« BU/6 幸福観を見直す | トップページ | 書評--意識の錬金術 »

2016年4月29日 (金)

書評--エンジェル・コンタクト

CD付 エンジェル・コンタクト
ドリーン バーチュー (著), 島津 公美 (翻訳)
\2100 晋遊舎
久々のドリーン・バーチューです。
アマゾンの評価は半々。
つまり2番煎じだとか、金儲けに走っているとか。
たしかに離婚したあとの著者は金を稼がねばならず、オラクルカードを何種類も作ったり、ネタがないから、各地を旅行してそのレポートを書くとか、最近の著書は僕ももう読む気になりません。
ただ、原著は「ANGEL VISIONS」で2000年発行となっています。
つまり2番煎じはこのあとに書かれたものの方であって、これはオリジナルではないかと。
内容は天使とつながる朝・夕の瞑想CDと、多くの方の投稿(天使と繋がった、亡くなった人に会えた、奇跡があった)など。
これは体験集としても価値あると思います。
お勧め度★★★☆☆

« BU/6 幸福観を見直す | トップページ | 書評--意識の錬金術 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63555493

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--エンジェル・コンタクト :

« BU/6 幸福観を見直す | トップページ | 書評--意識の錬金術 »