« 書評--がんばっても報われない本当の理由 | トップページ | 書評--あなたは、あなたの思うあなたではない »

2016年2月 6日 (土)

 書評--「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる

 ぶり返す! 「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる! ~知られざる「おとなの愛情飢餓」への心理セラピー~ 単行本 – 2013/2/21

古宮 昇  (著)
\1512 すばる舎
怒りや悲しみは子どものときに満たされなかったり、満足できなかったことが原因、という著者の主張。
たしかにインナー・チャイルドに原因がある読者の場合には、この説明はぴったりでしょう。
怒りは愛情の裏返しというのもわかります。
しかし、全部が全部、子どものときに受けた心の傷のせい、というのも・・・・
ディマティーニ・メソッドが効果があると書いている。
(これがまた高額なのですが)
amazonで検索したら、この著者はたくさん本を書いているのですね。
もうネタがなくなる頃のような?
お勧め度★★★☆☆
著者HP
http://noborukomiya.seesaa.net/

« 書評--がんばっても報われない本当の理由 | トップページ | 書評--あなたは、あなたの思うあなたではない »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63173284

この記事へのトラックバック一覧です:  書評--「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる:

« 書評--がんばっても報われない本当の理由 | トップページ | 書評--あなたは、あなたの思うあなたではない »