« 書評--困ったことは起こらない | トップページ | 書評--わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。 »

2016年3月20日 (日)

書評--われら神人類

われら神人類―時代が変わる世界も変わる宇宙時代の人間像
山川天声  (著)
市民出版社(今はハーモニー出版部らしい)
絶版だがamazonの中古が¥143~
著者は「シリウスの存在」から突然チャネリングを受けるようになり、いろいろなことを学ばされたという。
守護霊とか潜在意識とか、基本的なことはおおむね正しそうなので、勉強がまだの方に参考になるでしょう。
ただし、これ1993年の出版。
20世紀末に向けて、いろいろな災害が起こるとか、後ろの方の「予知」が外れています。
ただし、これはエドガ-・ケイシーやノストラダムスの予言も同じようだったので20年前のライムラインなら、ということかも知れません。
お勧め度★★★☆☆

« 書評--困ったことは起こらない | トップページ | 書評--わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63371287

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--われら神人類:

« 書評--困ったことは起こらない | トップページ | 書評--わたし、少しだけ神さまとお話できるんです。 »