« 書評--「引き寄せ」の教科書 | トップページ | 奥様は霊能者(38)の8 »

2016年1月 3日 (日)

書評--霊魂との交流

霊魂との交流-死後の世界を解明する- (未験選書15)
ミヘネ・ゴンザレス・ウィプラー (著), 北島 恵理 (翻訳)
\1200 心交社
このシリーズは「未験選書」というもので、チャクラ・風水・占星術などを紹介している。
そのうちの15番目のこの本は「WHAT HAPPENS AFTER DEATH」という原書タイトルなので、日本語タイトルではちょっと内容が異なっている。
第一部は様々な輪廻転生についての紹介やら考察。
(このあたりは類書にもいろいろ書かれている)
第二部は類書にない、転生を繰り返しながら、魂の成長の物語。
肉体は何ども脱ぎ捨てるが、魂は一度ずつの転生で、ある課題を学び、また次の人生では、別の課題を・・・・・
というテーマでできあがった(著者は特に構想もなく自然にできあがった、という)スケールの大きいストーリー
お勧め度★★★☆☆
ただし、現在は絶版でamazonの中古が¥1万以上するので、古書店で安くみつけたらゲットすればよろしいでしょう。

« 書評--「引き寄せ」の教科書 | トップページ | 奥様は霊能者(38)の8 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/62994629

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--霊魂との交流:

« 書評--「引き寄せ」の教科書 | トップページ | 奥様は霊能者(38)の8 »