« 書評--「引き寄せスパイラル」の法則 | トップページ | 書評--目覚めのレッスン »

2016年1月20日 (水)

書評--私たちは何者なのか

私たちは何者なのか (アナスタシア ロシアの響きわたるシベリア杉シリーズ)
ウラジーミル・メグレ (著), 岩砂 晶子 (監訳), にしやま やすよ (翻訳)
¥1800 直日
ここでも紹介したアナスタシアシリーズの第5巻です。(2か月前に出版された)
○平和を願う少女が爆弾の写真を見せられ、意識の力で・・・・
○ロシアにエコビレッジが創られる明るい未来を見せられた著者。
その未来はいつ?
「あなた次第」
未来を創造するのは、自分なのだから。
それからすぐに行動すべく、著者が、プーチン大統領に宛てた書簡も公開しています。
○それらの提案に対する質問への著者の回答。
○ロシアでも有名だった?哲学教授のアナスタシア哲学への最高の称賛。
などと続き、
○「アナスタシアは創作?いや、ウラジーミル・メグレそのものが存在するのか?」
というテープが届けられ、著者は・・・・?
◆「ウラジーミル、科学技術社会の生活の中では、人間の意識はこの世界の枠組みと社会通念にとらわれて奴隷と化してしまっている」(P124)
僕もまったく同感だ。
消費税に苦しむ人たちが消費税増税の政策を掲げる政党に、原発の被害に遭った人たちが、原発を推進してきた政党に投票してしまっていてほとんどの人が疑問に思わない。
小選挙区制導入を強行し、死票が沢山出て、民主的な考えが通らない。
多くの人が判断力をなくす教育をされてきたためもある。
教科書検定によって、民主的な記述は削除され、右翼的な社会科教科書がまかりとおる。
===============
私たち一人一人が宇宙を創造しているのです。
お勧め度★★★★☆
(相変わらずすごいです★5つでないのは、途中から公開書簡や質疑応答の文章になっていて、この部分がこんなに必要だかったかな?と思ったため))
http://www.vmegre.com/
著者はこれが唯一の公式HPだとしています。
(偽物が多いのであえて巻末に紹介している)
ただし、ロシア語です。(自動翻訳である程度わかります--英語の自動翻訳より判りやすいようです)

« 書評--「引き寄せスパイラル」の法則 | トップページ | 書評--目覚めのレッスン »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63094431

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--私たちは何者なのか:

« 書評--「引き寄せスパイラル」の法則 | トップページ | 書評--目覚めのレッスン »