« 書評--無敵の生きかた | トップページ | 質問への回答(57) »

2016年8月22日 (月)

奥様は霊能者(39)

奥様は霊能者(39)
約1年前になりますが、このように書きました(抜粋)
========
2015年8月24日 (月)
昨日、心理学検定を受験してきました。
奥様もスピリチュアル・カウンセラーを名乗っているので、一緒に受験。
僕は8科目受験(10科目のうち8科目までしか受験できない)
奥様は6科目受験。
試験会場は東京大学駒場校舎。
さて、肝心の試験ですが、
教材としては「公式問題集」と「キーワード集」しかなく、
2015年9月26日 (土)
本日、心理学検定の結果通知が到着しました。
検定概要
http://www.jupaken.jp/preface/summary.html
より
「試験は、心理学の10科目(A領域5、B領域5)について行われ、
A領域の4科目を含む合計6科目に合格すると「心理学検定1級」が、
A領域の2科目を含む合計3科目に合格すると「心理学検定2級」が取得できます。
A領域:原理・研究法・歴史 / 学習・認知・知覚 / 発達・教育 / 社会・感情・性格 / 臨床・障害
B領域:神経・生理 / 統計・測定・評価 / 産業・組織 / 健康・福祉 / 犯罪・非行」
ということで、医学や生理学を含む6科目目と大学レベルの統計学を含む科目7は受験せず。
のこり8科目(受験できる科目の上限)を受けました。
--
結果:A領域2科目(科目1、2)B領域(科目8、9)が合格し、無事に「心理学検定2級」の合格証が届きました。
=====
で、再び、本日、奥様と一緒に東大で、心理学検定を受検してきました。
奥様は、昨年、A科目2科目合格。
つまり、あとはどの科目でも1科目合格すれば「心理学検定2級」ということ(すごくラッキーな合格パターン)で、不合格の6科目を受験しました。
僕はA科目4科目を含む6科目を合格、という条件にするためにA科目の不合格の3科目を受験。
勉強をする中で、社会心理学って、いろいろな方法があって、結構面白い、ということを学びました--知らないことがたくさんありました。(時間の余裕があれば、後に報告します)
昨年は、ただ、形式的に受験しただけでしたが、今年はもう少し真面目に勉強しました。
人生の問題をどのように解決するか?という方策がたくさんあります。

« 書評--無敵の生きかた | トップページ | 質問への回答(57) »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/64093222

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(39):

« 書評--無敵の生きかた | トップページ | 質問への回答(57) »