« 書評--「わたしはすばらしい」と毎日ノートに書きなさい | トップページ | 書評--9・11生死を分けた102分 »

2016年3月22日 (火)

書評--望みはかなうきっとよくなる

望みはかなうきっとよくなる
村上 和雄 (著)
¥1620 海竜社
著者の「生命の暗号」という本を、だいぶ前に読みましたが、それを、最新の研究を混ぜて、遺伝子の可能性を説明しています。
「幸福の暗号」という本もありますが、ともあれ、頑張れば?遺伝子がスイッチオンになるということです。
著者の研究の集大成的な本かも知れません。
逆に言えば著者の他の本は(情報として古くなっているので)読まずにこれだけ読めば良いでしょう。
お勧め度★★★☆☆

« 書評--「わたしはすばらしい」と毎日ノートに書きなさい | トップページ | 書評--9・11生死を分けた102分 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63382283

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--望みはかなうきっとよくなる:

« 書評--「わたしはすばらしい」と毎日ノートに書きなさい | トップページ | 書評--9・11生死を分けた102分 »