« BU/9 自分の喜びのため行動する | トップページ | BU/10 外部に惑わされない »

2016年5月 3日 (火)

質問への回答(55) 許せない相手に対して

>引き寄せの法則を知って、実践できましたか。
最初から質問が間違っています。
「法則」は「実践」するものではありません。
あなたは道を歩くときに「万有引力の法則」を「実践」しますか?
電気をつける時に「オームの法則」を「実践」しますか?
お湯を沸かすときに「ボイル・シャルルの法則」を「実践」しますか?
「法則」ですから、どこでも、いかなる時でも働いているのです。
これまでのあなたの人生にも「引きよせの法則」はずっと働いてきています。
今のあなたの状況を引き寄せたのは過去のあなたです。
あなたには今、
>許せない相手
がいます。
ですので、宇宙は(サラとソロモンの話のように)許せない相手を、あなたの人生に送り続けてくれています。
>憎んでいる相手を許すには何が必要ですか?
以下のような引きよせの法則とはちょっと違う本を読むことが必要かと思われますが、本を読むのが嫌いでしたら、読まなくても良いです。
「ゆるし」のステップ―心がやすらぎで満たされる12の奇跡
ジャン モンブルケット
ゆるしのメッセージ―最高の自分をつかむために
くらなり ひろし
ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
ゆるし―あなたの魂を癒す奇跡の力
アイリーン・R.ボリス=ダンチュンスタン、 佐藤志緒
人生を癒すゆるしのワーク2012/1/30
コリン・C. ティッピング、 ハートランド,ジェームズ
私は同じような悩みの方に
「あなたは嫌いな人を家に招待しますか?」と質問します。
もちろん、招待しませんよね?
だったら、頭の中でも家に連れてくる必要はありません。
思い浮かんだら、
「私の家にくることは拒否する」
「あなたのことなんて考えてあげない」
これだけです。
それでも嫌いな人から言われたことを頭の中でリピートしてしまうのですよね?
「1回、文句を言われたら100回リピート」
って、これは「引きよせの法則」の観点からも止めた方が良いです。
大切なあなたの個人的な時間に、その人を招待しないことです。
あなたの人生の大切な思いでの一面にその人を登場させないことです。
それでも考えてしまう?
では、その人を「人の気持ちを理解しようとしない子供」だと思いましょう。
あなたは5歳の子どもに「ダメな人だ」と言われても真に受けないでしょう?
その人は、精神的に子どもなのではありませんか?
人の気持ちを全く考えない自分勝手な人は、体は大人でも、精神的には子どもです。
子どもが言ったことは気にしませんよね?
別に、「精神病」というのがあります。
突然に意味不明のことを言い出したり、急に怒りの感情で発言する場合は、精神的な病の可能性があります。(詳しくは、統合失調症とか自律神経失調症とかで調べてみてください)
病気なのだから、仕方ない・・・ということで、そういう相手に遭った時は納得しました。あとは「あわれみ」しかない。
結論:あなたの人生から、その人を手放すのか、ずっと持っているのか?
手放したら、相手の不正を許すことになってしまう?
これが違う、というのは上で紹介した本に詳しく説明されています

« BU/9 自分の喜びのため行動する | トップページ | BU/10 外部に惑わされない »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63575934

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(55) 許せない相手に対して:

« BU/9 自分の喜びのため行動する | トップページ | BU/10 外部に惑わされない »