« 書評--ユングは知っていた | トップページ | 書評--幸せの流れにのる方法 »

2016年1月19日 (火)

書評--幸せはすぐそばにある

幸せはすぐそばにある
岩元 貴久  (著)
¥1400 サンマーク出版
amazonの中古が¥1-
著者も書いているとおり、通常の成功本とは、趣がことなる。
途中までは子どもたちとのエピソードを交えて解説。
冒頭に「面白くなかった映画のDVDを買いたいか?」というのがある」
もちろん、買わない。
だったら、面白くなかったことを思い出したいか?というのも同じことだろう、と。
引きよせの法則を子どもたちにどう伝えていくか、という教育部分もある。
後半は大人との対話からの学びや、著者が受けたコーチングから学んだことも書かれており、参考になる。
レストランで体験した不愉快なエピソードもある。(P160)
レストランの店員の対応の悪さなのだが、これは僕も個人的に何度か体験している。
いくらネットの評価で味が良くても、「いらっしゃいませ」もなく、こちらから呼ばないと注文を取りにこない店は2度といかない。
お勧め度★★★☆☆(★3、5)
(一度読めば、参考になる箇所はいくつかあると思います。)
amazonの中古が¥1-なので買いでしょうね。

« 書評--ユングは知っていた | トップページ | 書評--幸せの流れにのる方法 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63089699

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--幸せはすぐそばにある:

« 書評--ユングは知っていた | トップページ | 書評--幸せの流れにのる方法 »