール・ドナルド・ウォルシュ
マイケル・ベックウィズ
ジョン・グレイ
だが、内容は薄い。
「ハート」というキーワードを無理に中心して、「シークレット」のように無理やり構成したつもりが、しょせん、「シークレット」の2番煎じ。
同じ内容を繰り返しているだけで、これといった新しい学びがない。
お勧め度★★★☆☆
(DVDの方は映像つきなので、ちょっと異なるかも知れない)

書評--自分を生きれば道は開ける

自分を生きれば道は開ける―内なる声の導き
サミー高橋 (著)
\1500 明窓出版
amazonの中古が¥1-
タイトルからもっとスピリチュアルな本かと思い購入しました。
中身は、英会話学校の経営者としての体験とか、(著者なりの--自己満足的な)引きよせの体験を綴っただけのものでした。
おまけに教職員組合は否定的だし、文章もまとまりがないし・・
買って損した1冊です。
お勧め度★★☆☆☆(「内なる声」も少しは書かれているのでおまけして★2)

2016年1月14日 (木)

書評--ビジネス書大バカ事典

ビジネス書大バカ事典  – 2010/5/21
勢古 浩爾  (著)
\1600 三五館
珍しく発行年月日を入れているのは、その後の本についてのコメントが含まれていないからです。
amazonの「なか見、検索」でどんな本が批判されているのか調べてみてください。
このブログでも紹介している、本田健、小林正観、「鏡の法則」、斉藤一人、「ありがとう・・・」、D・カーネギー「人を動かす」などがすべて否定されている。
要するに、批判のための批判みたいな本。
しかし、それだけではこの本は紹介しない。
全部が否定でなくて、後ろの方に「読むなら、経営者の自伝」とある。
だから自己啓発に興味があって、最初の批判を前提にマユツバでいろいろ読むなら、参考の1冊ということです。
お勧め度:なし(人によって異なるでしょう--個人的にこの人の語り口は僕とは合わないのだが)

2016年1月 9日 (土)

書評--「引き寄せの法則」DVDブック(2)

最近、思い当たるのだが、「引き寄せんの法則」って、物質的な世界での欲望を満たすことが中心です。

これって、スピリチュアル?
もちろん、宇宙の法則の1つである、引きよせの法則(≒波動の法則≒共鳴の法則)を知らないよりは知っている方がスピリチュアルに近いけど、それだけでは魂の向上にはほとんど役にも立たないです。
もっと学びとか精神面での拡大とか・・・・
だから、このDVDブックに何となく怪しさを感じるのでした。
どこかのコンサートホールのような雰囲気。
そして、次回はレディー・ガガを呼ぶのが、「出演者」たちの共通の目標とか。

2016年1月 7日 (木)

書評--「幸福磁石」がほしいもんぜんぶ引き寄せた

「幸福磁石」がほしいもんぜんぶ引き寄せた! -会いたい人に会えて、おカネも手に入った奇跡の秘密 単行本 – 2013/8/21
テディ・タカハラ (著)
\1600 ごま書房新社
著者が参考にした本は、大富豪アニキとクロイワ・ショウ、そして「ザ・シークレット」だという。
ザ・シークレットの千数百円のもとでで、1億円を稼いだとのこと。
著者は若干の予知能力あるらしいが、予知と「引きよせ」を混同しているところも。
あとは著者の体験談が長々と続くので飽きてしまって、途中を端折った。
僕が唯一参考になったのは
「引きよせの法則」があるなら「引き離しの法則」もある(P54)くらいか。
ネガティブなことをイメージしてしまったら、「ない。ない。ない。」を3回繰り返すそうな。
お勧め度★★☆☆☆

2016年1月 4日 (月)

書評--「引き寄せの法則」DVDブック

夢をかなえる! 「引き寄せの法則」DVDブック
パム・グラウト (著), 植松 努 (著), さとうみつろう (著), 奥平 亜美衣 (著), Happy (著), & 3 その他
\1000 マキノ出版
1か月前に出版されたこの本。
久し振りに書店に行ったら並んでいました。
半数は僕も知っている著者なので、内容は想像できましたが、DVDの方は?
という感じで、見てみました。
2015年の10月に、これらの著者が集まって、どこかのホールで「引きよせの法則」についてのイベントをやったようです。
ただ、これらのセミナーの内容はほとんどなく(巻末に、その様子のDVDの宣伝が・・・¥6000)
著者たちへの簡単なインタビューで終わっています。
ようするに、¥6000のDVDの宣伝版のようですね。
お勧め度★★☆☆☆

2016年1月 3日 (日)

