« BU/18 あなたがあなたにしてあげられること | トップページ | BU/20 見えない世界 »

2016年5月14日 (土)

BU/19 守護天使

恋をすると人は人生に前向きになります。
自分のことよりも、相手の状態を一喜一憂します。相手にふさわしい人間になろうと、向上する努力も全く惜しみません。
そして自分の行為により相手に喜びを与えることができることに幸福感を感じます。

相手は人間に限りません。
例えば犬を飼っているとしましょう。餌をあげたり散歩に連れていって、犬が嬉しそうにするだけで、あなたも満足できるはずです。
これこそ「無償の行為」が最大の価値あることの一つの証明です。

そして、みんないつでも誰かに・何かに恋をしています。
それは車かも知れません。そんな人は車に乗っているとき何よりも嬉しいでしょう。
TVスターかも知れません。そのスターが出る番組を見るのが何より楽しみでしょう。
具体的なものでなくて、何かに「ハマる」ことかも知れませんが、そのハマることをしている間は満足なはずです。

恋する人と一緒にいるときには「死んでしまいたい」などと夢にも思わないで、「いつまでもこの時間が続くように」と祈っていることでしょう。

そして、もし恋の対象が仕事や職場や自分だったら?
それほど幸福なことはありません。
そして恋の対象が広がっていったら?その分だけあなたの喜びが増えるのです。たくさんの人・ものに恋をしましょう。

そして実はあなたに「恋している存在」が、あなたの生まれた時からあなたを見守り、気遣い、心配しています。
守護天使(守護霊・ハイアーセルフ・見えない存在・神・仏etc)名前はあなたが好きなものに決めて構いませんが、あなたの最上の幸福をずっと願っています。

あなたはその存在にずっと見守られてきました。
あなたが事故に遭いそうになったとき、助けてくれた存在。あなたをこれまで生かしてきた存在。
あなたの最高の喜びを願い、ずっとそばにいてくれて、決して裏切らず、そしてこれからもずっとそばにいる存在。
あなたが心を開くだけでその存在の声は聞こえます。

あなたは何かのとき、自分と会話したことありませんか?その相手は実は守護天使だったのです。
守護天使はいつもあなたに恋をして、あなたを幸福にしたいと願い、そしてその力を持っています。でもあなたが拒否したら、あなたの意志を最大限に尊重する守護天使は引き下がります。
ウソだと思ったら、あなたの今の悩みを守護天使に訴えてみませんか?答えが脳裏に響きます。

「そんなの空想とか妄想」とか言われますか?
でも、この文章を書かせているのは僕の守護天使です。
「こんなの書いてみない?」と言われて僕は書いています。
少なくともこの文章をここまで読んで下さった方には考えて欲しいです。
これは僕の文章でなくて守護天使に言われて書いた文章です。
(これをチャネリングという??)

守護天使のおかげで、僕はこれまで歯医者を含めて病院に行ったことがありませんし、大きな事故や怪我やトラブルがありません。
そして素敵な本を売っている場所に招いて、良い本に巡り合わせてくれます。
よく脳裏で、良心とそうでないものが争う漫画がありますね。
そんな思いをしたことありませんか?「良心」の方が守護天使です。
そして「良心」でない行動をとっても、愛想をつかさずずっとあなたを見守ってくれるのが守護天使です。守護天使と会話してみませんか?

そんな難しいものはありません。
あなたが思う守護天使を脳裏に描き、「これどう思う?」って聞くだけで良いのです。するとあなたの脳裏に守護天使の答えが帰ってきませんか?

何か困ったことや悩みがある時、静かに「どうすれば良い?」と聞いてみましょう。脳裏に何かがひらめくはずです。それが守護天使の回答。
巷のヒーリング系の書籍や瞑想の書籍がグラウンディング(地球とつながる)やアカシックレコードを読む方法、などいろいろなテクニックを紹介していますが、そんなの要りません。

大切なことがある日、守護天使をイメージして「今日私を守って下さいね」と心の中で言うだけで良いのです。
テクニックとしては、ずっとそばに守護天使がついていてくれている、と思うだけ。だって、本当に誰にでもついているのですし、守護天使はあなたを「守りたい」と願っているのですから。

外へ出かけるとき、いつも「事故からお守り下さい」と頼んでいるおかげで僕は一度も事故に遭ったことありません。そして無事に帰宅したら「ありがとう」と言います。

そんなの偶然・たまたま、と言われますか?
それでも僕は心の中で感謝しました「守護天使ありがとう」
ということで、守ってもらっているのです。

ここが境目です。ラッキーなことがあったときに「自分の努力」とするのか、守護天使のおかげ、とするのか。守護天使を信頼できたり、守護天使の存在を認めたりできると、それだけで人生は違ってきます。

「テクニックなんてない」と言いながら、ここでとっておきのテクニックを紹介しましょう。(ここまで読んで下さった方への本邦初公開)
あなたの守護天使は何でも姿を変えられますから、あなたの理想のイメージを描きましょう。
天使の姿でも、あなたが想像する「神様」の姿でも、あなたの理想の異性のイメージでも構いません。
天使はあなたを愛しています。どんなことがあっても決してあなたを裏切らず、あなたを守ろうとしています。そんな守護天使を想像して下さい。
そんな人が隣にいたら、一緒にいるだけで楽しくありませんか?嬉しくありませんか?それがあなたの理想の異性だとしたら?
ちなみに僕の場合、守護天使はとてもきれいで優しい女性に設定してあります。

