« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

書評--「太陽の伴星」その存在証明と影響評価

「太陽の伴星」その存在証明と影響評価 地球工学による文明崩壊の回避(超☆わくわく)
イオン・アルゲイン (著)
\1800 ヒカルランド
視えないけれども太陽には「伴星」があって、それが様々な自然災害を引き起こしている、という。
その証拠をピラミッドやらスフィンクスの計測などで解き明かしていく。
というのは本当かウソか、諸説があるので、それは本としての主張ですから良いのです。
しかし、途中で本題を関係ない福島原発に話が変わる。
まあ、それも、津波がくる前に原発の配管が壊れていたのを隠すために、津波のせいにした、というのが真相だ、という。
そんなことを書いていると思えば、PETボトルのリサイクルは税金のムダ、と書いている。
また、大新聞は政府や権力に操作されているから、NHKが新聞を発行すべきという説。
これは賛成できません。
戦争中に大本営発表ということで、敗戦の間際まで戦意を掻き立てて、日本を戦争の道に導いたのがNHK。
著者も書いている福島原発で、ウソの報道をしたのもNHK。
いずれにしても、タイトルが「日本の問題と太陽の伴星」なら良いのだが、
途中から話が全く変わるのはいただけない。
そして著者は日本人でありながら、どうして外国人と思わせるようなペンネームを使ったのか、疑問である。
そもそも、前著
「聖書の暗号はこう言っている 2015年までの経済大激変 日本がとるべき針路を集中解析 」
という本を2011/3/22に出しているが、2015年まで大きな変化がなかったではないか!
お勧め度★★☆☆☆
(それでも★1つにしなかったのは、政府を批判する視点で書いているから)

2016年3月27日 (日)

書評--ムーからのスピリチュアル・ヴィジョン

フォースの超パワー ムーからのスピリチュアル・ヴィジョン スピリットに無限のエネルギーを注ぎ込む隠されたノウハウ(超☆きらきら) (超☆きらきら―フォースの超パワー) 単行本 – 2011/11/15
アントン・ポンセ・デ・レオン・パイヴァ  (著), やよし けいこ (翻訳)
ヒカルランド ¥1600
アトランティスの本と比較するとムーの方が少ないので、数少ない資料となりますか・・・
著者はアンデスの古老から、ムー大陸を含む、宇宙の存在を教わります。
場面は南米チチカカ湖。
基本的にはマスターとのやりとりが中心の記述ですが、マスターが語る言葉は抽象的すぎて、著者が括弧書きで補足しています。
「我々は幸せになるためにこの惑星にやってきた」P220
ただ、この”マスター”が時々イラつくという場面があるので、覚者というより、昔から語り継がれていることを伝承する、ただの人なのでしょうね。
お勧め度★★★☆☆

2016年3月24日 (木)