奥様は霊能者(38)の8

やっぱりあぶない、IH調理器―電磁波の被害を、第二のアスベストにするな
船瀬 俊介  (著)
\1000 三五館
この著者の名前はどこかで聞いたことがある、と思ったら、社会派の環境や食品問題で多くの著書を出している方ですね。
本を読んでいたら「低周波」と同じレベルの問題が、「電磁波」でも起きているのですね。
電磁波被害は知らされない。
しかし、IHクッキングなどのオール電化はCMによって、理想的、と思い込まされているようです。
電磁波の被害は、低周波と同じ。
だが、低周波は感じること(人)がいるのだが、電磁波は感じない。
これが一番の問題。
IH(オール電化)によって、原因不明の頭痛がしたり、体調不良になったり、ストレスが増えたり、発ガン率が10倍以上になったり・・・
ハイブリッドカーなんて電気に囲まれているから危険です。
メーカーの宣伝・原発の普及の利用(原発はすぐには起動できない。--だから夜間の電力を使わせたくてエコ・キュートやIHを使わせる戦略--低周波とIHも同じです。、
IHは安全というが火事になった実例も載っている。
だが、「安全・クリーンなエネルギー」ということで、電気を勧めている。
災害などで、停電になったら何もありません。
そういうことで、我が家では今でもプロパンガスです。--停電になってもお湯は沸かせる。--都市ガスが我が家の敷地までは来ているのですが--中華料理の火力は都市ガスでは出せません
電気というのは、原子力発電の場合、”原子力”で湯を沸かし、タービンを回して発電するため、65%の熱エネルギーが海に捨てられます。
火力発電の場合、「火力」で湯を沸かし、蒸気でタービンを回すので、約8割の「余熱」がムダになります。
さらに、これを熱に変換するとまた75~80%のエネルギーがムダになります。
(by 電気主任技術者資格者)
だったら、最初からガスの熱をそのまま使った方が、地球環境にとっては「エコ」でしょう?
「エコ」という名に騙されないでください。
「エコ・キュート」「エコ・ジョーズ」などの名前です。
我が家にもエコ・キュートの営業マンが来たことがあります。
「ヒート・ポンプですからエコです」
って、日本語になっているのか?
そういう新しそうな言葉を使えば説得できると思っている”非技術系”なのか?
熱力学の法則によって、熱は高いところから低いところに流れます。
(水もそうですね?)
水を、低いところから高いところに送るには「ポンプ」が必要です。
(吸い上げポンプでは10mまでしか送れません--疑問に思った方は質問してくださっても結構)
そこで、押し出しポンプなどで送ります。
熱も同じで、低いところから高いところに送る、には「ヒートポンプ」が必要です。(ヒートとは、「熱」の意味です)
ですので、ヒートポンプなんて、新しい概念でなくて、エアコンに必ず導入されているものです。(真夏にエアコンの室外機から、熱風が出ているでしょう?--室内の「熱」を外に「ポンプ」で送っているのです。
(by 1級冷凍主任資格者--ってもちろん、資格を自慢しているのでなく、ヒートポンプの原理を理解していて、ウソの情報ではない、という意味です)
無資格の営業マンが、長期間の熱エネルギーの勉強をしてきたとは思えないので、おそらくは1~2日間の研修で得た知識で納得してしまって売り歩いているのでしょう。
そして導入するには、約¥100万?
元をとるにはどれほどの期間が?
=====ここまでは良いとして======
ただし、僕としてはこの本に批判があります。
(この本は10年前のものなので、今は著者が気づいている可能性もあります--東日本大震災の前)
家庭用コージェネというのがあります。
「エネ・ファーム」とかいうやつですかね~??
オール電化が危ないなら「コージェネ」にしてみては?という提案です。(P78)
「co」というのはコミュニケ-ションとか、コーポレーション、コミュニケーションなどの接尾語。(すまん、英和辞典でアルファベットを確認する余裕がない)
つまり「共通の」という意味です。
ジェネというのは「ジェネレーション」という意味で、創造する・新たに作る、というような意味です。
つまり電気以外に2つ以上のものを作るのが、「コ」「ジェネレイト」
2つ以上とは、電気・温水・蒸気です。
車を運転する方はラジエーターを思い浮かべていただければ、おわかりになると思うのですが、エンジンの熱を冷やすためにラジエターがあります。
ずっと運転するとラジエターの中が高温になります。
その熱を利用して、家庭でも温水や蒸気も作ってしまおう、ということで、火力発電所から送られてくる電気と比較したら、自宅で発電してその余熱を利用してしまおう、というのですから、通常は「エコ」でしょう。
しかし、「低周波」の視点からすると、これも危険です。
ゆっくり流れる「温水」や「床暖房」ですから「低周波」の発生源となります。

書評--霊魂との交流

霊魂との交流-死後の世界を解明する- (未験選書15)
ミヘネ・ゴンザレス・ウィプラー (著), 北島 恵理 (翻訳)
\1200 心交社
このシリーズは「未験選書」というもので、チャクラ・風水・占星術などを紹介している。
そのうちの15番目のこの本は「WHAT HAPPENS AFTER DEATH」という原書タイトルなので、日本語タイトルではちょっと内容が異なっている。
第一部は様々な輪廻転生についての紹介やら考察。
(このあたりは類書にもいろいろ書かれている)
第二部は類書にない、転生を繰り返しながら、魂の成長の物語。
肉体は何ども脱ぎ捨てるが、魂は一度ずつの転生で、ある課題を学び、また次の人生では、別の課題を・・・・・
というテーマでできあがった(著者は特に構想もなく自然にできあがった、という)スケールの大きいストーリー
お勧め度★★★☆☆
ただし、現在は絶版でamazonの中古が¥1万以上するので、古書店で安くみつけたらゲットすればよろしいでしょう。

2016年1月 2日 (土)

書評--「引き寄せ」の教科書

「引き寄せ」の教科書: スッキリわかる!「思考が現実化する」しくみと方法
奥平 亜美衣  (著)
¥1800 アルマット
これ、わかりやすい。
僕が100冊以上読んでたどりついたところを、1冊でうまく説明している。
ジョン・ディマティーニやヒックスなどより解りやすい。
ヒックス夫妻の本を読んで、自分なりに試行錯誤したり工夫していたことをたどって書いているので、西洋的思考がなく、日本人にはすっきりするのだろう。
レビューの批判の中には「いきなりイルミナティと言われても・・・」なんてあるものもあるが、「イルミナティ」とか「放射能」は避けて通れないですからOKでしょう。
著者は繰り返し、全部をこの本のとおりにする必要はない。
できる範囲で、ほんのちょっとずつポジティブにしていければ良い、と言っているのも賛同できます。
お勧め度★★★★☆
(今年の読み始めはこれにしたら?)
著者のブログ
http://ameblo.jp/everything-is-all-right/
============
ということで、明けましておめでとうございます。
2016年がこれまでで最幸の年になりますように。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »