«  書評--「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる | トップページ | 書評--「ありのまま」で願いが叶う「魔法の法則」 »

2016年2月 8日 (月)

書評--あなたは、あなたの思うあなたではない

あなたは、あなたの思うあなたではない
アルバート・ゴールデン (著), 黒澤 修司 (翻訳)
\1600 毎日新聞社
この本の推薦者は
・パウロ・コエーリョ 『アルケミスト』著者
・ジェームズ・レッドフィールド『聖なる予言』『第十の予言』著者
なので悪い本のはずがない。と思って購入。
タイトルの意味は「あなたの思うあなた」はエゴの部分であり、その背後にミドルセルフとハイセルフが隠れている、ということ。
エゴを敵とみなすのでなく、仲良く折り合って行け、としている。
ユングのシャドー(影)も出てきます。わたしたちの中には自分と異性のシャドーがいる、ということ。
カルマの法則も紹介し、この世に偶然などというものはない、としています。
しかし、途中から、どこへ訪問してどんな人とどんな会話をした、なんていう紀行文もかなりの割合で出てきて、全体としては、サブタイトルである「本当のあなたと出会う8つのステージ」とはほど遠くなっているような・・・
まあ、できるだけ具体的に書こうとしたのかも知れませんが。
ドリーン・バーチューも「女神の魔法」あたりの本から紀行というか日記帳のような書き方になったのと、似ているかも。
ちょっと期待外れ。
しかし、ハイセルフやカルマの法則をご存じない方には勉強になるでしょう。
ということで
お勧め度★★★☆☆

«  書評--「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる | トップページ | 書評--「ありのまま」で願いが叶う「魔法の法則」 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63181857

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--あなたは、あなたの思うあなたではない :

«  書評--「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる | トップページ | 書評--「ありのまま」で願いが叶う「魔法の法則」 »