« 書評--目覚めのレッスン | トップページ | 書評--イメージは物質化する »

2016年1月21日 (木)

書評--人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵  (著)
\1400 サンマーク出版
これ、タイトルではわからないけど、かなりスピリチュアル。
>人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
>舛田 光洋  (著)
の3倍は良い。
ただの清掃や片付けの本はいろいろあるが、それが幸運にかかわる、というのにまで言及しているからミリオンセラーになったのですね。
>ガラクタ捨てれば未来がひらける
>ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
>カレン・キングストン、 田村 明子
(以上3冊、amazonの中古で¥1-)
はBESTだけれど、日本人向けには今のところBESTか?
物にはエネルギーがあって、たとえば洋服は着られるのを待っている。
購入したけれど、一度も着ない服。
それらを処分するのはもったいない。
でも、それらは「自分には不要」と教えてくれたのです。
だから、もう役割終わり。
そして、そういう服は、着られなければ、処分されるのを待っている。
「いつか使うかもしれない」という「いつか」はやってきません。
著者によると、1件もないとか。
その時に必要なら、別のルートから手に入る。
そもそも、そういう発想は、必要な時に必要なものが宇宙から与えられない、ということです。
リサイクルできるものはリサイクルショップへ。
そうしたら、それが必要なところへ行って、物も喜びます。
○捨てるものを選ぶのでなく、残すものを選ぶのです。
○持ってみて、心がときめくものだけ残すのです。
○残すものはあなたを幸せにするものだから。
 逆に、ときめかないものは、不要です。
 すると、ときめくものだけに囲まれることになります。
うん、そうだよね。
○収納を工夫してはいけません。--ウチの奥さまがやっている--それは物の移動だけで、片付いたことにならない。
著者は若いですが、(2011年現在27歳とのこと)
小学生の時から「片付け」にこだわっているから経験は20年以上ということになります。
だから「片付けの順番」などまで理解しているのでしょう。
============
ということで、マイナスの風水ということで
○ライティング・ディスク
○奥様が「かわいい」と言って買ってきた(もう枯れている)植木鉢、約100個。
 (最近、低周波発生に関わらず眠れるようになったのは、関係するか?)
○我が家を建築の際に、業者の置いて行った余った壁紙(約10巻)--ここでも「もらってくれませんか?」と呼びかけしました。幸い、yahooオークションで¥1-スタートで出品したらもらってくれる人がいました
○植木の水やりホース(奥様が使いづらいというので)
などを処分しました。
ハンディタイプの電動ノコギリも買いました。
(約5000円)
これで、粗大ごみにせずに「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分解できます。
それで、小さな家具(ごみ袋の容量に入らないものも細かくできました)
もちろん、ぼくの蔵書約200冊も処分しました。(まだまだあるから--ここで呼びかけているけど--段ボール1箱もらってほしい。
これで、我が家の、僕の持ちものは、自転車と蔵書(本棚3つぶん)とギターとキーボードくらいになってしまいました。(音楽が好き、って、言わなかったかも)
ちなみに奥様は琴を持っています。
(だから時々、二人でカラオケ行けるんだね)
そして、今、オークションに¥1で出しているのが、もらった「ヒマラヤ岩塩(入浴用)」です。
あと2日残して、まだ、入札者が出ていないので、ご希望の連絡がオークションより早ければ差し上げます。(yahooオークション参照のこと)
卓上ミシン(これは奥様の持ちものだけど処分してかまわないという)も、どなたがいりませんか?

« 書評--目覚めのレッスン | トップページ | 書評--イメージは物質化する »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63100225

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生がときめく片づけの魔法:

« 書評--目覚めのレッスン | トップページ | 書評--イメージは物質化する »