書評--9・11生死を分けた102分

9・11生死を分けた102分 崩壊する超高層ビル内部からの驚くべき証言
ジム・ドワイヤー  (著), ケヴィン・フリン  (著), 三川 基好 (翻訳)
文芸春秋 \1800
基本的に、ここではスピリチュアル関係の本の紹介しかしないので
他のジャンルの本はここでは紹介していませんが、
○日本政府が1000兆円の借金があってどうなるの?
とか、
○GOLGO13とか、
最近の漫画では
○尾瀬あきら「どうらく息子」
○山本おさむ「そばもん」--あと1冊、20巻で終わる予告。
なんていうのも愛読書です。
で、スピリチュアルでないのですが、(見方によっては、相当にスピリチュアル)
タイトルの本を紹介します。
著者はニューヨーク・タイムスの記者。
9・11の関係者・被害者に300人以上インタビューしたのでしょう。(だから発行が2005年)
※その方に原稿も見せていると思います。
僕の15年前の教育現場での出来事を書こうとした人は、(僕も2時間くらい取材に応じましたが)一人から?クレームがあり、出版がボツになりましたから。
遺族にもインタビューしたとみえて、何例か、最後の電話を綴っています。
「誕生日のサプライズで海外旅行を申し込みしたのだが、生き延びることができなそうなのでキャンセルしてくれ」
これ、飛行機が突っ込んだより上の階で仕事をしていて、逃げる道がない故人との最後の会話です。
著者が、たくさんの人にアポイントメントを取って、遺族にもアポイントメントをとって、その一部です。
(ボツになった原稿はその数倍だと推測します)
その中から、残った原稿をつなぎ合わせて、書いたのがこの本。
実際に9・11のビルの中では何が起こっていたのか?
それを取材だけで繋ぎ合せて一つのドラマに仕上げています。
ビル火災では「タワーリング・インフェルノ」というだいぶ古い映画がありますが、
こちらの本は真実。
これ、時系列で書かれていますので、まるで映画のようです。
文章だけで「タワーリング・インフェルノ」を超えます。
筆者の取材力・文章力など、本当にうらやましい限りです。
帯には「映画化決定」と書かれているのですが、検索しても何の映画かわかりませんでした。
ニコラス・ケイジ主演のやつかな?
お勧め度:★★★★★

2016年3月22日 (火)

書評--望みはかなうきっとよくなる

望みはかなうきっとよくなる
村上 和雄 (著)
¥1620 海竜社
著者の「生命の暗号」という本を、だいぶ前に読みましたが、それを、最新の研究を混ぜて、遺伝子の可能性を説明しています。
「幸福の暗号」という本もありますが、ともあれ、頑張れば?遺伝子がスイッチオンになるということです。
著者の研究の集大成的な本かも知れません。
逆に言えば著者の他の本は(情報として古くなっているので)読まずにこれだけ読めば良いでしょう。
お勧め度★★★☆☆

書評--「わたしはすばらしい」と毎日ノートに書きなさい

「わたしはすばらしい」と毎日ノートに書きなさい
河村 京子  (著)
¥1300 あさ出版
タイトルのとおり、願いはアファーメーションを唱えるよりも、ノートに書いた方が良いでしょう。
どのように肯定的な言葉を書きつづるか説明してくれています。
しかし・・・・
著者が美容業界の有名人?なためなのか、後半は本来の趣旨を大きく外れ、美容の話になってしまっています。
お勧め度★★☆☆☆
美容も興味があるならamazonの中古が¥1-です。

書評--わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。

わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。
井内 由佳 (著)
¥1470 文屋
12月にこのブログで、著者の「わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?」を紹介しました。
時期が前後しましたが、こちらのタイトルが処女作のようです。
木花咲耶姫(このはのさくやひめ)と繋がっている?おばあちゃんに何度か会いに行って、「お告げの練習」(P22と言われて、だんだんと繋がるようになったとか。
ということで、書いてある内容は前にも「わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?」に書きましたが小林正観とあまり変わりません。感謝するとか人の役にたつことをするとか。
神話に出てくる「木花咲耶姫」を名乗る存在が、実際にはどんなものなのか推測できませんが、
著者の写真が、表紙から始まって、途中たびたび出てくるのが気になりました。
それほど容姿に自信があって本文と関係ないのにたくさん写真を載せるの?
どうせなら上原愛加くらい極端にやると、それはそれなりに納得できるのですが。
(歌でいえばモモクロくらい)
ということで
お勧め度★★★☆☆
(中古が¥1-だし、写真がなければ処女作としては★4になったかも)

2016年3月20日 (日)

書評--われら神人類

われら神人類―時代が変わる世界も変わる宇宙時代の人間像
山川天声  (著)
市民出版社(今はハーモニー出版部らしい)
絶版だがamazonの中古が¥143~
著者は「シリウスの存在」から突然チャネリングを受けるようになり、いろいろなことを学ばされたという。
守護霊とか潜在意識とか、基本的なことはおおむね正しそうなので、勉強がまだの方に参考になるでしょう。
ただし、これ1993年の出版。
20世紀末に向けて、いろいろな災害が起こるとか、後ろの方の「予知」が外れています。
ただし、これはエドガ-・ケイシーやノストラダムスの予言も同じようだったので20年前のライムラインなら、ということかも知れません。
お勧め度★★★☆☆

