« 質問への回答(56) | トップページ | 書評-- 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証 »

2016年7月 6日 (水)

書評--君と僕のアシアト

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所
よしづきくみち (著)
集英社
1巻~6巻で完結。
サブタイトルが「タイムトラベル」になっているので購入。
1~5巻はbookoffなどを複数探せば手に入りますが
6巻は古書店を5件まわった段階で探すのはギブアップ。
amazonの中古を購入しました。
(1~6巻セットをamazonで数百円で購入できます。--現在6巻セットで¥400以下)
ということで、お勧めの買い方はとりあえず1巻だけbookoffなどで¥108で購入してみる。
先が読みたければamazonの中古セットです。
==============
前置きが長くなりましたが、サブタイトルにあるようにタイムトラベルがテーマです。
タイムトラベルものはおおむね面白い。
しかし、面白いだけでは「スピリチュアル本」の紹介になりません。
この本では「パラレルワールド」を扱っているのです。
読み進めていくと、「今の人生でない、他の人生も並行して存在している」という気になります。
GOLGO13のような緻密なシナリオはないのだけど、許せるマンガです。
1度目は不明な箇所も、2度目には、意味が少しわかりました。
お勧め度★★★☆☆

« 質問への回答(56) | トップページ | 書評-- 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63879024

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--君と僕のアシアト:

« 質問への回答(56) | トップページ | 書評-- 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証 »