« BU/49 人生というゲーム(3rd ステージ) | トップページ | BU/51 幸せに「なる」 »

2016年6月 4日 (土)

BU/50 パワーは内部に

ポジティブな出来事があると明るく反応し、ネガティブな出来事には暗く反応しますか?それは自分の心のパワーでなくて、外部の出来事にパワーを与えていることになります。それは極めて不安定な幸福です。
ポジティブに考えようと努力することすら、ネガティブの存在を認めていることになるからです。

ポジティブ←→ネガティブの二極性(二元性)の次元を超えて、「常に最高」という状態の中にあることこそ、目指すべきものなのでしょう。

闇に光をもたらせば闇は消える。その逆はない。

恐れは愛で置き換わる。

しかし、闇がなければ、光はその存在が認識されないし、+(プラス)と-(マイナス)がなければ何も存在しないことになります。

おそらくは、それらの存在を全部認め、どちらも否定しないところに真実はありそうです。

現実に対する反応は自由です。出来事への受け止め方は自分の責任です。
いかなる出来事に対しても、どう反応するか自分で選択できるのです。

例えば「白い服」を引き寄せたかったのに「黒い服」を引き寄せてしまった、としましょう。
いやいや、失敗ではないかも知れません。見方を変えれば、服を引き寄せるということには成功しているのです。
お金を引き寄せたかったのに借金の請求書が来てしまった。同じです。お金に関する引き寄せそのものは成功したのです。が、その時に、「借金を返済せねば」という波動を送り出したようです。ローンや借金は終わったというところに意識が移行せねばなりません。(でもおかげで、お金に関する宇宙への波動が自分に返ってきたことは確認できました)
おそらくは、借金を全部返済し終わって、困っている人にお金を貸している状態を引き寄せねばならなかったのです。
さらに言えば、自分のお金が有り余って、困っている人に無償で手渡している状態が理想です。

私たちは「可能性空間」から何でも選択できます。
可能性は真実ではない?でも買い物一つを例にしても、どこの店に行こうか、何を買おうか、無限の可能性の中から選択しているのです。そうして瞬間ごとに、可能性の中から未来を作り出しているのです。

あなたが感じていること、というのは「感じている」事実だしその波動を発しているのも真実です。

可能性は物質世界に現れていないから最終的には思考の中だけ、と思われますか?
ではあなたが思う「人生への制限」は?その制限は本当に実在しますか?「もし乗り越えたら?」と考えたことはありませんか?
単に制限を乗り越えることを望んでこなかった、ということは?これまでの環境の中で、繰り返し繰り返しそう教えられてきたため、制限があることが当たり前となってしまった覚えはありませんか?

そして、私たちが可能性空間から最初に取ってきたもの、それは「制限」だったのです。
自分で自分の可能性に制限を与えてしまったのです。

分離や限界まで作り出したということは、それ自体に創造力がある証明です。
本当に創造の力と分離していたら限界を創造することはできません。
分離を創りだしてしまったこと、そのものが創造力がある証拠です。

川の流れに例えれば、あなたは堰を作って流れを遮っているのです。水はその重さのみで自然に流れます。
宇宙のエネルギーも常に私たちに降り注いでいるのですが、それを遮ってしまった。
あるいは、どんなに大きな器で水の流れを受けても構わないのに、自分はこれくらい、と小さなコップを用意するだけで、「コップ1杯の水しかない」と嘆いているのだった。バケツ?いえいえ、ドラム缶?いえいえ、あなたが用意した大きさの入れ物(受け取るのを自分に許容した量)全部に水は満たされます。だから、まず沢山受け取る用意ができていなければなりません。

ネガティブな出来事に暗く反応するのはこれまで当たり前でした。しかし、恐れや怒りや憎しみは、私たち自身で手放すことができるのです。(そんな感情を持っていて得になりますか?)

ネガティブな出来事の中から愛と光と祝福を選択することもできるはずです。私たちの反応はある意味、ラジオの選局のようなもの。いつも、愛・感謝に同調することはできるはず。

どんな環境でも喜びを感じ・見出すことを自分に許すのです。ネガティブな反応を放棄したらとても楽になります。

無条件の愛・感謝は、そのとおり無条件です。「ポジティブな出来事を期待して、愛・感謝の波動をつくってしまおう」というのは無条件ではありません。

愛が欲しいと思っていたら手に入りづらいです。自分が愛そのものになってしまえば、外部から欲しがる必要はありません。実はこれが人生の秘密の一つのようです。

自分の人生を外部に譲り渡すことなく、本当にいつでも無条件に愛し、感謝できるようになったら、何が起こっても喜べる。
リアルに見える現実で何が起ころうと、幸福感を意地するようにすれば良いのです。

 

« BU/49 人生というゲーム(3rd ステージ) | トップページ | BU/51 幸せに「なる」 »

バックアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63728271

この記事へのトラックバック一覧です: BU/50 パワーは内部に:

« BU/49 人生というゲーム(3rd ステージ) | トップページ | BU/51 幸せに「なる」 »