書評--困ったことは起こらない

困ったことは起こらない 禅が教える“無限の力"
高田 明和 (著)
\1300 きこ書房
著者は体調を崩した時に般若心経を1万回くらい読経したら治ったという。
で、般若心経はだれでもご存じだと思うが、
「延命十句観音経」はずっと短く40文字ほど。
観世音  南無仏  与仏有因  与仏有縁  仏法僧縁
常楽我浄  朝念観世音  暮念観世音
念々従心起  念々不離心
タイトルのとおり、これでいろいろ奇跡が起こせるようです。
(読み方などは検索してね)
これだけでも、何か困った時にはためしてみる価値があるでしょう。
あとは仏教のいろいろな話とか紹介。
知らない話がたくさんありました。
お勧め度★★★★☆

2016年3月15日 (火)

質問への回答(54)

一所懸命に入力したのに、アップしようとしたら、「締切」になっていました。
せっかく書いたので、ここでアップします。
============
Q、今の土木の仕事を辞めたい
A、
希望はわかりました。
しかし、独立がうまくいかなかったために
>1級土木施工管理技士
でどれだけ求人があるか、検索してみてください。
(前のかたがおっしゃっているように、あなたが持っている他の資格はほとんど役立ちません-講習で取得できますので)
ハローワークの求人サイトで資格名を入力して検索できます。
それと、
>独立
というのは「プライドを捨て、頭を下げて自分で仕事をとってくる。」ということは、本気でわかりますか?
そうしないと仕事(=収入)がないのです。・・そうしても仕事がもらえないかもしれない。
家族を養うために、そうやって、「土木」にこだわることが気になります。
>当面の生活費
というのが気になります。
>当面
が終わったら、どうします?
重要なのはその後です。
中高年になると、警備とか設備とか清掃くらいしか仕事がありません。
それを覚悟で、仕事が見つからなかったら、家族のためにやる覚悟がありますか?
============
それでも「辞めたい」というならそれがあなたの生き方です。
その生き方を貫いてみてください。
by 生き方を貫いて、条件の良い前職を辞めた者。

2016年3月14日 (月)

書評--幸せになる勇気

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
岸見 一郎  (著), 古賀 史健 (著)
\1620 ダイヤモンド社
前著「嫌われる勇気」から3年。
今回は青年が教育者になったという設定で、教育の話題が多い。
叱ること褒めることはアドラー心理学では否定。
(これは僕は前から知っていました。少しだけ書くと「褒める」教育法は、褒められるために行動する子になってしまう、ということです。)
そして、人生の目指すところは「愛」。
「与えよ。さらば与えられん」というのが、宇宙の法則にも通じることがあり、印象的でした。
ただ、タイトルの「幸せになる勇気」は中心的な話題だったという感じはしませんでした。
「愛する勇気」の方が良かったような?
※もう、これで「完結編」だと書いているので、これ以上はシリーズにならないでしょう。
お勧め度★★★★☆

2016年3月12日 (土)

書評--ハートフル・ストーリーズ

ハートフル・ストーリーズ
シェリー・カーター=スコット  (著, 編集), 東出 顕子 (翻訳)
\1440 ディスカバー・トウェンテイワン
タイトルのとおり、世界中の「ハートフル」な24の話が集められている。
思いっきり感動するほどの話はあまりないが、ほのぼのとした話が多い。
(悪い話は1つもない)
一度は読んでも良いのではないでしょうか?
(amazonの中古が¥1-)
お勧め度★★★☆☆

2016年3月 8日 (火)