そして、守護天使は実際に、そうやってあなたの隣で、ずっとあなたに話しかけているのです。
見えない?聞こえない?3次元的にはそうです。でもあなたの心だって見えません。あなたの心は守護天使の次元に向けることができるのです。
心で見ましょう。心で聞きましょう。そうやってあなたは物質的な世界に生きていると同時に、高次の世界にも浸っているのです。
「見えない」ということは「存在しない」ということを意味するものではありません。この宇宙はほとんどが「見えないエネルギー」で成り立っていることが、物理的に証明されてもいるのです。


守護天使は上記の例のように見えないことばかりでなく、実在の人物等を通じて現れることがあります。
例えばどうしても調べたいことがあってさんざん検索してみたけれど、分からないまま、ある時に、ふっと立ち寄った書店や図書館で全くジャンルの違う本をたまたま手にしたら、調べたいことが出ていた、という経験はありませんか?(これは図書館の天使と呼ばれています)。同じくずっと買いたかったものが、予想外のところで売っていた、ということはありませんか?
  (これを図書館の天使という場合があります)

もう一つ、例をあげておきましょう。
守護天使は時にはトラブルの姿でも現れます。
渋滞のため、乗ろうとしていた飛行機に乗れなかったとか、急に残業が入り、人に逢えなかったとか。
もう結末は想像できるでしょう。その飛行機は事故に遭遇したり、その逢うはずだった人は災いの元だったのです。

身近な例では、僕の昨日の列車の例をあげておきましょう。
同じ車両にとてもやかましいグループが乗ってきて、車内でずっと大声で話していました。僕は我慢できずに、途中下車しました。
たまたま下車したその駅の近くの古本屋で、ずっと探していた本を見つけた、というわけです。

トラブルも含めてすべての出来事には意味があります。
すぐに良い結果となって反映される訳ではありませんが、その詐欺師に騙された経験していなければ、もっと大きな被害に遭った可能性が十分に考えられるところですし、10年前のマイナスの出来事を思い出してみていかがでしょう?大きな時間の流れで見れば、今のあなたの成長に役だっていませんか?
あるいは笑い話の一つになりませんか?今でも悪い記憶として残っているならこの機会にもう一度分析してみましょう。どんな経験も現在のあなたを形作っている一部です。

« BU/18 あなたがあなたにしてあげられること | トップページ | BU/20 見えない世界 »

バックアップ」カテゴリの記事

コメント

5年ほど前に、奥様の遠隔ヒーリング(?)を一度お願いしたことがあるものです。
 Yeonsoさんのこのブログはときどき書評欄を閲覧して、興味を引かれた著書を購入したり、図書館で貸し出したりしています。(直近では「困ったことは起こらない 禅が教える“無限の力 高田 明和 (著)」という書評から、苦しい心境になりかけると延命10句観音経を唱えだしました)"


 今回はじめてその他の欄もなにげなく読んでみてこの『守護天使』の文章にであいました。
 これから自分も日々内なる天使にいろいろ相談してみようと思います。正直うそっぽい行為かなと思わないでもないのですが・・・スピリチャル関連本を読み出してからでも30数年になりますが、自分は芯からは、目に見え体験できるこの毎日の日常生活(物理的な、世間の常識的世界観)しか信じられないのも事実でして。
 死後世界も超常現象も実際は錯覚にすぎない・・としか認識できない自分がいます。長年ずっと精神世界は大好きですけれども。
 今年5月から年金受給者になりました(満65歳)。月8万円の年金生活ですので、不食にちかい生活を目指そうともおもいます。借金はないので、このまま、できるだけ穏やかに(不食にちかい)小食生活に心身をならして、一人暮らしをつずけてゆき、静かに「ひとり死に」(最近ではこう表現するらしい。「孤独死」というあからさまな言い方ではなく)できたらまぁ、いちばんラッキーなのでしょう。そういう隠居生活を日々続けていき、
ひとり芝居でもなんでもいいから守護天使にいつもよびかける生活をし、苦しい心境に落ちたら延命十句観音経を唱え続けて、生きられるだけ生きていこうと思いました。
 とりとめない、ましてYeonsoさんには無関係な私事を読ませてしまいました。素敵な文章のかずかずをいつも感謝しています。
 
Yeonsoより

いつもお読みくださり、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

年金生活で切り詰める、ということですが、
(スピリチュアル系でないのでブログでは紹介していませんが)
本をお読みになる、ということで

「ひと月9000円の快適食生活」
魚柄 仁之助 (著)

を読まれることをお勧めします。

親切なご返事いただき、お礼が遅れて申し訳ありません。
 >「ひと月9000円の快適食生活」魚柄 仁之助

おすすめいただいたこの本、実は10年ほど前に買って再読くらいまではしていたもの。が、めんどくさいなぁ・・と一度も実行せずにそのまま積読棚へ・・・・今回引っ張りだして読み直してみました。  いろいろ工夫して食生活(にかぎらず生活全般にわたって)むしろ楽しんで暮らしているさまに感銘を受けました。学ぶべきは日々の気持ちのもっていきかた・・・なんだなぁと。小額とはいえ、月々年金もらえるのは本当にありがたいと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63627541

この記事へのトラックバック一覧です: BU/19 守護天使:

« BU/18 あなたがあなたにしてあげられること | トップページ | BU/20 見えない世界 »