« 書評--クリエイティング・マネー | トップページ | 書評--異次元ワールドとの遭遇 »

2016年2月16日 (火)

書評--運命を書き換える前世療法CDブック

運命を書き換える前世療法CDブック
サンドラ・アン・テイラー (著), 奥野 節子 (翻訳)
\1800 ダイヤモンド社
この本はタイトルのとおり、輪廻転生を前提としている。
カルマのとらえ方は、他の本とちょっと違い、学びのため、としている。
つまり学び終わらなければ、同じ出来事がずっと続く。
つまり、カルマとは、物質的な輪廻転生にかかわらず、魂の学ぶべきこと。
過去世で行ったことが、返ってくる、という単純なものではなさそう。
なお、amazonのレビューで付属CDの評判が悪いが、たしかに、ただの棒読みで、退行催眠という雰囲気ではない。
(最初しかきいていない)
これはナレーター選択ミスでしょう。
(CDの原稿は本文にあるので、自分で録音するのもありでしょう。
お勧め度★★★☆☆

« 書評--クリエイティング・マネー | トップページ | 書評--異次元ワールドとの遭遇 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63221601

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--運命を書き換える前世療法CDブック :

« 書評--クリエイティング・マネー | トップページ | 書評--異次元ワールドとの遭遇 »