書評--どんなときでも、小さな奇跡は起こせる

どんなときでも、小さな奇跡は起こせる
ガブリエル・バーンスティン (著), 倉田真木 (翻訳)
¥1600 サンマーク出版
最初の挨拶で
マリアン・ウィリアムソン・・・・・著書「愛への帰還」で「奇跡のコース」を紹介している
グルムク・カウール・カルサ・・・・調べてみるとクンダリーニ・ヨガの権威らしい
ということで、奇跡のコースと瞑想法(といっても簡単にできるものばかり)、それとスピリチュアルな生き方を紹介しています。
僕は1回目は読み方を間違えて、最初からずっと読んで、「スピリチュアルでは当たり前のことがほとんどだね。瞑想は余計かも」
と思いました。
しかし、この本は生き方を変える99の方法を紹介しているのだ、と気づきました。
(著者も「自分にあった方法を1つだけ40日試してみてください」と言っている)
だから、何かあって解決法を求めるとき、99の方法の中から一つを探すための資料と考えれば、スピリチュアル的にかなり役立つのではないでしょうか?
つまり、読む本でなくて、たまに開く本です。
お勧め度★★★☆☆
著者のHP(英語)
http://gabbyb.tv/

2016年3月 7日 (月)

書評--頑張るのをやめると、豊かさはやってくる

頑張るのをやめると、豊かさはやってくる
アラン・コーエン  (著), 本田 健  (翻訳)
\1300 PHP
アラン・コーエンの本はこれまで何冊か読んだが、
これまでの本とは形式が異なり、各章の最後にワーク(質問)とアファーメーションがついている。
著者の体験もそこそこ盛り込まれている。(結構人間的感情があったりするのだが、それを正直に書いている)
ACIMも時々出てきますが、これが後の「今までで一番やさしい奇跡のコース」の本になったのでしょう。
全体的にまとめると、個人として「頑張っている」間は豊かさを制限しているが、宇宙に委ねると、BESTな方法とタイミングで豊かさがやってくる、というもの。
自分が楽しむためにお金を使わないで、節約ばかりしているということは、宇宙を信頼していない、ということ。
お勧め度★★★★☆(著者の本の中で最もわかりやすい)

2016年3月 6日 (日)

質問への回答(53)

Q、心理士になりたい
A、前の方と同じ回答ですが、免許は不要です。
どうぞ今日から開業してください。
事務所の名前は「人生・心理相談室」とかにしますか?
しかしながら、そういうところの相談者は、人生で行き詰ったという方が対象です。
○うちの子が不登校になった。どうしよう。
○夫が会社でひどい目に遭っているので出勤したくない、と言っている。
○最近、体調が思わしくない。頭痛がしたり、胃が痛む。
 →可能性は低周波とか電磁波の場合もあります。
こういう悩みに応えるのがカウンセラーです。
本来は臨床心理士(心理系の大学院卒)がなるのですが、「資格」を売っている会社もあります。
「○週間で**心理**士」の資格が取得できます
と宣伝しています。
こういうところでわずかな期間学んだのでは、クライエントの人生を変えられないのは判りますよね?
人生に困った方はメンタルケアの「資格」に相談するわけではないのです。
本当に解決できる方法を知りたい。
最終的には結果です。
その「結果」を生み出せるかどうか・・・
とは言うものの、メンタルヘルスの基本もご存じない方には、メンタルヘルス検定の2級程度の説明が必要でしょう。
勉強されているのならカール・ロジャースはお分かりだと思いますが、「共感」がキーワードです。
そして
○本当に学校に行きたくないなら行かなくても良いのですよ。
とか
○会社が辛ければ辞めても良いですよ。
と声をかけてあげられるかどうか・・・
すべてストレスとは言いませんが、約30000人が日本で自殺されています。
こういう問題を解決するために、あなたはクライエントの方にどんな声をかけて安心してもらいますか?
ということで、資格は不要です。
そんな悩みの方を、明日から救って差し上げてください。
by 心理学検定2級合格者

