« 書評--脳内汚染 | トップページ | 書評--(番外編) »

2016年7月24日 (日)

書評--笑いの治癒力

笑いの治癒力
アレン クライン  (著), 片山 陽子 (翻訳)
\2400 創元社
-
タイトルどおり、笑いには治癒力がある、ということですが、
内容は笑の効用だけでなく、人生の考え方、生き方にも及んでおり、
様々なジョーク(※)も散りばめられていて、とても楽しく読めます。
-
たとえば、こんなです。
メッセージカードの表面に「今日は私のきもちをお伝えしたいと思います」
と書かれていて、中身を開けると
「ああ、今日は良いきもち」と書かれている、なんて感じです。
-
僕がこれまでに思いつかなかったユーモアもあり、とても学びが多かったです。
なぜか、ひきよせの法則まで入っているのでした。
お勧め度★★★★☆

« 書評--脳内汚染 | トップページ | 書評--(番外編) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/63961377

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--笑いの治癒力:

« 書評--脳内汚染 | トップページ | 書評--(番外編) »