« 書評--9・11生死を分けた102分 | トップページ | 書評--「太陽の伴星」その存在証明と影響評価 »

2016年3月27日 (日)

書評--ムーからのスピリチュアル・ヴィジョン

フォースの超パワー ムーからのスピリチュアル・ヴィジョン スピリットに無限のエネルギーを注ぎ込む隠されたノウハウ(超☆きらきら) (超☆きらきら―フォースの超パワー) 単行本 – 2011/11/15
アントン・ポンセ・デ・レオン・パイヴァ  (著), やよし けいこ (翻訳)
ヒカルランド ¥1600
アトランティスの本と比較するとムーの方が少ないので、数少ない資料となりますか・・・
著者はアンデスの古老から、ムー大陸を含む、宇宙の存在を教わります。
場面は南米チチカカ湖。
基本的にはマスターとのやりとりが中心の記述ですが、マスターが語る言葉は抽象的すぎて、著者が括弧書きで補足しています。
「我々は幸せになるためにこの惑星にやってきた」P220
ただ、この”マスター”が時々イラつくという場面があるので、覚者というより、昔から語り継がれていることを伝承する、ただの人なのでしょうね。
お勧め度★★★☆☆

« 書評--9・11生死を分けた102分 | トップページ | 書評--「太陽の伴星」その存在証明と影響評価 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63402399

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ムーからのスピリチュアル・ヴィジョン:

« 書評--9・11生死を分けた102分 | トップページ | 書評--「太陽の伴星」その存在証明と影響評価 »