書評--こんな天使と出会いました

こんな天使と出会いました。―わたしの天使体験
テリー・リン テイラー (著),  加藤 明 (翻訳)
\1800 同文書院
著者の本はすでに2冊読んだ。
○天使の贈りもの―天使のいる暮らし
○エンジェル・ブック―あなたの天使を味方につける法
個人的にはドリーン・バーチューよりも好きだ。
ただ、今回の本は、「天使の贈りもの」の読者が、著者の呼びかけに応えて、体験を投稿したもの。
その中では、実際の天使体験は半分以下で、あとは「天使がいることを信じている」ような内容が多い。
前2冊を読めば、これはいらないでしょう。
お勧め度★★★☆☆(天使体験も少し載っているので)

2016年3月 5日 (土)

書評--生き方楽々ホ・オポノポノ

こんなに簡単でいいの? 生き方楽々ホ・オポノポノ こころの芯から輝き出す満足度120パーセントの幸せ(超☆はぴはぴ) 単行本 – 2011/9/30
マベル・カッツ  (著), 小林 美香 (翻訳)
\1728 ヒカルランド
ホ・オポノポノの進化系ですね。
最初は4つの言葉を唱えるだけだったのに。
「愛しています」・「ありがとう」の他に、
「ごめんなさい、許してください。この問題、状況を作り出したのは他の誰でもない、この私です。」
というのは100%自分原因説を超えているかも。
キーワードは「委ねる」
宇宙に自分の幸福を委ねるのです。
宇宙は私たちの最高の幸福を用意しているのに、私たちのエゴが邪魔をしているのです。
宇宙が、自分が最も幸福になる方法を知っているのに、、たとえば宝くじを買うとか・・・他にお金が入る方法を制限してしまっています。
ヨーロッパ旅行に行きたい・・・って、本当に(宇宙が知っている)あなたにふさわしいのは南米旅行かも知れないのに制限をしている。
そういうことで、とても参考になります。
「ホ・オポノポノ」関係ではこれまでのところ、BEST。
表紙カバー裏でもイハレアカラも推薦で書いていますが(著者は彼の弟子のようですがイハレアカラよりもわかりやすい--そもそもブルースーラーの代わりに唱えればOKって何なの?))
次に推薦で書いているのがジョー・ヴィターリ
「これほど単純明確なホ・オポノポノは初めてだ」
僕もそう思います。
お勧め度★★★★☆

2016年3月 4日 (金)

書評--壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方

壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方
西沢泰生
\1000 アスコム
著者はTVに何度も出ていたクイズ王らしい。
さてその著者のことだから、様々な人のエピソードをクイズ形式で出題している。
「・・・と言われた時、○○はどう答えたでしょう?」
という感じで有名人のエピソードが綴られている。
読者の誰でも、いくつかのエピソードから学べがあるでしょう。
僕はP116のドラえもんの話が一番気に入ったが。
お勧め度★★★☆☆

2016年3月 1日 (火)

書評--「思考」のすごい力

「思考」のすごい力
ブルース・リプトン  (著), 西尾 香苗 (翻訳)
\1800 PHP
著者は細胞生物学者。
なので細胞についてが中心なのだが、思考が細胞を変えてしまう、ということを生物学的に説明している。
僕は、生物というより物理系なので、細胞のあまり詳しい部分は読み飛ばしたが、
○「肯定的に考える」だけでは十分でない。(P203)
○膝関節炎はプラシーボ効果で100%治る(P225)
 このオペの3つの例を説明している
○生まれた時の脳ははデルタ波、6歳からアルファ派、12歳からベータ波(P268)
 という説明で、12歳くらいからの記憶が鮮明なことに納得。
○根拠のない不安は捨ててしまうこと。(P295)
 まあこれだけではわからないので前後の説明も読めばわかるでしょう。
○PSYCH-K(P332)というのは知らなかった
 否定的な潜在意識のプログラムをわずかな時間で書き換えるテクニックだそうな。
 英語の分かる方は以下で紹介されていますのでご覧ください。
https://www.psych-k.com/
お勧め度★★★★☆

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »